第34回マイルCSのオカルト予想のヒントは横綱・日馬富士!

競走馬G1予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先週のエリザベス女王杯は、トランプ大統領で予想をしたけど、本命馬が掲示板にも載らず、大惨敗に終わりました。

でも、もう1つの予想をしたマキシマムドパリが、低評価ながら4着になったので、方向性は間違っていないでしょう。

そんな第34回マイルCSのオカルト予想は、暴行事件で大問題になっている、第70代横綱・日馬富士がヒントです。

日馬富士の件は、悪いニュースなので、ヒントに向かないけど、今週のニュースは、これしかないから仕方がありませんね。

まだ秋のG1は、スプリターズSしか当ててないけど、そろそろ当てないとヤバいので、なんとかします。

第34回マイルCSの有力馬!

枠番馬番馬名性齢斤量騎手
11ブラックムーン牡557.0kgA.アッゼニ
2アメリカズカップ牡356.0kg松山 弘平
23ヤングマンパワー牡557.0kg石橋 脩
4サングレーザー牡356.0kg福永 祐一
35サトノアラジン牡657.0kg川田 将雅
6ダノンメジャー牡557.0kg北村 友一
47レッドファルクス牡657.0kgC.デムーロ
8マルターズアポジー牡557.0kg武士沢 友治
59レーヌミノル牝354.0kg和田 竜二
10クルーガー牡557.0kgA.シュタルケ
611エアスピネル牡457.0kgR.ムーア
12イスラボニータ牡657.0kgC.ルメール
713グランシルク牡557.0kg田辺 裕信
14ガリバルディ牡657.0kg岩田 康誠
15ムーンクレスト牡557.0kg藤岡 佑介
816ウインガニオン牡557.0kg津村 明秀
17ジョーストリクトリ牡356.0kg武 豊
18ペルシアンナイト牡356.0kgM.デムーロ

1番人気になりそうなのは、一昨年が3着で去年が2着、今年こそマイルCSを勝ちいはずのイスラボニータ

前走の富士Sは、馬場が悪く58kgだったことを考えれば、上出来だったような気がします。

2番人気になりそうなのは、まだ一度も掲示板を外しておらず、堅実に走るタイプのエアスピネル

鞍上は急遽、武豊騎手からR.ムーア騎手に乗り替り、吉と出るのか凶と出るのか、ちょっと見ものです。

3番人気になりそうなのは、前走のスプリンターズSを、休み明けで勝ったレッドファルクス

やはり気になるのは、不得意らしい右回り、初めての京都遠征、C.デムーロ騎手の乗り替りの3つでしょう。

その他には、安田記念を勝ったサトノアラジン、M.デムーロ騎手が乗るペルシアンナイトなど、良いメンバーがそろいました。

キシ
上位人気の5頭は、どれが優勝しても、不思議じゃないレベルの馬ですね。

日馬富士をヒントに本命馬を探す!

現役の横綱が後輩の力士に、暴力事件を起こすなんて、前代未聞で驚きましたが、これが今週の大きなニュース。

そこで、事件を起こしてしまった第70代横綱・日馬富士がヒントに、第34回マイルCSに本命馬を探します。

横綱の名前から、オカルト予想のヒントを探すと、今の四股名ではなく、以前の四股名にヒントがあったんです。

日馬富士の前の四股名は、安馬(あま)と言い、オカルト予想としては、安い馬が勝つと言うヒントのはず。

そこでnetkeiba.comに、セリ取引価格か募集価格が掲載している馬の中で、一番に安い馬を探します。

セリ取引価格か募集価格が一番に安い馬

馬名セリ取引価格募集価格
アメリカズカップ5,292万円
イスラボニータ2,400万円
ウインガニオン2,500万円
ガリバルディ8,000万円
クルーガー4,000万円
グランシルク4,000万円
サトノアラジン1億3,650万円
サングレーザー4,000万円
ダノンメジャー3,150万円
ネオリアリズム4,000万円
ペルシアンナイト3,200万円
レッドファルクス1,600万円

全部で12頭の馬の価格が分かり、一番に安かったのは、スプリンターズSを勝っているレッドファルクス。

G1を2勝もしていながら、1,600万円(1口/4万円)とは、1口を持っている馬主は、見る目がありますね。

もっと調べれば、安そうな馬もいるけど、公表していると言うことで、レッドファルクスが一番に安い馬です。

本命馬

第34回マイルCSの本命馬は、一番に安い価格のレッドファルクス。

キシ
レッドファルクスに、M.デムーロ騎手が乗ってくれたら、もっと自信があるんだけどなぁ。

第34回マイルCSの買い目!

第34回マイルCSの買い目としては、イスラボニータやエアスピネルなど、上位人気の馬を消すのは、ちょっと難しいかも。

その理由として、過去10年間の着順と人気を見れば分かり、これだとあまり大荒れは、期待ができないでしょう。

ただし、4回ほど人気薄の馬が連帯をしていることから、その4頭の共通点を探る必要がありそうです。

過去10年の1着馬から3着馬の人気

  • 2007年【1番人気-4番人気-5番人気】
  • 2008年【4番人気-1番人気-10番人気】
  • 2009年【1番人気14番人気-2番人気】
  • 2010年【13番人気1番人気-6番人気】
  • 2011年【5番人気11番人気-4番人気】
  • 2012年【4番人気-1番人気-5番人気】
  • 2013年【2番人気-3番人気-1番人気 】
  • 2014年【8番人気3番人気-9番人気】
  • 2015年【4番人気-2番人気-1番人気】
  • 2016年【3番人気-2番人気-7番人気】

過去10年では、1番人気が5回、2番人気が3回、3番人気と5番人気が1回、必ず人気上位の馬が連帯しています。

そこで、単純に1番人気から5番人気の馬を、相手にすれば良くので、当日のオッズと相談しながら、決めれば良いでしょう。

相手候補1

1番人気から5番人気の馬。

人気薄4頭の共通点

過去10年間で、人気薄が連帯したのは、2009年(14番人気)、2010年(13番人気)、2011年(11人番気)、2014年(8番人気)の4頭の牡馬。

すべて共通していることが、1つもなかったので、3頭以上に共通していることを、箇条書きにしてご紹介します。

3頭以上の共通点
  • 重賞で1番人気になったことがある。
  • 1600Mのハンデ戦で連帯している。
  • マイルのG1の出走経験がある。

この3つの共通点しか見つかりませんでしたが、なんとこの3つをクリアした馬が、たった1頭だけ存在しました。

それが、田辺裕信騎手が鞍上のグランシルクで、すべてをクリアしているから、穴馬候補として推奨します。

相手候補2

3つの共通点をすべてクリアしたグランシルク。

キシ
あとは、当日の人気を調べて、馬券を買うだけです。

まとめ

第34回マイルCSは、本命がレッドファルクス、相手が1番人気から5番人気の馬、さらに穴馬でグランシルクになりました。

レッドファルクスは、ご紹介した通り、右回り、京都遠征、乗り替り、ちょっと不安が多いので、グランシルクからも買います。

買い方としては、レッドファルクスから人気馬、グランシルクから人気馬、レッドファルクスとグランシルクでしょうか。

まだ分からないけど、上位人気馬で消すのは、人気になっているペルシアンナイトで、鞍上の人気だけのような気がします。

当日までに、相手をできるだけ絞り、第34回マイルCSを的中させて、オカルト予想の信頼度を上げさせたいです。

キシ
全部で、5点ぐらいに絞りたいから、当日の馬体重とパドックを見てから、最終的な判断をします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう