ドスポグへようこそ!

競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

G1の予想記事一覧!

第51回スプリンターズSの注目馬!今回はあの人気馬を消しです!

競走馬 G1予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

秋競馬も始まり、10月1日には第1弾のG1であるスプリンターズSが行われますが、今年はどんなメンバーが集まるのかワクワクします。

前哨戦のセントウルSは、1番人気のファインニードルが勝ち、本番でもかなりの人気になりそうだけど、果たして勝てるのでしょうか。

そこで今回は、馬券に絡む絡まないは別にして、第51回スプリンターズSの注目馬をご紹介するので、ぜひ予想の参考にどうぞ。

第51回スプリンターズSは、上位人気になりそうな馬に、休み明けが多いから、波乱も十分に考えられそうです。

ただし、9月28日の夕方にならないと出走馬が確定せず、回避する馬も出て来ると思うので、その点はご了承ください。

第51回スプリンターズSの出走予定馬

馬名性齢斤量騎手
スノードラゴン牡957kg大野
セイウンコウセイ牡457kg
ダイアナヘイロー牝455kg武豊
ダンスディレクター牡757kg浜中
ネロ牡657kg
ノボバカラ牡557kg蛯名
ビッグアーサー牡657kg福永
ファインニードル牡457kg内田
フィドゥーシア牝555kg三浦
ブリザード(外国馬)セ657kgモッセ
メラグラーナ牝555kg戸崎
モンドキャンノ牡355kg池添
ラインミーティア牡757kg西田
レッツゴードンキ牝555kg岩田
レッドファルクス牡657kgデムーロ
ワンスインナムーン牝455kg石橋

フルゲートは16頭で、除外待ちの順番は、シュウジ・トーキングドラム・キングハート・ナックビーナス・フミノムーン・ティーハーフ・ソルヴェイグ。

キシ
2016年3着馬だったソルヴェイグは、除外待ちの順番が7番目なので、さすがに今年は出走できそうにないですね。

メラグラーナ(本命候補)

セントウルS(G2)では4着に負けてしまったけど、上がり3ハロンはメンバー最速の「32.4」を使っており、強烈な末脚でした。

勝ったファインニードルの通過が「3-3」で、メラグラーナが「11-11」だったことから、届かなかったのも仕方がありません。

中山も芝1200Mは3戦3勝で得意なのは、メラグラーナにとって良いけど、中山の持ちタイムが1分8秒台しかないのが心配です。

キシ
持ちタイムの心配はあるけど、セントウルS組だったら、一番にメラグラーナに注目しています。

ファインニードル(対抗候補)

1番人気でセントウルS(G2)を勝ったファインニードルは、第51回スプリンターズSでも、同じように人気になりそうです。

かなり強い勝ち方だったので、予想としてはしっかり馬券で抑える必要はありそうだけど、ちょっと気になるのが臨戦過程。

今年は2月5日の山城S(1600万円下)からスタートして、前走のセントウルSまで、すでに7戦を消化しており、疲れが心配です。

キシ
ファインニードルは、抑える必要があるでしょうね。あとは、調教を見て判断です。

フィドゥーシア(人気次第)

セントウルS(G2)で9着に惨敗したフィドゥーシアは、前半に飛ばし過ぎたことが原因で、完全に最後はバテてしまいました。

さらに、ここ2戦連続で新潟の芝1000Mの直線競馬をしたことが、もしかしたら、走りに影響したのかもしれません。

中山の芝1200Mは、1戦1勝で52kgの斤量だったけど、「1.07.5」と言うタイムは、かなり優秀なので、人気が落ちれば買いたい1頭です。

キシ
前走の負けで、人気が下がれば良いけど、変わらないようであれば、ちょっと手が出しづらいです。

レッドファルクス(単穴候補)

安田記念で、3着以来の出走になるレッドファルクスは、2016年の覇者だから、休み明けでも軽視はできない1頭です。

2016年のスプリターズSは、CBC賞から3カ月ぶりのレースで勝ったので、4か月ぶりの今回もそれほどマイナスではなさそう。

主戦のデムーロ騎手が、ファインニードルに乗りそうだったけど、レッドファルクスを選んだので、こちらの方が勝算はあるでしょうね。

キシ
レッドファルクスの場合は、調教で動いているかどうかだけでしょう。

ダイアナヘイロー(連下候補)

北九州記念(G3)を勝ち、初重賞を制覇したダイアナヘイローは、目下4連勝中で夏の上がり馬として、注目される1頭でしょう。

中山の芝1200Mの経験はありませんが、坂のある阪神の芝1200Mで2戦2勝をしており、特に問題はなさそうです。

ただし、ファインニードルよりも1戦多い8戦を消化しており、上がり目と言う点では、ちょっと心配になってしまいます。

キシ
さすがに、5連勝するのは厳しいので、相手としてしか買えませんね。

レッツゴードンキ(穴候補)

ヴィクトリアマイルで11着に敗れたレッツゴードンキは、状態次第なので出否は未定ですが、出走すれば人気になりそうです。

前走は残念な結果に終わったけど、高松宮記念では2着に入って大健闘したから、展開さえハマれば一発があるでしょう。

特に、今回のスプリンターズSは、前に行く馬が多く前半が早くなりそうなので、レッツゴードンキに向いてるような気がします。

キシ
レッツゴードンキは、回避する可能性があります。最大目標がここではないから、出走しても抑える程度かな。

シュウジ(穴候補)

函館スプリントSとキーンランドCで人気になりながら、10着と13着に負けてしまったシュウジは、調教次第でしょう。

前走は途中で、馬が走るのを止めてしまっている感じだったから、調教が良くない場合は買う必要はなさそうです。

逆に、馬が伸び伸びと走っているような調教だったら、本命は無理でも人気が落ちていれば抑えた方が良いかもしれません。

キシ
2走連続で凡走したから、かなり人気は落ちるでしょうね。穴党からしたら、買いたくなる1頭ですね。

セイウンコウセイ(やや注意)

函館スプリントSで、1番人気になりながら4着に敗れたセイウンコウセイだけど、まだ見限るには早い存在でしょう。

今年の高松宮記念を勝った馬でもあるから、前走の負けで人気を落としているようだったら、抑えておきたい1頭。

ただし、3カ月以上の休み明けに良績がないので、今回も6月18日からだと3カ月以上の休み明けになり、その点が心配です。

キシ
調教が良かったら、抑えたいけど、あまりパッとしなかったら、静観して良いでしょうね。

ビッグアーサー(静観)

2016年の香港スプリントから、約10カ月ぶりの休み明けになるビッグアーサーは、ハッキリ言って厳しいでしょう。

せめてセントウルSを使えていれば、まだ買えたのかもしれないけど、左前脚痛で回避せざるを得ず、普通に考えたら買えません。

仮に調教が良かったとしても、ローテーションを見る限りでは、3着以内も厳しそうだから、静観するのが妥当ですね。

キシ
さすがに、海外遠征のあとの10カ月の休み明けは、複勝圏内でも厳しいでしょうね。

まとめ

今回ご紹介した第51回スプリンターズSの注目馬!今回はあの人気馬を消します!はどうでしたか?

まだ出走が確定していないので、どうなるか分かりませんが、さすがにビックアーサーは厳しいでしょう。

逆に注目しているのは、前走で負けてしまったけど、巻き返しの期待がかるメラグラーナで、調教に問題がなければ本命候補。

個人的には、セイウンコウセイに三浦皇成騎手が乗り、初G1を勝ったら感動できそうだから、そんなシーンを見たいですね。

最終的な予想は、9月28日の木曜日にオカルト予想としてご紹介するので、くだらないけどぜひ見てください。

キシ
第51回スプリンターズSの有力な出走馬が、また分かったら追記でご紹介するので、また懲りずにご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう