競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

ドスポグ

第59回宝塚記念のオカルト予想は4年に1回のW杯にヒントがあった!

      2018/06/24

第59回宝塚記念

こんにちは。上半期の総決算・宝塚記念を当てて、楽しい下半期を迎えたい、馬券師の独身ブロガー・キシです。

今年は、W杯が行われているので、宝塚記念の予想をしながら、サッカーを見ている人も、多いでしょうね。

そこで今回は、4年に1回のW杯を、オカルト予想のヒントに使い、上半期を最高の結果で、締めくくります。

第59回宝塚記念は、小粒なメンバーだけど、注目をしているのは、サトノダイヤモンドとワーザー。

もちろん、今回も懲りずに、マジメな予想もするので、オカルト予想と合わせて、参考にしてください。

ド定番な記事ベスト5!

第59回宝塚記念の出走馬!

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ステファノス 牡7 58.0kg 岩田 康誠
2 ノーブルマーズ 牡5 58.0kg 高倉 稜
2 3 サトノダイヤモンド 牡5 58.0kg C.ルメール
4 ミッキーロケット 牡5 58.0kg 和田 竜二
3 5 ストロングタイタン 牡5 58.0kg 川田 将雅
6 アルバート 牡7 58.0kg 藤岡 康太
4 7 パフォーマプロミス 牡6 58.0kg 戸崎 圭太
8 ダンビュライト 牡4 58.0kg 武 豊
5 9 サトノクラウン 牡6 58.0kg 石橋 脩
10 ヴィブロス 牝5 56.0kg 福永 祐一
6 11 サイモンラムセス 牡8 58.0kg 小牧 太
12 タツゴウゲキ 牡6 58.0kg 秋山 真一郎
7 13 ワーザー せん7 58.0kg H.ボウマン
14 スマートレイアー 牝8 56.0kg 松山 弘平
8 15 ゼーヴィント 牡5 58.0kg 池添 謙一
16 キセキ 牡7 58.0kg M.デムーロ

1番人気なりそうなのは、不振にあえいでいるサトノダイヤモンドで、どのくらい復調しているかが、取捨のポイントでしょう。

あとは、当日の天気が悪そうだから、良馬場向きのサトノダイヤモンドにとって、かなり不利になるかも。

2番人気なりそうなのは、2017年の菊花賞の優勝馬・キセキで、ここ2戦を凡退しており、こちらも復調が、ポイントになりそう。

キセキの場合、良馬場でも不良馬場でも勝っているから、馬場が悪くっても、特に問題ありませんね。

3番人気なりそうなのは、2017年のドバイターフの優勝馬・ヴィブロスで、斤量の56kgと2200Mの距離が、ちょっと心配。

あとは、絶縁の噂があった、佐々木主浩オーナーの馬に、福永祐一騎手が乗るので、こちらも注目ですね。

4番人気以下は、去年の宝塚記念の優勝馬・サトノクラウン 、香港から参戦のワーザー、G1馬は全部で、5頭ほど出走します。

キシ
できれば、良馬場で見たいけど、天気が悪いから、たぶん無理でしょうね。

今年は4年に1回のW杯が行われる年!

第59回宝塚記念のオカルト予想は、W杯にヒントが、あるはずなので、4年に1回を注目しました。

そこで、日本が初出場した1998年から、4年ごとに宝塚記念の結果を、表にまとめると、ある法則を発見。

この法則通りに、宝塚記念を予想すれば、間違いなく馬券が、当たるはずですよ。

2014年の宝塚記念の結果

着順 馬名 性齢 騎手 人気
1 ゴールドシップ 牡5 横山典弘 1
2 カレンミロティック セ6 池添謙一 9
3 ヴィルシーナ 牝5 福永祐一 8

2010年の宝塚記念の結果

着順 馬名 性齢 騎手 人気
1 ナカヤマフェスタ 牡4 柴田善臣 8
2 ブエナビスタ 牝4 横山典弘 1
3 アーネストリー 牡5 佐藤哲三 3

2006年の宝塚記念の結果

着順 馬名 性齢 騎手 人気
1 ディープインパクト 牡4 武豊 1
2 ナリタセンチュリー 牡7 田島裕和 10
3 バランスオブゲーム 牡7 田中勝春 9

2002年の宝塚記念の結果

着順 馬名 性齢 騎手 人気
1 ダンツフレーム 牡4 藤田伸二 1
2 ツルマルボーイ 牡4 河内洋 4
3 ローエングリン 牡3 横山典弘 3

1998年の宝塚記念の結果

着順 馬名 性齢 騎手 人気
1 サイレンススズカ 牡5 南井克巳 1
2 ステイゴールド 牡5 熊沢重文 9
3 エアグルーヴ 牝6 武豊 3
キシ
データは、1998年、2002年、2006年、2010年、2014年、過去5回です。

第59回宝塚記念のオカルト予想の本命馬!

前述の表を、見れば分かる通り、W杯からのオカルト予想は、ズバリ1番人気が連帯するので、本命はサトノダイヤモンドです。

ここ最近は、あまり結果を残していないけど、2番人気以下になるとは、ちょっと考えられないから、大丈夫でしょう。

調子さえ戻れば、サトノダイヤモンドが、このメンバーで負けるとは思えず、本調子になっていることを、あとは願うだけ。

鞍上も、戸崎圭太騎手から、C.ルメール騎手に戻るし、ここで勝ち負けしないと、秋競馬の中心になれませんからね。

オカルト予想の本命馬!

1番人気が予想されるサトノダイヤモンドが本命です。

キシ
このメンバーなら、80%のデキでも、勝ち負けしないと、ヤバいですね。

相手の条件はG2勝ちかG1で2着があること!

相手の条件は、引き続きW杯からで、連帯した1番人気以外の馬を、ヒントに予想をします。

該当馬は、カレンミロティック、ナカヤマフェスタ、ナリタセンチュリー、ツルマルボーイ、ステイゴールド、この5頭。

この5頭から、相手の馬のヒントを、探しましたところ、以下のようになりました。

  • 5頭中4頭に2000M以上のG2勝ち。
  • 残りの1頭に2000M以上のG1で2着。
  • G1で勝ったことは一度もない。
  • 年齢はすべて7歳以下の牡馬。
  • 近1年以内に連帯実績がある。
  • このレースが初騎乗ではない。
  • 騎乗する騎手で勝ち鞍がある。

上記の条件を、出走馬に照らし合わせると、該当したのは、以下の3頭のみ。

  • ステファノス(G1・大阪杯で2着)
  • ミッキーロケット(G2・日経新春杯で1着)
  • パフォーマプロミス(G2・日経新春杯で1着)

敢えて、この2頭に順番をつけるなら、年齢が気になるけど、G1で2着が3回もあるステファノス。

ステファノスは、シルバーコレクターの雰囲気があり、1998年のステイゴールドに、少し似てる気がします。

ミッキーロケットは、京都巧者の雰囲気があり、阪神の馬場が不安なので、次点の評価です。

パフォーマプロミスは、人気になり過ぎているから、三連複で勝った方が、良いかしれません。

オカルト予想の対抗以下の馬!

1番手にステファノス。2番手にミッキーロケット。この2頭が相手。パフォーマプロミスは、三連複で買うべし。

キシ
馬券は、サトノダイヤモンドから、ステファノスとミッキロケット、この2頭へ流します。

マジメな予想は要らないのでもう1つオカルト予想!

本来は、マジメな予想をするところですが、実は、マジメな予想の本命も、サイトノダイヤモンド。

そこで、日本が奇跡的に、W杯の初戦を勝ったので、ここからもう1つ、オカルト予想をすることにしました。

日本がW杯で、勝ち点を上げたのは、2002年と2010年の2回なので、この年の宝塚記念が引き続きヒント。

ただし、1つ目のオカルト予想と同じでは、おもしろくないので、少し違う観点から、本命と対抗を探します。

連対した4頭の共通点

2002年と2010年で、連帯した4頭には、以下のような共通点が、2個ありました。

  • 前走はすべて2着以上の成績。
  • 重賞で勝ったことがある。

前走で連帯したのは、ノーブルマーズ、ストロングタイタン、ヴィブロス、サイモンラムセスの4頭。

さらに、この中で重賞勝ちがあるのは、わずか2頭しかおらず、馬連の1点で予想は決まり。

  • ストロングタイタン(前走1着・鳴尾記念1着)
  • ヴィブロス(前走2着・秋華賞1着など)

かなり単純な予想だけど、2つ目のオカルト予想は、ストロングタイタンとヴィブロスに決定です。

2つ目のオカルト予想!

ストロングタイタンとヴィブロスの馬連「5-10」です。

キシ
この予想は、サトダイがコケたときの保険ですね。

まとめ

第59回宝塚記念は、人気上位馬の状態が、ポイントになりそうなので、調教とパドックに注目しています。

調教のタイム、極端な馬体重の増減、当日のイレ込み具合など、最終チェックしてから、決めた方が良さそう。

特にサトノダイヤモンドは、前走の大敗が気になるので、パドックを見てから、判断するべきでしょう。

他にも、キセキは休み明け、ヴィブロスは海外遠征帰り、この2頭も、絶対的な信頼は、正直に言って置けない。

一発があるとすれば、不気味な香港馬のワーザーで、馬体がガレていなければ、ちょっと怖いですね。

キシ
さすがに、1番人気、2番人気、3番人気、この3頭では、決まらないでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 競馬