競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

ドスポグ

第18回チャンピオンズCのオカルト予想は引退した元横綱の日馬富士!

   

競走馬

先週のジャパンカップは、見事に大外れだったけど、よくよく考えて見れば、2000年と同じ1番人気・2番人気・5番人気の組わせ。

目の付けどころは、全く間違いじゃなかったから、今週のチャンピオンズCは、その点を踏まえて、しっかりと予想しなければ。

そんな第18回チャンピオンズCは、引退をした元横綱・日馬富士をヒントに、オカルト予想の本命馬を探します。

マイルCSも、横綱の日馬富士をヒントに、オカルト予想しましたが、全くダメだったので、今回は単純に予想をする予定です。

今年のG1は、チャンピオンズCを含めると、残り5個しかないから、なんとか残りを1つでも多く、当てたいと思います。

ド定番な記事ベスト5!

第18回チャンピオンズCの出走馬!

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 コパノリッキー 牡7 57.0kg 田辺 裕信
2 ケイティブレイブ 牡4 57.0kg 福永 祐一
2 3 ミツバ 牡5 57.0kg 松山 弘平
4 ノンコノユメ せん5 57.0kg C.デムーロ
3 5 メイショウスミトモ 牡6 57.0kg 吉田 隼人
6 モルトベーネ 牡5 57.0kg 秋山 真一郎
4 7 ロンドンタウン 牡4 57.0kg 岩田 康誠
8 グレンツェント 牡4 57.0kg H.ボウマン
5 9 ゴールドドリーム 牡4 57.0kg R.ムーア
10 キングズガード 牡6 57.0kg 藤岡 康太
6 11 アウォーディー 牡7 57.0kg 武 豊
12 カフジテイク 牡5 57.0kg C.ルメール
7 13 テイエムジンソク 牡5 57.0kg 古川 吉洋
14 サウンドトゥルー せん7 57.0kg 大野 拓弥
8 15 アポロケンタッキー 牡5 57.0kg 内田 博幸
16 ローズプリンスダム 牡3 56.0kg 戸崎 圭太

1番人気になりそうなのは、JBCクラシックを勝ったサウンドトゥルーで、チャンピオンズCの2連覇が掛かっています。

1800Mの距離や左回りには、全く不安のないタイプだから、連軸としては、ピッタリの馬かもしれませんね。

2番人気になりそうなのは、前走のみやこSが初重賞制覇だったテイエムジンソクで、今が絶好調の上がり馬です。

2017年の成績は、[2着→2着→3着→1着→1着→1着→2着→1着]で、4着以下がないので、こちらも連軸候補。

3番人気になりそうなのは、去年が絶好調だったアウォーディーで、なんとかこのレースを勝ち、復活したいでしょう。

ただし、2017年の成績は、ドバイワールドCを使ってから、成績が全く振るない状態で、連軸にはちょっと厳しいかも。

その他は、JBCクラシックで2着だったケイティブレイブ、韓国のG1を勝ったロンドンタウン、フェブラリーSで3着だったカフジテイクなどが出走。

ダート戦は、堅いイメージがあるけど、今年のメンバーは、一長一短がありそうなので、荒れるかもしれませんね。

キシ
今年のチャンピオンズCは、伏兵馬に注意が必要かも。特に、外国人騎手が乗っている馬にはね。

まずはデータでチャンピオンズCを予想!

チャンピオンズCが中京に移ってから、まだ3回しか行われていないので、少ないけれども、簡単に連帯した馬のデータを調べました。

まずは過去3回で、1着馬と2着馬になった馬から、共通点を探し多く該当した馬が、本命と対抗の候補とします。

1着馬の共通点

  • 前走がJBC競走で掲示板以上の成績(クラシックとレディスクラシック)
  • 地方のG1を勝っている(東京大賞典、JBCレディスクラシック、帝王賞など)
  • 1年前の同レースで掲示板に載っている(ホッコータルマエは、ジャパンCダート)
  • 同年にG1で2着の成績がある(川崎記念、JBCレディスクラシック、フェブラリーS)

この4つの条件をクリアするのは、前年の優勝馬であるサウンドトゥルーだけなので、この馬が本命です。

2着馬の共通点

  • 同年にG3を勝っている(アンタレスS、武蔵野S)
  • 前走の成績はダート1600M以上で3着以内(1着、1着、3着)
  • ダート2000Mのオープン以上で1着がある(シリウスS、ジャパンダートダービー、ベテルギウスS)
  • 58kgの斤量で連帯実績がある(信濃川特別、武蔵野S、シリウスS)

すべての条件に当てはまったのは、ケイティブレイブしかおらず、この馬が対抗です。

キシ
念のため、馬単の「14→2」ではなく、馬連の「2-14」の方が良さそうです。

元横綱・日馬富士のオカルト予想!

前回のマイルCSで使った際は、昔の四股名である「安馬」から、出走馬の中で最安値だったレッドファルクスを、本命にしました。

結果はご存じの通り、惨敗に終わってしまったので、今回はもっとシンプルに、日馬富士をヒントに予想をします。

元横綱の日馬富士は、1984年4月14日生まれなので、単純に同じ年に生まれた騎手を本命にするのが、良さそうです。

第18回チャンピオンズCに騎乗する騎手の中で、1984年生まれなのは、コパノリッキーに騎乗する田辺裕信騎手のみ。

実は、前述のデータの2着馬で、「同年にG3を勝っている」と「前走の成績はダート1600M以上で3着以内」が、ニアピンだったんです。

コパノリッキーの場合は、同年にG1勝ち、前走はダートの1200Mで2着、ほぼ条件を満たしていると、言って良いでしょう。

オカルト予想の本命馬!

チャンピオンズCのオカルト予想は、元横綱の日馬富士と同じ年に生まれた、田辺裕信騎手が鞍上のコパノリッキーです。

3着馬候補としてこの馬に注目

去年のチャンピオンズCの予想を見たら、ちょうどのこの時期に、ASKAさんが警察沙汰を起こしていました。

自分は、予想していなかったけど、ASKA(アスカ)さんつながりで、アスカノロマンを買っていた人もいたのでは。

結果は、見事にアスカノロマンが3着に入ったので、今年のこのパターンがあるかもしれないから、注意が必要です。

そこで日馬富士(ハルマフジ)からヒントをもらい、同じ「フジ」が入っているカフジテイクは、どうでしょうか。

1800Mの実績はありませんが、去年はかなり惜しい3着だから、鞍上がC.ルメール騎手に代わり、一発があるかもしれません。

3着馬候補!

日馬富士と同じ「フジ」が入っている、C.ルメール騎手が鞍上のカフジテイクを、3着候補にします。

キシ
個人的には、コパノリッキーよりも、カフジテイクの方が、まだ来そうな気がします。

チャンピオンズCの買い目!

チャンピオンズCの買い目は簡単で、ご紹介した過去3年間のデータを使うと、サウンドトゥルーケイティブレイブが相手。

仮に、相手もオカルト予想を使うなら、日馬富士に暴行された貴乃岩がヒントになるので、生まれた年の1990年がに注目。

1990年生まれの騎手は、ミツバに騎乗する松山弘平騎手しかおらず、念のために抑えた方が、良いかもしれません。

ちなみに、ミツバが3番枠に入ったので、チャンスかと思ったら、過去に1回だけ経験があり、そのときは大惨敗でした。

調教や当時の馬体重を見てから、最終的な判断をしますが、とりあえず相手は、サウンドトゥルーとケイティブレイブで決まり。

キシ
ジャパンカップに続き、また1枠のゾロ目だったら、かなり驚くけど、ちょっと厳しいかなぁ。

まとめ

元横綱の日馬富士をヒントに、第18回チャンピオンズCのオカルト予想をしましたが、良いニュースではないから、自信はなし。

本命馬のコパノリッキーは、中京の1800Mに実績はなく、前走の1200Mもマイナスだから、普通の予想なら、無印にしますね。

むしろ、過去3年間の1着馬と2着馬の共通点を探して出た、サウンドトゥルーとケイティブレイブの方が、自信が合ったりして。

オッズで言うと、サウンドトゥルーとケイティブレイブは、上位人気の組み合わせだから、厚めに買わないとダメでしょう。

もしくは、カウフジテイクを軸に、ワイドか三連複でサウンドトゥルーとケイティブレイブへ流した方が、オッズが良いかも。

あとは、12月1日の金曜日に、「新語・流行語大賞」が発表されるので、そこからヒントが見つかれば、追記でオカルト予想をします。

キシ
「新語・流行語大賞」で、特にヒントがなかったら、このままの予想で、チャンピオンズCを買いますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 競馬