競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

ドスポグ

第34回ホープフルSはオカルト予想じゃなくマジメに予想します!

      2017/12/27

競走馬

有馬記念は、全くかすりもせず、大惨敗で終わってしまい、このままでは年を越せません。

なんとか、最後の最後で勝つためには、第34回ホープフルステークスで、一発逆転の大勝負をします。

しかし、今回はこれと言った出来事がないから、第34回ホープフルステークスは、正攻法のマジメな予想です。

初めてG、1に昇格したレースだから、傾向と対策が難しいけど、過去のデータで本命がを探しました。

このレースが、今年の最後のレースなので、「終わりよければすべてよし」と、言えるように頑張ります。

ド定番な記事ベスト5!

第34回ホープフルSの出走馬!

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 リュヌルージュ 牝2 54.0kg 北村 宏司
2 トーセンクリーガー 牡2 55.0kg 横山 和生
2 3 ウォーターパルフェ 牡2 55.0kg 酒井 学
4 ロードアクシス 牡2 55.0kg 三浦 皇成
3 5 トライン 牡2 55.0kg 北村 友一
6 マイハートビート 牡2 55.0kg 津村 明秀
4 7 タイムフライヤー 牡2 55.0kg C.デムーロ
8 シャルルマーニュ 牡2 55.0kg 戸崎 圭太
5 9 サンリヴァル 牡2 55.0kg 田辺 裕信
10 ルーカス 牡2 55.0kg M.デムーロ
6 11 フラットレー 牡2 55.0kg C.ルメール
12 ジュンヴァルロ 牡2 55.0kg 藤岡 康太
7 13 ステイフーリッシュ 牡2 55.0kg 中谷 雄太
14 ワークアンドラブ 牡2 55.0kg 内田 博幸
8 15 ジャンダルム 牡2 55.0kg 武 豊
16 シャフトオブライト 牡2 55.0kg 松田 大作
17 ナスノシンフォニー 牝2 54.0kg 吉田 隼人

1番人気になりそうなのは、重賞勝ちをしているジャンダルムで、出走馬の中だと、この1頭しかいません。

しかし、勝ったのは京都のマイルで、中山の2000Mだと、かなり厳しい気がします。

2番人気になりそうなのは、京都2歳Sで2着だったタイムフライヤーで、連帯率は現在100%。

しかし、すでに4戦を消化しており、2歳で初めての長距離輸送は、かなり心配です。

3番人気になりそうなのは、モーリスの弟にあたるルーカスで、前走の東スポ2歳は2着でした。

しかし、当初は回避だったのが、急遽、出走になったので、体調面がかなり不安です。

他には、アイビーSで1番人気だったフラットレー、目下2連勝中のサンリヴァル、東スポ2歳で3着だったシャルルマーニュなどが、出走します。

キシ
てっきりルーカスは、出走回避だと思っていたので、出馬表を見たとき、かなり驚きました。

本命馬は重賞に昇格した過去3年間のデータから!

ホープフルSは、2014年から重賞に格上げになり、今年からG1に昇格した2歳戦のG1。

そこで、重賞に格上げした過去3年間のデータを使い、本命馬を決定します。

2014年の結果

着順 馬名 性齢 騎手 人気
1 シャイニングレイ 牡2 川田将雅 2
2 コメート 牡2 嘉藤貴行 8
3 ブラックバゴ 牡2 戸崎圭太 9

2015年の結果

着順 馬名 性齢 騎手 人気
1 ハートレー 牡2 H.ボウマン 3
2 ロードクエスト 牡2 M.デムーロ 1
3 バティスティーニ 牡2 C.ルメール 2

2016年の結果

着順 馬名 性齢 騎手 人気
1 レイデオロ 牡2 C.ルメール 1
2 マイネルスフェーン 牡2 V.シュミノー 8
3 グローブシアター 牡2 福永祐一 2

1着馬の共通点

2014年がシャイニングレイ、2015年がハートレー、2016年がレイデオロ、この3頭の共通点を探します。

すると、以下のような共通点が、4つほど見つかりました。

4つの共通点!
  • 新馬戦で1着。
  • そのレースで最速の上り。
  • 2000Mで勝ち鞍がある。
  • 戦歴は2戦以内である。

この条件をクリアしているのは、わずか1頭しかおらず、それが中谷雄太騎手が鞍上のステイフーリッシュ

中山の2000Mで、13番枠はかなり不利だけど、条件を満たしているから、本命馬として買います。

中谷雄太騎手は、まだ重賞を勝ったことがないから、このレースで勝ち、男になって欲しいです。

キシ
中谷雄太騎手の初重賞が、G1だったら、かなりカッコいいですね。

対抗以下の印!

対抗以下の印は、過去3年間で2着と3着になった馬と、同じタイプを探して印を打ちます。

  • 2014年2着のコメートは、1800Mを2勝(新馬と500万)。
  • 2014年3着のブラックバゴは、連帯率が100%(どちらも1800M)。
  • 2015年2着のロードクエストは、1600Mを2戦2勝(うち1勝は重賞)。
  • 2015年3着のバティスティーニは、2000Mを2戦2勝(新馬と500万)。
  • 2016年2着のマイネルスフェーンは、2000Mをすべて3着以上(1.1.2.0)。
  • 2016年3着のグローブシアターは、1戦1勝(1800M)。

この6つに共通する馬を、まずは見つけて、それから取捨を決めます。

該当したのは、ウォーターパルフェ、トライン、タイムフライヤー、サンリヴァル、ルーカス、ジュンヴァルロ、ジャンダルム、シャフトオブライト、ナスノシンフォニー。

まず中山の2000Mで外枠は不利だから、ジャンダルム、シャフトオブライト、ナスノシンフォニーは消し。

調教を見る限り、ウォーターパルフェ、トラインは、ちょっと厳しそうな気がします

ルーカスは、放馬の影響が気になるので、当日のパドックを見てから、決めた方が良いかもしれません。

残ったのは、タイムフライヤー、サンリヴァル、ルーカス、ジュンヴァルロの4頭です。

キシ
最終的には、パドックを見てからの方が、安心かもしれませんね。

まとめ

第34回ホープフルSは、今年に昇格したG1で、これは大阪杯と同じだから、また武豊騎手だったりして。

もしくは、M.デムーロ騎手が勝って、年間G1の最多勝記録を、更新する可能性もありますからね。

大井の東京大賞典を買える人は、これが最後のレースではないけど、買えない人は、これが最後のレース。

有終の美を飾るべく、なんとかして当てたい人は、手広く買った方が、当たるかもしれません。

もし、負けてしまっても、すぐに金杯が来るから、馬券師に落ち込んでいる暇は、ちょっとしかないですよ。

キシ
最後を当てれば、今までの負けはチャラです。なんとか当てたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 競馬