ドスポグへようこそ!

競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

G1の予想記事一覧!

第37回ジャパンカップのオカルト予想はダービーとオークスがヒント!

競走馬G1予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

まさかマイルチャンピオンシップも、M.デムーロ騎手が勝つとは、彼の存在自体が、すでにオカルト予想なのかもしれません。

引き続き、今週のジャパンカップも、M.デムーロ騎手が来るかどうかが、ポイントになりそうですが、オカルト予想では使いません。

そんな第37回ジャパンカップのオカルト予想は、ダービー馬とオークス馬が、そろって出走するので、これがヒントでしょう。

過去20年間をさかのぼり、ダービー馬とオークス馬が出走した、ジャパンカップの共通点を調べれば、本命馬が見つかるはず。

普通のオカルト予想は、外しまくっているけど、共通点のオカルト予想は、かなり惜しい予想をしているから、今度こそ当てますよ。

ジャパンカップの出走馬!

枠番馬番馬名性齢斤量騎手
11シュヴァルグラン牡557.0kgH.ボウマン
2レイデオロ牡355.0kgC.ルメール
23ギニョール牡557.0kgF.ミナリク
4キタサンブラック牡557.0kg武 豊
35サウンズオブアース牡657.0kg田辺 裕信
6イキートス牡557.0kgD.ポルク
47ディサイファ牡857.0kg柴山 雄一
8ソウルスターリング牝353.0kgC.デムーロ
59レインボーライン牡457.0kg岩田 康誠
10ブームタイム牡657.0kgC.パリッシュ
611マカヒキ牡457.0kg内田 博幸
12サトノクラウン牡557.0kgM.デムーロ
713シャケトラ牡457.0kg福永 祐一
14アイダホ牡457.0kgR.ムーア
815ワンアンドオンリー牡657.0kg横山 典弘
16ヤマカツエース牡557.0kg池添 謙一
17ラストインパクト牡757.0kg戸崎 圭太

1番人気になるのは、ほぼ間違いなくキタサンブラックで、休み明け2戦目だから、上がり目はまだ残っているはず。

ただし、前走の不良馬場で勝った影響、ケガ明けの武豊騎手の状態、ちょっと不安な点が残っています。

2番人気になりそうなのは、ダービー馬のレイデオロで、初めての古馬対決だけど、今年の3歳馬はレベルが高いので、チャンスはあるでしょう。

ただし、同年にダービーを勝った馬の成績が、かなり悪いので、そこがちょっと気になるところです。

3番人気になりそうなのは、絶好調のM.デムーロが騎乗するサトノクラウンで、今週も3着以内に来るか注目です。

ただし、サトノクラウンは時計勝負になると、ちょっと分が悪い気がするので、馬場と展開に注文が付くかも。

あとは、オークス馬のソウルスターリング、天皇賞(春)で2着のシュヴァルグラン、ドイツのG1を2連勝中のギニョールなどが出走します。

キシ
出走メンバーを見ると、人気上位馬に馬券が、集中しそうですね。

ヒントはダービー馬とオークス馬にあり!

第37回ジャパンカップは、今年のダービー馬とオークス馬が出走するので、この2つがヒントになるでしょう。

そこで過去20年間をさかのぼり、ダービー・オークスを勝った年に、ジャパンカップヘ出走した馬の成績を調べました。

さすがに、ダービー・オークスを勝った年に、その2頭が出走することは、かなりのレアケースだと、分かったんです。

ダービー馬が出走したジャパンカップの成績

年度馬名着順
2014年ワンアンドオンリー7着
2010年エイシンフラッシュ8着
2007年ウオッカ4着
2006年メイショウサムソン6着
2003年ネオユニヴァース4着
2001年ジャングルポケット1着
2000年アグネスフライト13着
1998年スペシャルウィーク3着

過去20年間で、優勝したのがジャングルポケットの1回のみで、あとはスペシャルウィークの3着が最高。

いくらダービー馬と言えども、ほぼ初めてになる古馬との対戦は、厳しい結果に終わったケースが多いです。

オークス馬が出走したジャパンカップの成績

年度馬名着順
2015年ミッキークイーン8着
2012年ジェンティルドンナ1着
2000年シルクプリマドンナ16着
1999年ウメノファイバー12着

過去20年間で、優勝したのはジェンティルドンナの1頭だけど、そもそも出走回数が少ないから、仕方がありませんね。

牝馬の場合は、ジャパンカップではなく、エリザベス女王杯に出走するから、ジャパンカップへ出走するのは、希なのでしょう。

ダービー馬とオークス馬が出走した年があった!

上記の2つの表を見て分かったはずですが、過去20年間をさかのぼれば、1回だけダービー馬とオークス馬が出走したことがあります。

それが2000年のジャパンカップで、アグネスフライトシルクプリマドンナが出走しており、この年がヒントになるはずです。

キシ
アグネスフライトは、生まれて始めて生で見たダービー馬なので、とても印象に残っています。

2000年のジャパンカップの結果!

着順馬名性齢騎手人気
1テイエムオペラオー牡5和田竜二1
2メイショウドトウ牡5安田康彦5
3ファンタスティックライト牡5L.デットーリ2
4エラアシーナ牝5O.ペリエ7
5ダイワテキサス牡8蛯名正義15

テイエムオペラオーは、この年に天皇賞を春秋制覇しており、ジャパンカップは断然の1番人気に応え、見事に優勝。

メイショウドトウは、宝塚記念・天皇賞(秋)と、2度のG1でテイエムオペラオーの2着になり、今回のジャパンカップも2着。

ファンタスティックライトは、当時はまだG1勝ちが1勝のみで、2001年にブレイクする前だったけど、2番人気に押されて3着。

第37回ジャパンカップで共通する馬は?

今回は、ファンタスティックライトのような外国馬がいないので、テイエムオペラオーとメイショウドトウのような馬を探します。

普通に上記の2頭を探すと、やはりキタサンブラックサトノクラウンの2頭になるので、人気上位馬だけどこの2頭で決まり。

キタサンブラックは、今年になって天皇賞を春秋制覇しており、現役最強馬と言う点では、テイエムオペラオーと似ています。

サトノクラウンは、天皇賞(秋)が2着なのでメイショウドトウと似ており、さらに絶好調のM.デムーロ騎手だから安心です。

買い目!

オッズを見てからだけど、馬単でキタサンブラック→サトノクラウン。

キシ
もしかしたら、上記の馬券は、1番人気と2番人気の組み合わせかもね。

もう一つの共通点はマイルCS!

2017年のマイルCSは、3歳馬のペルシアンナイトが勝ったけど、実は3歳馬がこのレースを勝つのは、アグネスデジタル以来。

実は、前述のダービー馬とオークス馬が同時に出走したジャパンカップと、アグネスデジタルが奇跡的な共通点があったんです。

その共通点とは、アグネスデジタルが勝ったマイルCS、ダービー馬とオークス馬が出走したジャパンカップ、どちらも2000年に行われたこと。

ここまで来ると、2000年のジャパンカップの再現が起きることに、疑いの余地はないので、キタサンブラックとサトノクラウンしかいません。

もしくは、1番人気と5番人気で買うしか考えられないから、あまり手広く買う必要ないと思いますよ。

キシ
キタサンブラックとサトノクラウント、この2頭と心中します。

まとめ

かなり堅い予想になってしまったけど、このメンバーだったら、あまり荒れそうにありませんね。

キタサンブラックは、調教で動いていれば問題ないけど、前走の反動があるようだったら、ちょっと不安です。

サトノクラウンは、M.デムーロ騎手が鞍上なので、今回も買いたいけど、そろそろヤバそうな気もします。

そんなことを思うけど、荒れそうな雰囲気がないから、普通にキタサンブラックとサトノクラウンで決まるかも。

穴党の人は、三連単の3着に人気薄を入れて、手広く流すしか配当な妙味はなさそうです。

キシ
普通に、上位5番人気以内の馬が、掲示板を独占しそうな雰囲気ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう