【桜花賞 2019】データ予想&オカルト予想!今年も堅い決着?

2019年桜花賞データ予想 競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第79回桜花賞は、4月1日に新元号が発表さて最初のG1であり、なおかつ平成最後の桜花賞でもあります。

さらに、4月3日には第67回桜花賞で2着だったウオッカが亡くなり、弔いレースになるかもしれません。

そんな第79回桜花賞は、有力馬の出走回避がほぼ無く凄い好メンバーが揃いました。

特にダノンファンタジーとグアンアレグリアの対決は、馬券に関係なくどちらが強いか見たいですね。

ただし、馬券的には有力馬が出揃うと堅い決着になりそうな予感がするので、穴党には厳しいレースかも。

ちなみに今回はデータ予想だと手堅い結果になったので、久しぶりにオカルト予想をしてみました。

【2019年】桜花賞の出走馬

  • 開催日:2019年4月7日(日)
  • コース:阪神競馬場
  • 芝:1600M
馬名
性齢(所属)
騎手(斤量)
前走
11シェーングランツ
牝3(美浦)
武 豊(55.0)
2019.03.02
チューリップ G2
5着(2人気)
芝1600(阪神)
2エールヴォア
牝3(栗東)
松山 弘平(55.0)
2019.03.16
フラワーC G3
2着(1人気)
芝1800(中山)
23ノーブルスコア
牝3(栗東)
岩田 康誠(55.0)
2019.03.02
チューリップ G2
3着(7人気)
芝1600(阪神)
4クロノジェネシス
牝3(栗東)
北村 友一(55.0)
2019.02.11
クイーンC G3
1着(1人気)
芝1600(東京)
35ルガールカルム
牝3(美浦)
三浦 皇成(55.0)
2019.03.10
アネモネ
1着(2人気)
芝1600(中山)
6ホウオウカトリーヌ
牝3(美浦)
大野 拓弥(55.0)
2019.03.10
Fレビュー G2
10着(4人気)
芝1400(阪神)
47アウィルアウェイ
牝3(栗東)
石橋 脩(55.0)
2019.03.10
Fレビュー G2
7着(1人気)
芝1400(阪神)
8グランアレグリア
牝3(美浦)
C.ルメール(55.0)
2018.12.16
朝日杯FS G1
3着(1人気)
芝1600(阪神)
59アクアミラビリス
牝3(栗東)
M.デムーロ(55.0)
2019.03.10
エルフィン
1着(3人気)
芝1600(京都)
10フィリアプーラ
牝3(美浦)
丸山 元気(55.0)
2019.01.12
フェアリー G3
1着(3人気)
芝1600(中山)
611メイショウケイメイ
牝3(栗東)
古川 吉洋(55.0)
2019.03.10
Fレビュー G2
5着(5人気)
芝1400(阪神)
12ノーワン
牝3(栗東美浦)
坂井 瑠星(55.0)
2019.03.10
Fレビュー G2
1着(12人気)
芝1400(阪神)
713ジュランビル
牝3(栗東)
松若 風馬(55.0)
2019.03.10
Fレビュー G2
3着(6人気)
芝1400(阪神)
14ビーチサンバ
牝3(栗東)
福永 祐一(55.0)
2019.02.11
クイーンC G3
2着(2人気)
芝1600(東京)
15ダノンファンタジー
牝3(栗東)
川田 将雅(55.0)
2019.03.02
チューリップ G2
1着(1人気)
芝1600(阪神)
816シゲルピンクダイヤ
牝3(栗東)
和田 竜二(55.0)
2019.03.02
チューリップ G2
2着(4人気)
芝1600(阪神)
17レッドアステル
牝3(美浦)
戸崎 圭太(55.0)
2019.03.10
アネモネ
2着(3人気)
芝1600(中山)
18プールヴィル
牝3(栗東)
秋山 真一郎(55.0)
2019.03.10
Fレビュー G2
1着(3人気)
芝1400(阪神)

1人気の推されるのは、初勝利から4連勝中(うち重賞を3連勝)のダノンファンタジー

阪神の1600Mは3戦3勝と負け知らずので、同じ舞台の桜花賞で負けるとは考えずらいかも。

2人気の推されるのは、牝馬ながら朝日杯FSに挑戦したグランアレグリア

ぶっつけ本番のローテーションが心配で、ソフト仕上げの藤沢厩舎だけに当日の状態に注目。

3人気の推されるのは、大阪杯で初G1制覇をした北村友一騎手が鞍上のクロノジェネシス

阪神JFは出遅れが響いての2着だっただけに、1着馬を負かすチャンスはありそうです。

4番人気以下は、阪神JFで3着だったビーチサンバ。阪神JFで4着だったシェーングランツなど。

データ予想は手堅い決着になりそうな予感?

【桜花賞 2019】過去10年間の1着から3着の必勝データ!
2019年の桜花賞の過去10年間データは、2009年から2018年が対象。 後ほどご紹介しますが、2009年から2018年の優勝馬は以下の10頭。 2009年 ブエナビスタ(安藤 勝己

過去のデータから読み取ると3着以内に、ほぼ1番人気から3番人気の馬が2頭ほど入っています。

1頭も入っていなかったのは、2015年の桜花賞をスローペースで逃げ切ったレッツゴードンキ。

2015年の上位人気の敗退原因

この年の1番人気はルージュバックで、桜花賞が初のマイルで今考えると明らか距離不足。

2番人気のココロノアイは、前走が5番人気の重馬場で勝利しており過剰人気だったのかも。

今年の桜花賞の上位人気で不安な馬

今年の桜花賞の上位人気で不安なのは、前走が朝日杯FS組(3か月半休養)のグランアレグリが筆頭。

ちなみに前走が前年だった馬は、阪神JF1着から転戦の2014年2着のレッドリヴェール(3戦3勝)のみ。

他にはソフト仕上げでお馴染みの藤沢厩舎だけに、長期休養明けの人気馬は手が出しづらく消しが妥当でしょう。

クロノジェネシスは前走がクイーンCで、このレースから3着以内だったのは、過去10年でわずか2頭のみ。

2013年以降は、1番人気だったメジャーエンブレムも負けており、あまり験の良いレースとは言えません。

さらに過去10年間で1度も3着以内がない死に目の2枠に入ったので、こちらも消しが妥当でしょう。

1番人気のダノンファンタジーの相手探し

【桜花賞 2019】過去10年間の1着から3着の必勝データ!
2019年の桜花賞の過去10年間データは、2009年から2018年が対象。 後ほどご紹介しますが、2009年から2018年の優勝馬は以下の10頭。 2009年 ブエナビスタ(安藤 勝己

1番人気のダノンファンタジーは、データ上で死角が見つからず、3着以内は間違いありません。

データを踏まえると、2019年の桜花賞は4番人気以外から2頭を探せば、データ上は当たります。

軸は1番人気の⑮ダノンファンタジー

3着馬の候補で残ったのは2頭

過去10年間の3着馬の条件は、2012年を除くと初勝利から2連勝以上が条件です。

データを踏まえると該当馬は上記の2頭を消した上で、以下の5頭が残ります。

①シェーングランツ
⑦アウィルアウェイ
⑩フィリアプーラ
⑫ノーワン
⑱プールヴィル

さらにこの中から、過去10年で3着以内がないフェアリーS組のフィリアプーラは消し。

Fレビュー組は2着以内が条件なので、7着だったアウィルアウェイは消し。

他には過去10年間で10番人気以降は2連対しかないので、ノーワンプールヴィルは厳しそう。

結果的に残ったのは、シェーングランツのみなので、3着馬候補としておすすめします。

ちなみに、人気が関係なければ大穴としてプールヴィルがおすすめ。

理由はFレビュー組で3着以内だった3頭すべてが阪神JFを使ってるからです。

基本は①シェーングランツ
大穴は⑱プールヴィル

2着馬の候補で残ったのは1頭

消しの2頭を除き過去10年のデータでは以下の3頭が該当しました。

⑤ルガールカルム
⑨アクアミラビリス
⑱プールヴィル

この中でルガールカルムは、過去10年で3着以内がないアネモネS組なので消し。

さらに二けた人気馬が入ったことは過去10年以内にはなく、プールヴィルも厳しいでしょう。

結果的に残ったのは、アクアミラビリスなのでこの馬を2着候補とします。

残ったのは⑨アクアミラビリス

データ予想での馬券の買い方

前にも書きましたが、過去10年間で上位人気馬総崩れが1度しかなく、基本的に桜花賞は人気サイドで決まるレース。

データを踏まえると、クロノジェネシス・グランアレグリアの2頭を消すのは、やや危険かもしれません。

そこでまず本線として、⑮ダノンファンタジー①シェーングランツ⑨アクアミラビリスの3連複を買います。

次に人気薄だけど候補に挙がった⑱プールヴィルと1番人気の⑮ダノンファンタジーを軸に3連複を買います。

相手は冒頭で消した人気馬の④クロノジェネシス⑧グランアレグリア

過去10年間のデータでは、合計3点の3連複が勝負馬券です。

桜花賞の馬券・1-9-15 桜花賞の馬券・4-15-18 桜花賞の馬券・8-15-18

オカルト予想①は新元号の「令和」がヒント

2019年4月1日に新元号が「令和(レイワ)」と決まりました。

そこで馬名から「令和(レイワ)」を作れないか探すと、「」が2頭「」が2頭「」が1頭、それぞれ発見。

⑧グランアグリア
ッドアステル
⑦アウィルアウェ
⑯シゲルピンクダ
⑫ノー

上記の5頭を上手に組み合わせると、新元号の「令和(レイワ)」になるので、もしかしたら来るかもしれません。

組み合わせは以下のようなパターンで、ベストは三連単だけど安全策の三連複も捨てがたいですね。

⑧→⑦→⑫
⑧→⑯→⑫
⑰→⑦→⑫
⑰→⑯→⑫

ちなみに、英語で説明する際の「Beautiful Harmony」が馬名に入った馬はいませんでした。

オカルト予想②は名牝ウオッカの死がヒント!

2019年4月3日に名牝と言われたウオッカが亡くなりました。

牝馬で7冠を達成しており、特に注目したいのは、ダービー・安田記念・天皇賞(秋)・ジャパンカップ。

2006年・阪神JF(四位洋文)
2007年・東京優駿(四位洋文)
2008年・安田記念(岩田康誠)
2008年・天皇賞(秋)(武豊)
2009年・ヴィクトリアマイル(武豊)
2009年・安田記念(武豊)
2009年・ジャパンC(C.ルメール)

当初の主戦は四位洋文騎手でしたが、2008年以降は武豊騎手が主戦、最後の2レースはC.ルメール騎手。

今年の桜花賞に四位洋文騎手は騎乗しておらず、該当の騎手では一番にウオッカでG1を勝った武豊騎手。

そう言えば今年の高松宮記念の前にキングヘイローが亡くなり、主戦だった福永祐一騎手が勝ちました。

このパターンを踏まえると、武豊騎手の背中をウオッカが押してくれるかもしれません。

ちなみに、武豊騎手は平成最初の桜花賞をシャダイカグラで勝っています。

①シェーングランツ(武豊)
春の選抜高校野球の優勝校は、平成元年に優勝した東邦高校だったから、桜花賞も連動してりして。

桜花賞のデータ予想&オカルト予想まとめ

今年の桜花賞はダノンファンタジーが鉄板だけど、相手探しがやや難解なレースになりそうな予感。

グランアレグリアは3月半の休み明け、クロノジェネシスは不安なクイーンC組、どちらも不安が残ります。

ただし、データ上は人気馬が強いのでどちらか1頭を選び、やや人気薄に流せば当たるのではないでしょうか。

オカルト予想に関しては、かなり無理がある予想なので、お金に余裕がある方だけお楽しみください。

競馬予想
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ドスポグ