第51回スプリンターズSのオカルト予想はズバリ衆議院の解散です!

競走馬G1予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガチガチの結果だったけど、久しぶりに神戸新聞のオカルト予想を的中させたので、良い気分のまま今週も的中させたい。

今週は、秋のG1の初戦になるスプリンターズSで、最後の有馬記念まで当たるように、幸先の良いスタートを切りましょう。

そんな第51回スプリンターズSのオカルト予想は、ズバリ衆議院の解散がヒントで、ポイントは前回の解散にあるはずです。

今年の出走メンバーを見ると、好成績の馬が多いのでどの馬にチャンスがあり、一筋縄では行きそうにありませんね。

そんな難しいレースのときこそ、意表をつくオカルト予想の出番なので、ぜひとも参考にしてください。

第51回スプリンターズSの出走馬!

枠番馬番性齢馬名騎手
11牡9スノードラゴン大野拓弥
2牝5レッツゴードンキ岩田康誠
23牡4セイウンコウセイ幸英明
4牝5フィドゥーシア三浦皇成
35牡7ラインミーティア西田雄一郎
6牝4ワンスインナムーン石橋脩
47牝4ダイアナヘイロー武豊
8牡6レッドファルクスM.デムーロ
59牝5メラグラーナ戸崎圭太
10牡6ビッグアーサー福永祐一
611牡3モンドキャンノ池添謙一
12セ6ブリザードG.モッセ
713牡4ファインニードル内田博幸
14牡6ネロ勝浦正樹
815牡4シュウジ横山典弘
16牡7ダンスディレクター浜中俊

第51回スプリンターズSの枠順が確定しましたが、人気の馬は真ん中あたりに集中しており、良かったのではないでしょうか。

枠順の有利不利だと、過去10年間では1番から6番が1勝しかしておらず、今年の高松宮記念を勝ったセイウンコウセイには不利かも。

外枠は不利なイメージがあるかもしれないけど、過去10年間では13番から16番で4勝もしており、内よりも外の方が良さそうです。

高松宮記念からキーンランドCまで、人気を裏切ってしまっているシュウジにも、チャンスがあるかもしれませんね。

※ただし、過去10年間では、1回だけ新潟開催が含まれています。

キシ
ちなみに、過去10年だと、1番から9番が3勝で、10番から16番が7勝もしています。

オカルト予想のヒントは衆議院の解散!

やはり今週の大きなニュースと言えば、衆議院の解散になるので、これがオカルト予想のヒントに決まりです。

オカルト予想のポイントとしては、前回の衆議院の解散の年のスプリンターズSと、今回のスプリンターズSが連動すると思っています。

そこで、前回の衆議院が解散した2014年だったことから、まずは2014年に行われたスプリンターズSの結果をご覧ください。

2014年のスプリンターズSの結果!

着順馬名性齢騎手人気
1スノードラゴン牡6大野拓弥13
2ストレイトガール牝5岩田康誠2
3レッドオーヴァル牝4田辺裕信5
4グランプリボス牡6三浦皇成4
5ベルカント牝3武豊10

この年にスプリンターズSは、中山開催ではなく新潟開催だったけど、その点は無視して、上位3頭の臨戦過程を調べます。

1着のスノードラゴンは、ダートで活躍していたのが、高松宮記念で2着になり、ダート→芝と走ったあと、スプリンターズSに出走。

2着のストレイトガールは、高松宮記念で3着、ヴィクトリアマイルで3着、そのあと函館スプリントを走り、スプリンターズSに出走。

3着のレッドオーヴァルは、札幌の1600万円下で1着のあと、キーンランドCで1番人気の2着になり、スプリンターズSに出走。

ポイントとしては、高松宮記念の上位組と、夏の札幌から転戦をした牝馬を狙うのが、オカルト予想になりそうです。

ちなみに高松宮記念は、2014年が不良で2017年が稍重、スプリンターズSは、2014年に1着から3着が出走、2017年も1着から3着が出走。

かなり類似点があるので、新潟と中山の違いはあるけど、リンクしそうな雰囲気が出て来ました。

キシ
2014年が、新潟じゃなかったら、オカルト予想としては、バッチリだったんですねどね。

第51回スプリンターズSのオカルト予想の本命馬!

2014年のスプリンターズSの結果から、今年のスプリンターズSの本命馬を探しますが、ポイントはスノードラゴンのような馬を探すこと。

そこで、高松宮記念で2着があり、ダートの重賞でも2着がある馬を探すと、奇跡的に1頭だけ該当する馬が見つかりました。

それが、4カ月の休み明けではあるけど、2017年の高松宮記念2着、JBCレディスクラシック(ダートの重賞)2着のレッツゴードンキです。

去年は9着に負けてしまったけど、スタートで後手を踏んで後ろからになり、展開も向かなかったから、参考外で良いでしょう。

調教を見ると、坂路のタイムが54.4-38.6-24.6-11.8で、最後の脚の動きが抜群でした。

高速馬場や展開の不安はありますが、第51回スプリンターズSのオカルト予想の本命馬は、レッツゴードンキに決定です。

キシ
レッツゴードンキは、かなり展開に左右されてしまうので、前が潰れることを期待します。

第51回スプリンターズSの買い目!

2着候補も、2014年のスプリンターズSの結果から、高松宮記念とヴィクトリアマイルで3着だった、ストレイトガールのような馬を探すこと。

性別は違いますが2着候補は、高松宮記念で3着だったレッドファルクスで、レースは違えど安田記念も3着だったから、かなり似ています。

休み明けと言う点、前走が1600Mだった点、この2点に不安があるけど、他に該当しそうな馬がいなかったので決定です。

せっかくなので、2014年のスプリンターズSの3着馬だった、レッドオーヴァルのような馬を探したのですが、残念ながら該当馬はなし。

第51回スプリンターズSのオカルト予想の買い目は、レッツゴードンキとレッドファルクスを、馬連で1点勝負に決定です。

キシ
配当を考えると、あまりうま味はありまえせん。むしろ、下の「希望」のオカルト予想の方が、うま味がありますね。

もしかして「希望」もヒントだったりして?

衆議院の解散がヒントだったので、2014年を振り返りましたが、もう1つ注目するべきは、小池東京都知事が作った「希望の党」。

まさか民進党が合流するとは、かなりビックリしたけど、この「希望」にも、オカルト予想のヒントが隠れているのでは。

そこで「希望」と言う文字を分解することから、ヒントを探すと、「希」はカタカナの「メ」と漢字の「布」から作られています。

「メ」から始まる馬が1頭おり、それがメラグラーナですが、「メ」の次の文字の「ラグ」は、ラグマットとも考えられる。

ラグマットとは、「布切れを織りまぜた敷き物。」と言え、布が出て来たので、まさに「希」はメラグラーナのこと。

ちなみに、メラグラーナの本当の意味は、イタリア語で「ざくろ」と言うらしいです。

次に「望」を分解すると、「亡」「月」「王」になり、まず「月」は、ワンスインナムーンのことでしょう。

残った「亡」「王」とは、亡くなっている王のことで、該当馬は、ネロ(ローマ皇帝の名前)とビックアーサー(大きな+アーサー王)。

「希望」のオカルト予想は、「希」のメラグラーナ、「月」のワンスインナムーンを軸に、「亡き王」のネロとビックアーサーの三連複に決定。

希望馬券

メラグラーナとワンスインナムーンを軸にして、ネロとビックアーサーへ流す三連複を2点。

キシ
これが当たったら、比例区は希望の党へ投票しないと、バチがあたりそうですね(笑)。

まとめ

今回ご紹介した第51回スプリンターズSのオカルト予想はズバリ衆議院の解散です!はどうでしたか。

前回の解散とリンクする予想をしましたが、もしかしたら、阿部首相が言っている「国難突破解散」もヒントになりそうです。

可能性は低いけど、語呂合わせで「突破」を、「10-8(とっぱ)」とも読めるから、お遊びで馬単の「10→8」はどうでしょうか。

あとは、2014年に優勝馬だったスノードラゴンが、今年も出走するので、念のため複勝を買った方が良いかもしれません。

スプリンターズSから、秋のG1がスタートするので本命だけでも当てて、次戦以降に弾みを付けられるよう頑張ります。

キシ
難解なので、本命が3着以内に来てくれたら、予想として的中で良い気がしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう