ドスポグへようこそ!

競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

G1の予想記事一覧!

第96回凱旋門賞はデータ上だと3歳か4歳を本命にすれば当たる!

競走馬競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年の凱旋門賞こそ、日本のホースマンの悲願が達成できるのか? 毎年のように言っているけど、やはり今年も無理なような気が・・・。

別の記事でもご紹介しましたが、サトノダイヤモンドに期待はしたいけど、データ上では今年も、日本馬にチャンスはないでしょう。

そこで今回は、第96回凱旋門賞の優勝馬を予想しますが、やはりデータだと3歳馬か4歳馬しか可能性はありません。

競馬ファンとしては、サトノダイヤモンドに優勝はして欲しいけど、馬券師としては、応援するのが精いっぱいです。

今年も日本の悲願は無理っぽいけど、果たして第96回凱旋門賞は、どの牝馬か3歳牡馬が優勝するのでしょうか?

第96回凱旋門賞の出走馬!

ゲート馬番馬名騎手
14ユリシーズJ.クローリー
217エネイブルL.デットーリ
35クロスオブスターズM.バルザローナ
414ブラムトC.デムーロ
510サトノノブレス川田将雅
611イキートスA.シュタルケ
77アイダホS.ヘファナン
818ウィンターR.ムーア
912オーダーオブセントジョージD.オブライエン
108チンギスシークレットA.デフリース
113ワンフットインヘヴンJ.ドイル
122ドーハドリームG.ブノワ
139サトノダイヤモンドC.ルメール
1416プリュマティックM.ギュイヨン
1515カプリW.ローダン
166シルバーウェーヴP.ブドー
1713セブンスヘブンP.スマレン
181ザラックC.スミヨン

1番人気になりそうなエネイブルは2番ゲート、サトノダイヤモンドは13番ゲート、R.ムーア騎手が騎乗するウィンターは8番ゲート。

ちょっと気になるのは、A.オブライエン厩舎の馬が、アイダホ・ウィンター・オーダーオブセントジョージの3頭が、横並びになったこと。

2016年は、A.オブライエン厩舎の3頭が1着から3着を独占しており、今年は上記の3頭を含む5頭が出走するから、注意が必要でしょう。

キシ
個人的には、サトノノブレスとサトノダイヤモンドが、逆のゲートの方が良かった気がします。

過去10年間のデータ!

馬名性齢人気前走着順
20071ディラントーマス牡42愛チャンピオンS(G1)1着
2ユームザイン牡49バーデン大賞(G1)4着
20081ザルカヴァ牝31ヴェルメイユ賞(G1)1着
2ユームザイン牡54KGVI&QES(G1)3着
20091シーザスターズ牡31愛チャンピオンS(G1)1着
2ユームザイン牡67バーデン大賞(G1)3着
20101ワークフォース牡34KGVI&QES(G1)5着
2ナカヤマフェスタ牡412フォア賞(G2)2着
20111デインドリーム牝311バーデン大賞(G1)1着
2シャレータ牝315ヴェルメイユ賞(G1)3着
20121ソレミア牝412ヴェルメイユ賞(G1)3着
2オルフェーヴル牡41フォア賞(G2)1着
20131トレヴ牝32ヴェルメイユ賞(G1)1着
2オルフェーヴル牡51フォア賞(G2)1着
20141トレヴ牝47ヴェルメイユ賞(G1)4着
2フリントシャー牡411フォア賞(G2)2着
20151ゴールデンホーン牡33愛チャンピオンS(G1)1着
2フリントシャー牡55スウォードダンサーS(G1)1着
20161ファウンド牝44愛チャンピオンS(G1)2着
2ハイランドリール牡49愛チャンピオンS(G1)7着

まず連帯馬を国別で調べると、フランスが7回、イギリスが5回、アイルランドが4回、日本が3回、ドイツが1回。

年齢別では、3歳が7回、4歳が9回、5歳が3回、6歳が1回。

性別では、牡馬が13回、牝馬が7回。

人気別では、1番人気が4回、2番人気が2回、3番人気が1回、4番人気が3回、5番人気が1回で、6番人気から9番人気が4回、10番人気以降が5回

前走では、愛チャンピオンSが5回ヴェルメイユ賞が5回、フォア賞が4回、バーデン大賞が3回、KGVI&QESが2回、スウォードダンサーSが1回。

前走の着順では、1着が9回、2着が3回、3着が4回、4着が2回、5着が1回、6着以下が1回となっています。

キシ
この条件では、サトノダイヤモンドの優勝はありませんね。あくまでも、データ上ではあるけど。

第96回凱旋門賞の本命馬!

第96回凱旋門賞の本命馬ですが、タイトル通り牝馬か3歳馬か3歳馬しか可能性がないので、かなり該当馬は絞れるます。

さらに牡馬も牝馬も、前述でご紹介したステップレースを使っているので、違うレースを使っている馬は厳しいかも。

また前走で4着以下の馬は、2400MのG1で勝っており、すべての条件が当てはまる馬が、凱旋門賞の本命なのですが・・・。

なんと今回の凱旋門賞では、上記のデータをすべてクリアした馬が、なんと1頭もいませんでした。

そこで、今回はヴェルメイユ賞組が1頭も出て来ないので、このレースからのデータを外し本命馬を探します。

ポイントは、前走がG1(2000M以上)で、すべての馬に2400MのG1勝ちがありました。

新しいデータでの該当馬は、エネイブルカプリザラックの3頭しかおらず、普通に考えれば、エネイブルが本命でしょうね。

しかし、過去10年間のデータからだと、人気と前走を別にすれば、フランス・4歳・牡馬・前走1着の条件を満たすザラックも本命候補。

カプリは、愛ダービーを勝っているけど、過去10年間では去年のハーザンドのように相性が悪いから、本命馬からは脱落です。

馬券の買い方は、次項で説明するとして、本命馬は1番人気のエネイブル、データをクリアした数が多いザラックにします。

キシ
ザラックには、凱旋門賞の母子制覇(母がザルカヴァ)が、かかっています。

第96回凱旋門賞の買い目!

第96回凱旋門賞の本命馬が決まったので、あとは対抗以下の馬を見つけるだけですが、予想のポイントは本命馬とほぼ同じ。

ヴェルメイユ賞組を除くと、過去10年間のデータでは、フォア賞は別にして、すべての馬は前走が2000M以上のG1でした。

さらに、すべての馬に2200Mから2400MでG1勝ちがあり、2000M以下や2500M以上でしか、G1勝ちがない馬は苦戦。

この2つのデータで残った馬は、クロスオブスターズ・イキートス・チンギスシークレット・カプリ、この4頭。

さらに、2200MのG1勝ちは、日本馬のナカヤマフェスタだけで、この馬は2400Mのレース(オープン特別)に勝っています。

上記の5頭の中では、クロスオブスターズだけが、2400Mを一度も勝ったことがないので脱落。

あと1頭だけ脱落する馬がおり、それが愛ダービーを勝ったカプリで、愛ダービーを勝った馬は、過去10年で3着が最高着順。

結果的に残ったのは、イキートスチンギスシークレットで、相手はこの2頭に決定だけど、不安なのは2頭ともドイツ馬なこと。

過去10年だとドイツ馬は、デインドリームの1回しかなく、信頼度があまりないのですが、果たしてどうなるでしょうか。

問題の買い目は、以下のようにしますので、もしよろしかったら参考にしてください。

凱旋門賞の買い目
  • エネイブルから馬単で、イキートス・チンギスシークレットへ流す。
  • エネイブルから馬連で、ザラックへ流す。
キシ
ドイツ馬の2頭が、勝つとはちょっと思えないので、馬単で勝負します。

まとめ

今回ご紹介した第96回凱旋門賞はデータ上だと3歳か4歳を本命にすれば当たる!はどうでしたか。

前走のレースに該当馬がいなかったけど、それを除けば存在したので、2頭が該当したので、どちらかが優勝するでしょう。

あと、現地のオッズが分かれば、外国では売れているけど、日本では売れていない馬を、馬券に組み込むのがおすすめです。

実際に去年の香港マイルは、現地では売れていたけど、日本では売れていなかったヘレンパラゴンが、2着に入りましたからね。

予想上では、今年も日本の悲願は達成できないと思うので、来年は欧州の馬場に合う馬を、凱旋門賞に出走させてください。

キシ
データ通りに決まれば、来年も使えるので、なんとか本命馬のエネイブルかザラックに、勝って欲しいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう