ドスポグへようこそ!

競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

G1の予想記事一覧!

2017年

G1予想

第34回ホープフルSはオカルト予想じゃなくマジメに予想します!

有馬記念は、全くかすりもせず、大惨敗で終わってしまい、このままでは年を越せません。 なんとか、最後の最後で勝つためには、第34回ホープフルステークスで、一発逆転の大勝負をします。 しか
G1予想

第62回有馬記念のオカルト予想のヒントは漢字と安室とプレゼンター!

今年も、あっという間に過ぎ、ついに1年のフィナーレである有馬記念。昔から、「終わりよければすべてよし」と言うように、有馬記念を当てれば、この1年は勝ったも同じ。そんな1年の総決算である、第62回有馬記念のオカルト予想のヒントは、漢字と安室とプレゼンターから探します。
G1予想

第69回朝日杯FSのオカルト予想は今年の漢字の「北」がヒント!

先週の阪神ジュベナイルFは、全く惜しいところはなく、大惨敗のままレースが終わり、今年のG1は残り3つのみ。 なんとか、第69回朝日杯FSを当てないと、有馬記念の馬券が買えなくなるので、本当に
G1予想

キタサンブラックが過去10年のデータで有馬記念を勝つ確率は0%!

第62回有馬記念は、キタサンブラックの取捨が、ポイントになりそうです。普通に考えたら、勝つのは無理だとしても、3着以内には来そうな雰囲気。しかし、過去のデータでは違いました。過去10年間のデータから、キタサンブラックが勝つか調べた結果、なんと勝率が0%になったんです。
G1予想

第69回阪神ジュベナイルFはオカルト予想のヒントは皇太子徳仁親王!

第69回阪神ジュベナイルフィリーズのオカルト予想のヒントは、新天皇即位の日が決まったので、新しい天皇陛下になる皇太子徳仁親王。ポイントは、皇太子徳仁親王の結婚の儀と、阪神ジュベナイルフィリーズが同じ「69」。ここから、オカルト予想の本命馬を探します。
G1予想

第18回チャンピオンズCのオカルト予想は引退した元横綱の日馬富士!

第18回チャンピオンズCのオカルト予想は、引退をしてしまった元横綱の日馬富士が、ヒントになるでしょう。ポイントは、日馬富士の年齢と名前なので、この2つを使い、第18回チャンピオンズCのオカルト予想をします。あとは、中京で行われた3回のデータからも予想しますよ。
G1予想

第37回ジャパンカップのオカルト予想はダービーとオークスがヒント!

第37回ジャパンカップは、かなり珍しい今年のダービー馬とオークス馬が出走。かなりレアなことだから、第37回ジャパンカップのオカルト予想は、この2頭がヒントになるでしょう。そこで過去20年間をさかのぼり、ダービー馬とオークス馬が出走したジャパンカップから、オカルト予想をします。
G1予想

第34回マイルCSのオカルト予想のヒントは横綱・日馬富士!

第34回マイルチャンピオンシップのオカルト予想のヒントは、やはり横綱・日馬富士の話題でしょう。オカルト予想のポイントとしては、四股名をヒントにして、第34回マイルチャンピオンシップ本命馬を決めます。あとは、過去のデータから、穴馬も選んで、2つの予想で今週こそ的中させます。
G1予想

第42回エリザベス女王杯のオカルト予想は今年もトランプがヒント!

第42回エリザベス女王杯のオカルト予想は、去年に引き続きトランプ大統領からヒントをもらいます。理由としては、11月5日に来日したからで、たぶん今週がヒントになるでしょう。さらに、エリザベス女王杯はリピーターが多いレースなので、オカルト予想の追い風になりました。
G2予想

第55回アルゼンチン共和国杯のオカルト予想のヒントはトランプ大統領!

第55回アルゼンチン共和国杯のオカルト予想は、日曜日に来日するトランプ大統領がヒントになるでしょう。実は、去年もトランプ大統領で、オカルト予想をしたら、見事に本命馬が1着だったので、第55回アルゼンチン共和国杯の本命馬も、1着になってしまうかもしれませんね。
G1予想

第156回天皇賞(秋)のオカルト予想のヒントは衆議院の総選挙!

第156回天皇賞(秋)は、G1勝ちのある馬が8頭も出走して、かなり豪華なメンバーになりました。そんな第156回天皇賞(秋)のオカルト予想は、日曜日に行われた衆議院議員選挙。過去20年を振り返り、自民党が圧勝した年の天皇賞(秋)を、オカルト予想のヒントにしたいと思います。
G1予想

キタサンブラックの天皇賞春秋制覇が可能なのかを予想した結果!

第156回天皇賞(秋)で春秋制覇がかかるキタサンブラック。過去20年で、天皇賞を春秋制覇しているのは、わずか3頭のみ。そこで、この3頭の共通点を調べて、キタサンブラックが天皇賞を春秋制覇できるか予想します。果たして、キタサンブラックは勝てるのでしょうか。
G1予想

第78回菊花賞のオカルト予想のヒントはダービーの上位馬が出ない事!

第78回菊花賞は、ダービーの1着馬から3着馬が不在で、かなり混戦ムードが漂っています。そこで今回のオカルト予想は、ズバりダービーの上位組が出走しなかった菊花賞がヒントです。かなり難解だったので、第78回菊花賞のオカルト予想は、すべてワイド馬券で勝負します。
G1予想

第22回秋華賞のオカルト予想のヒントはソウルスターリングにあり!

第22回秋華賞は、オークス馬のソウルスターリングが不在。そこで、今回のオカルト予想は、オークス馬が出走しなかった秋華賞を、ヒントに共通点を探します。結果的に、第22回秋華賞の本命と対抗は、人気上位馬になったけど、3着は人気薄が来て、荒れかもしれませんよ。
G1予想

第51回スプリンターズSのオカルト予想はズバリ衆議院の解散です!

10月から秋のG1シリーズが始まりますが、初戦は第51回スプリンターズSです。かなりメンバーがそろったので、難解なレースになりそうだけど、そんなときこそオカルト予想の出番。第51回スプリンターズSのオカルト予想のヒントは、ずばり今週に行われた衆議院の解散にあるでしょう。
競馬

第96回凱旋門賞はデータ上だと3歳か4歳を本命にすれば当たる!

第96回凱旋門賞で優勝するのはどの馬か?過去10年間のデータから予想をしましたが、今年も日本馬の優勝はなさそうです。では、データで予想をすると、どの馬が第96回凱旋門賞を勝つのか、該当したのは、エネイブル・カプリ・ザラックの3頭で、さらにここから1頭に絞ります。
G2予想

第65回神戸新聞杯と第63回オールカマーのオカルト予想は広島がヒント!

今週の重賞は、第65回神戸新聞杯と第63回オールカマー。この2レースのオカルト予想のヒントは、やはり広島の2連覇。本来なら、これだけだったけど、急に入った安室奈美恵さんの引退も、オカルト予想のヒンになりそう。この2つで第65回神戸新聞杯と第63回オールカマーを当てます。
G1予想

第51回スプリンターズSの注目馬!今回はあの人気馬を消しです!

秋競馬初戦のG1は、10月1日に行われる第51回スプリンターズS。まだ出走馬は確定していないけど、注目馬が何頭もいました。そこで、ちょっと気が早いですが、第51回スプリンターズSの注目馬をご紹介します。たぶん、ご紹介した注目馬の中に、第51回スプリンターズSの優勝馬がいるはずです。
競馬

凱旋門賞をサトノダイヤモンドは勝てるのか?過去のデータから検証!

凱旋門賞をサトノダイヤモンドは勝てるのか?まさかフォア賞で、サトノダイヤモンドが負けるとは思いませんでした。そこで今回は、データからサトノダイヤモンドが、凱旋門賞に勝てるのかを調べます。2017年の今年こそ、日本のホースマンの悲願である凱旋門賞を、勝てるのでしょうか。
G2予想

第53回札幌記念で1番人気になりそうなヤマカツエースは連帯するのか?

第53回札幌記念の馬券を当てるヒントは1番人気にあり。2017年の1番人気はヤマカツエースになりそうなので、この馬が第53回札幌記念で来るかどうかを予想します。ヤマカツエースが来るかどうか分かれば、第53回札幌記念が当たったも同然です。果たして今週は当たるのでしょうか。