競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

ドスポグ

第62回有馬記念のオカルト予想のヒントは漢字と安室とプレゼンター!

      2017/12/23

競走馬

今年も、あっという間に過ぎ、ついに1年のフィナーレである有馬記念が、ついにやって来ました。

昔から、「終わりよければすべてよし」と言うように、有馬記念を当てれば、この1年は勝ったも同じです。

そんな1年の総決算である、第62回有馬記念のオカルト予想のヒントは、漢字と安室とプレゼンターから探します。

ちなみに、1年の総決算のレースなので、最後にマジメな予想を、久しぶりにご紹介する予定です。

ぜひ、最後こそオカルト予想で、バッチリ当てますので、最後まで飽きずに、ご覧ください。

ド定番な記事ベスト5!

第62回有馬記念の抽選順と枠番!

今年も、生中継された有馬記念の抽選会。さすがに2年連続で、キタサンブラックが、1枠1番ではありませんでした。

さらに、蛯名騎手が3年連続で、大外16番枠かと思ったら、こちらも予想を裏切り、大外ではなかったです。

抽選番号順

抽選順 馬名
1 サウンズオブアース
2 シャケトラ
3 ヤマカツエース
4 ミッキークイーン
5 スワーヴリチャード
6 キタサンブラック
7 サトノクロニクル
8 サトノクラウン
9 トーセンビクトリー
10 レインボーライン
11 ルージュバック
12 シュヴァルグラン
13 サクラアンプルール
14 カレンミロティック
15 クイーンズリング
16 ブレスジャーニー

枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ヤマカツエース 牡5 57.0kg 池添 謙一
2 キタサンブラック 牡5 57.0kg 武 豊
2 3 クイーンズリング 牝5 55.0kg C.ルメール
4 ブレスジャーニー 牡3 55.0kg 三浦 皇成
3 5 トーセンビクトリー 牝5 55.0kg 田辺 裕信
6 サトノクロニクル 牡3 55.0kg 戸崎 圭太
4 7 シャケトラ 牡4 57.0kg 福永 祐一
8 レインボーライン 牡4 57.0kg 岩田 康誠
5 9 サクラアンプルール 牡6 57.0kg 蛯名 正義
10 シュヴァルグラン 牡5 57.0kg H.ボウマン
6 11 ルージュバック 牝5 55.0kg 北村 宏司
12 サトノクラウン 牡5 57.0kg R.ムーア
7 13 ミッキークイーン 牝5 55.0kg 浜中 俊
14 スワーヴリチャード 牡3 55.0kg M.デムーロ
8 15 カレンミロティック せん9 57.0kg 川田 将雅
16 サウンズオブアース 牡6 57.0kg C.デムーロ

キタサンブラックは、1枠2番で最高の枠に入ったのでは。シュヴァルグランは。ギリギリ大丈夫そうな5枠10番。

見た感じの印象としては、キタサンブラックの他は、外枠に入ってしまった気がします。

キシ
やっぱり武豊騎手は、運を持ってますね。

第62回有馬記念の出走馬!

1番人気なりそうなのは、有馬記念がラストランになるキタサンブラックで、すでにG1を3勝しているから、年度代表馬はほぼ確定。

有馬記念で1番人気になると、2017年のレースは、すべて1番人気だったことになり、かなりスゴいですね。

2番人気なりそうなのは、ダービーから休み明けで挑んだ、アルゼンチン共和国杯で、圧巻の走りを見せたスワーヴリチャード

今年の3歳世代は、レイデオロやペルシアンナイトなど、大活躍しているので、この馬も侮れません。

3番人気なりそうなのは、ジャパンカップで念願のG1制覇をしたシュヴァルグランで、鞍上は引き続きH.ボウマン騎手。

注目が集まっているけど、ジャパンカップ馬の有馬記念の成績が、あまり良くないので、そこが不安かも。

他には、エリザベス女王杯で3着だったミッキークイーン、宝塚記念を勝ったサトノクラウン、天皇賞(秋)で3着だったレインボーラインなど。

ダービー馬や菊花賞馬が、今回は不在だけど、古馬の中長距離路線のG1馬が、すべて出走しているから、メンバー的には十分でしょう。

キシ
注目は、ラストランのキタサンブラックが、どんな走りをするかでしょうね。

今年の漢字「北」からオカルト予想!

最後のオカルト予想は、今年の漢字になった「北」を、ヒントにすることで、そうなると、やはりあの馬しかいません。

有終の美を飾り、中山競馬場に『祭り』が流れるかもしれない、オーナーは北島三郎氏、武豊騎手が鞍上のキタサンブラック。

しかし、それだと普通すぎるから、ちょっとだけ捻って、「北は北でも、北村宏司!」かもしれません。

北村宏司騎手が鞍上のルージュバックは、オールカマーに勝っており、トリッキーな中山でも、大丈夫でしょう。

さらに、有馬記念を勝った、ゴールドアクターやマツリダゴッホも、オールカマーに勝ってるから、あり得そうですね。

今年の漢字予想
  • 今年の漢字「北」から北村宏司騎手が鞍上のルージュバック。
キシ
そう言えば、ルージュバックって、まだG1を勝ってないんですよね。

安室奈美恵さんの引退でオカルト予想!

当初は安室奈美恵さんで、オカルト予想をする予定はなかったけど、急転直下で紅白出場が決まったから、採用します。

安室奈美恵さんは、1977年生まれだけど、同じ年に生まれた騎手も調教師おらず、牝馬が来る程度しか考えられない。

そこで、紅白に出場が決まったことから、1枠と3枠の枠番を買うのは、どうでしょうか?

1枠は、ヤマカツエースとキタサンブラック、3枠はトーセンビクトリーとサトノクロニクル。

もしくは、デビュー日であり、引退する日になる、9月16日から、「9-16」の馬連もありなのでは?

9番はサクラアンプルール、16番はサウンズオブアース。

この2つを見ると、紅白の方が可能性がありそうなので、枠連で「1-3」が良さそうです。

安室奈美恵さん予想

安室奈美恵さんの紅白出場から、枠連で紅白の「1-3」。

キシ
配当を考えるなら、枠連ではなく馬連で、キタサンブラックとサトノクロニクルの「2-6」が良いかも。

プレゼンターでオカルト予想!

2016年の有馬記念は、馬単で「11→1」だったけど、これは有馬記念のプレゼンターだった、田中将大投手の誕生日と同じ。

2017年のプレゼンターは、ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が務めるので、誕生日に注目するべきです。

前田健太投手の誕生日は、4月11日なので、「4-11」を買うのはどうでしょうか?

4番はブレスジャーニー、11番はルージュバック、さすがに今年は、ちょっと厳しいかも。

プレゼンター予想

前田健太投手の誕生日から、馬連の「4-11」。

キシ
今年のプレゼンター馬券は、かなり厳しいので、買わない方が良いでしょうね。

最後なのでマジメに過去10年のデータ予想!

最後に、ご紹介するマジメな予想は、過去10年間の有馬記念のデータを元に、自分なりの予想をします。

まずは、人気上位馬の5頭の中を、できるだけ減らしたいので、勝ったレースなどから、取捨を決めました。

キタサンブラックの場合

キタサンブラックは、天皇賞(秋)が1着、ジャパンカップが3着。

天皇賞(秋)を勝った馬の有馬記念の成績は、以下のようになっており、とても苦戦しています。

  • 2015年・ラブリーデイが5着
  • 2012年・エイシンフラッシュが4着
  • 2011年・トーセンジョーダンが5着
  • 2010年・ブエナビスタが2着
  • 2007年・メイショウサムソンが8着

さらに、ジャパンカップで3着以下に限定すると、ブエナビスタが消えてしまい、連帯馬はゼロ。

この結果を踏まえて、キタサンブラックは、思い切って消します。

シュヴァルグランの場合

シュヴァルグランは、ジャパンカップが初めてのG1勝ち。

ジャパンカップを勝った馬の有馬記念の成績は、以下のようになっており、こちらも苦戦しています。

  • 2016年・キタサンブラックが2着
  • 2014年・エピファネイヤが5着
  • 2011年・ブエナビスタが7着
  • 2008年・スクリーンヒーローが5着

該当データ数が少ないので、シュヴァルグランの場合は、他の馬との兼ね合いで、取捨を決定します。

スワーヴリチャードの場合

スワーヴリチャードは、最強世代と言われる3歳馬で、ダービー2着、アルゼンチン共和苦国杯で1着。

3歳馬の場合は、有馬記念で連帯をした三冠の結果は、以下のようになっています。

  • 2016年・サトノダイヤモンドが1着(皐月賞3着・ダービー2着・菊花賞1着)。
  • 2014年・トゥザワールドが2着(皐月賞2着・ダービー5着・菊花賞16着)。
  • 2012年・ゴールドシップが1着(皐月賞1着・ダービー5着・菊花賞1着)。
  • 2011年・オルフェーヴルが1着(皐月賞1着・ダービー1着・菊花賞1着)。
  • 2010年・ヴィクトワールピサが1着(皐月賞1着・ダービー3着・菊花賞は不出走)。

上記で共通してるのは、皐月賞で3着以上、ダービーで5着以上、この2点が必要。

しかし、スワーヴリチャードは、皐月賞で6着に敗れており、中山適性が厳しそうなので、厳しいでしょう。

ミッキークイーンの場合

ミッキークイーンは、宝塚記念で3着、エリザベス女王杯で3着、秋は1戦しかしていない5歳の牝馬。

牝馬の場合は、過去に連帯した牝馬のG1の成績から、取捨を検討します。

  • 2014年・ジェンティルドンナが1着(G1を6勝)。
  • 2010年・ブエナビスタが2着(G1を5勝)。
  • 2009年・ブエナビスタが2着(G1を3勝)。
  • 2008年・ダイワスカーレットが1着(G1を3勝)。
  • 2007年・ダイワスカーレットが2着(G1を3勝)。

さらに、ブエナビスタとダイワスカーレットは、3歳時に連帯。4歳以上に限定すると、すべての馬に、牡馬との混合戦のG1で、2着以上の経験がある。

上記を踏まえると、G1が2勝で牡馬の混合戦のG1で連帯がないミッキークイーンは、消すしかありません。

サトノクラウンの場合

サトノクラウンは、宝塚記念で優勝しており、天皇賞(秋)が2着、ジャパンカップが10着。

宝塚記念を勝った馬の有馬記念の成績は、以下のようになっており、そこそこ善戦しています。

  • 2016年・マリアライトが10着。
  • 2015年・ラブリーデイが5着。
  • 2014年・ゴールドシップが3着。
  • 2013年・ゴールドシップが3着。
  • 2011年・アーネストリーが10着。
  • 2009年・ドリームジャーニーが1着。

一応、1着が1回で3着が2回もあるので、サトノクラウンは念のため、抑えた方が良さそうです。

6番人気位以降の馬の共通点

6番人気以降の馬の場合は、過去に連帯した6番人気以降の馬の共通点を探して、そこから取捨を決めます。

ちなみに、6番人気以降の馬で、連帯をしたのは、以下の6頭です。

  • 2015年・ゴールドアクターが1着。
  • 2014年・トゥザワールドが2着。
  • 2012年・オーシャンブルーが2着。
  • 2011年・エイシンフラッシュが2着。
  • 2008年・アドマイヤモナークが2着。
  • 2007年・マツリダゴッホが1着。

この6頭の共通点は、以下の2点です。

  • 同年に2000M以上のG2で1着か、2000M以上のG1で2着。
  • 2200M以上の距離で2着以上がある。

この2つをクリアしている、6番人気以下の馬は、シャケトラとルージュバックのみ。

ただし、人気薄の牝馬は好走例がないので、6番人気以下からはシャケトラを買います。

過去10年のデータ予想の買い目

有馬記念は、比較的に堅い場合もあるから、上位5番人気以内に入る2頭を、まずはピックアップ。

そうなると、該当データが少ないシュヴァルグラン、過去に1着があった宝塚記念を勝ったサトノクラウン、この2頭に決定。

人気薄からは、条件に該当したシャケトラを買うので、この3頭の馬連ボックスが、過去10年のデータ予想です。

過去10年のデータ予想

5枠10番のシュヴァルグラン、6枠12番のサトノクラウン、4枠7番のシャケトラ。この3頭の馬連ボックスです。

キシ
完全に内枠を、無視してしまいました。

まとめ

3つほどオカルト予想をしたけど、手ごたえが全くないので、今回もあまり信用しない方が、良いかもしれません。

もし、オカルト予想で馬券を購入するなら、ルージュバックがおすすめなので、予想に組み入れるのはどうでしょうか。

ルージュバックは、今年の漢字とプレゼンターで該当しており、3着までなら可能性は、ありそうですからね。

ちなみに、森友学園の問題、漢字の「忖度」、大相撲で、オカルト予想をしたかったけど、ヒントが見つかりませんでした。

自信のあるオカルト予想が、見つからないと言うことは、今年の有馬記念は、堅いか荒れるかの両極端だったりして。

キシ
有馬記念が終わっても、まだホープフルSがありますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 競馬