競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

ドスポグ

キタサンブラックが過去10年のデータで有馬記念を勝つ確率は0%!

   

競走馬

第62回有馬記念は、キタサンブラックの取捨が、ポイントになりそうで、どうするか迷っている人も多いのでは。

普通に考えたら、勝つのは無理だとしても、3着以内には来そうな雰囲気ですが、過去のデータでは違いました。

過去10年間のデータから、キタサンブラックが勝つか調べた結果、なんと勝率が0%になったんです。

穴党の人には、喜ばしいデータなので、ぜひ参考にしてもらい、有馬記念の予想にお役立てください。

本命党の人は、信じなくても大丈夫ですが、データを見たら、少しだけで、信じるかもしれませんよ。

ド定番な記事ベスト5!

有馬記念でファン投票1位だった馬の成績!

年度 ファン投票1位の馬 着順
2016年 キタサンブラック 2着
2015年 ゴールドシップ 8着
2014年 ゴールドシップ 3着
2013年 オルフェーヴル 1着
2012年 オルフェーヴル 不出走
2011年 ブエナビスタ 7着
2010年 ブエナビスタ 2着
2009年 ウオッカ 不出走
2008年 ウオッカ 不出走
2007年 ウオッカ 不出走

過去10年で、ファン投票1位だった馬の成績は、10回中6回の出走で、1着・2着・3着がそれぞれ1回のみ。

不思議なことに、ウオッカは3回だったけど、あとの馬はすべて2回連続で、ファン投票が1位。

さらに、2回連続でファン投票1位、さらに2回とも出走している馬は、ブエナビスタとゴールドシップ。

この2頭は、1回目のファン投票1位で出走したら、それぞれ2着と3着で、ともに馬券圏内。

しかし、2回目のファン投票1位で出走したら、7着と8着になり、ともに5つ着順と落としている。

過去10年間なので、2回のデータだが、今年のキタサンブラックは7着になると、このデータから読み取れます。

キシ
このデータでは、キタサンブラックを、買うべきではないみたい。

有馬記念が引退レースだった1番人気の成績!

年度 1番人気で引退した馬 着順
2015年 ゴールドシップ 8着
2013年 オルフェーヴル 1着
2008年 ダイワスカーレット 1着

過去10年で、1番人気になり引退した馬は、ダイワスカーレット、オルフェーヴル、ゴールドシップの3頭のみ。

その成績は、ダイワスカーレットがオルフェーヴル優勝しており、先ほどとは、逆のデータになってしまった。

引退した年の成績は、ダイワスカーレットが(1.1.0.0)、オルフェーヴルが(2.1.0.0)、ともに連帯率100%。

連対を外したゴールドシップは、(2.0.0.3)で、連帯率が100%ではりません。

キタサンブラック成績は(3.0.1.1)。連帯率が100%ではなく、さらに、連帯した2頭よりレースを使っている。

1着だった2頭との共通点がないので、このデータからも、キタサンブラックは、優勝できないと読み取れます。

キシ
有馬記念まで、余力が残っているのかが、ポイントなのかもしれませんね。

天皇賞を同年に春秋制覇した馬の成績!

年度 天皇賞を春秋制覇した馬 着順
2007年 メイショウサムソン 8着
2000年 テイエムオペラオー 1着

同年に天皇賞を春秋制覇した馬は、該当馬が少ないので、過去20年間にさかのぼり見ると、2頭がいました。

メイショウサムソンが8着、テイエムオペラオーが1着、勝敗は1勝1敗なので、データとしては不十分。

ただし、有馬記念を勝ったテイエムオペラオーのその年の成績は、7戦7勝だったので、ちょっと次元が違うかも。

ちなみに、メイショウサムソンは、(3.1.1.0)で4着以下がないけど、掲示板にすら載れませんでした。

データが少ないけど、同年に天皇賞を春秋制覇した馬でも、キタサンブラックは、優勝できないと読み取れます。

キシ
7戦7勝のテイエムオペラオーは、規格外の強さだったので、データの対象にはなりませんね。

去年が年度代表馬だった馬の成績!

年度 年度代表馬 翌年の有馬記念
2015年 モーリス 不出走
2014年 ジェンティルドンナ 不出走
2013年 ロードカナロア 不出走
2012年 ジェンティルドンナ 不出走
2011年 オルフェーヴル 不出走
2010年 ブエナビスタ 7着
2009年 ウオッカ 不出走
2008年 ウオッカ 不出走
2007年 アドマイヤムーン 不出走
2006年 ディープインパクト 不出走

過去10年間のデータだと、前年度の年度代表馬が、有馬記念に出走した例は、わずか2010年のブエナビスタのみ。

そのブエナビスタは、7着に敗れていることから、前年度の年度代表馬は、連帯するのが厳しそうです。

ただし、これが過去20年だと、ちょっとデータが違っているので、それをどう考えるかでしょうね。

過去20年まで振り返った場合

年度 年度代表馬 翌年の有馬記念
2005年 ディープインパクト 1着
2004年 ゼンノロブロイ 8着
2003年 シンボリクリスエス 不出走
2002年 シンボリクリスエス 1着
2001年 ジャングルポケット 7着
2000年 テイエムオペラオー 5着
1999年 エルコンドルパサー 不出走
1998年 タイキシャトル 不出走
1997年 エアグルーヴ 5着
1996年 サクラローレル 不出走

過去20年まで振り返ると、シンボリクリスエスとディープインパクトの2頭が、見事に1着になっています。

さらに、この2頭は有馬記念を勝った年も、年度代表馬になっており、2年連続での受賞です。

今年の候補を見ると、仮にキタサンブラックが有馬記念に負けても、年度代表馬になりそうで、2年連続は確実。

それを踏まえると、過去20年の場合は、2年連続で年度代表馬になれるキタサンブラックは、優勝できると読み取れます。

キシ
あくまでも、今回は過去10年間のデータなので、キタサンブラックは、厳しいのでは。

まとめ

過去20年を振り返れば、シンボリクリスエスとディープインパクトの例があるけど、あくまでも今回は過去10年のデータ。

それに過去20年では、今とレースの格や時期が変わっており、正確とは言えず、参考程度に考えるべきでしょう。

過去10年間では、どのデータを見ても、キタサンブラックには不利で、勝率は0%と言って間違いありません。

ただし、現段階の出走馬を見ると、キタサンブラックのライバルは、シュヴァルグランとスワーヴリチャードぐらい。

普通に、有馬記念を予想をするなら、相手関係を考えると、キタサンブラックを連軸にするのが、良さそうですけどね。

キシ
過去10年間のデータでは、キタサンブラックは消し。過去20年間だと、買いたくなるけどね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 競馬