競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

ドスポグ

外様はキライ!巨人も西武も監督を生え抜きにこだわる必要がありますか?

      2016/10/06

バッター

ジャイアンツ(巨人)は、昔から生え抜きの監督しかいませんが、最近は、西武ライオンズも生え抜きの監督にこだわっているみたいです。個人的には、歴史と伝統を重んじることが悪いとは言わないけど、チームを強くするためだったら、生え抜きになんてこだわっている場合じゃないと思います。特に、西武ライオンズもジャイアンツ(巨人)も黄金時代を築き上げたチーム同士なので、昔のように日本シリーズで戦うところを見たいですから。西武ライオンズもジャイアンツ(巨人)のように、歴史と伝統を重んじて、生え抜きにこだわるのが良いのか、それともチームを強くするために、外部から監督を招へいするのが良いのか、どちらが正しい選択なのでしょうか?

ド定番な記事ベスト5!

西武ライオンズの次期監督!

2016年シーズンの監督は、山梨県出身の田辺徳雄監督でしたが、今シーズンをもって退任が決まりました。

田辺徳雄監督は、西武の黄金時代を築いた一人でしたが、監督として結果を出せなかったので、仕方がない部分もありますね。

個人的には、同じ山梨県民として、頑張って欲しかったので残念です。

西武は、次期監督のリストアップを終わらせているでしょうから、ニュースで言われている中日ドランゴンズでコーチをしている辻発彦氏に決まりそうです。

辻発彦氏も、監督の要請に前向きな発言をしているらしいのですが、ちょっと気になったのは、確か辻発彦氏は西武と仲たがいだったのではありませんか?

西武を自由契約になり、ヤクルトへ移籍して引退、その後はヤクルトでコーチ、ワールド・ベースボール・クラシック日本代表内野守備・走塁コーチ、そして、現在は中日でコーチをしています。

辻発彦氏がどう思っているのか分かりませんが、チームから追い出されて、全くコーチの声も掛けなかったのに、今さらなんだよ!とは思わないのでしょうか。

それとも、西武はずっと辻発彦氏にコーチや監督のオファーを出していたのでしょうか?

自分にはよく分からないので、西武ライオンズのファンがいたら、ぜひTwitterで教えて欲しいです。

ところで、西武ライオンズは森祇晶氏のあとの監督は、すべて生え抜きの選手を監督にしていますよね。

東尾修氏、伊原春樹氏、伊東勤氏、渡辺久信氏、田辺徳雄氏とすべて、西武ライオンズにドラフトで入団した選手が監督になっています(伊原春樹氏の場合は西鉄ライオンズ)。

なんで、ここまで生え抜きに、こだわるのかが分かりませんが、西武ライオンズの歴史と伝統に関係しているのでしょうか?

キシ
辻初彦氏のちょっと前は、秋山幸二氏がウワサになっていましたね。どちらも西武が放出している選手なのに、声を掛けるってちょっとスゴいです。

ジャイアンツは由伸で大丈夫?

西武よりも、さらに生え抜きにこだわっているのが、ジャイアンツ(巨人)です。

ドンこと川上哲治氏のあとの監督は、すべてジャイアンツ(巨人)の生え抜きの選手が監督をしています。

長嶋茂雄氏、藤田元司氏、王貞治氏、原辰徳氏、堀内恒夫氏(記憶から消し去りたい)は、すべて生え抜きの元選手です。

ちなみに、西武ライオンズでは、山梨県出身だったので田辺監督を応援していましたが、堀内恒夫氏がジャイアンツ(巨人)の監督のときは、全く監督を応援することはありませんでした。

ハッキリ言って、堀内恒夫氏はジャイアンツ(巨人)の黒歴史なので、自分は山梨県出身でも、記憶から完全に消しています。

ちょっと、ジャイアンツ(巨人)の黒歴史を思い出して、興奮してしまいました。すみません。

話を戻して、2016年は、原監督の退任により、現役を続行する予定だった高橋由伸選手に現役を引退をしてもらって、監督に就任をさせました。

伝統と格式を重んじているから、生え抜きにこだわるのでしょうが、今どき、生え抜きにこだわる必要がどこにあるのでしょうか?

「名選手、名監督にあらず」と言うように、選手時代のネームバリューだけでは名監督にはなれません。

チームを強くするのであれば、選手を育てる力と采配力がある人を、監督として招へいするべきです。

仮にその監督が、阪神の生え抜きであろうとも、広島の生え抜きであろうとも、自分は全く問題ないと思っています。

見栄えが良くてチームが強くなるのであれば、高橋由伸監督でも問題はないけど、見栄えが良くてチームが強くなることはありません。

本当にチームを強くするのであれば、生え抜きにこだわるのではなく、強いチームを作れる監督を呼ぶべきです。

ジャイアンツ(巨人)の場合は、FAで他球団から選手をお金で獲得しているのに、監督は全員が生え抜きって、どう考えても変です。

自分としては、選手は自分たちで育てて、監督を外部から招へいするのが正しいと思います。

キシ
今さらですが、高橋由伸氏を監督にするのは早かったですね。原辰徳氏のようにヘッドコーチを経てから監督にするべきでした。もう遅いけど。

個人的にはこんな監督がイイ!

歴史と伝統を重んじているジャイアンツ(巨人)ファンの人は、絶対に反対をするでしょうが、自分は前述通り、外部から監督を招へいするべきだと思っています。

高橋由伸監督は、まだ1年目の監督なので、2016年の成績は仕方がないとも言えますが、他球団なら許されてもジャイアンツ(巨人)では許されません。

正直に言えば、監督してではなくコーチで修業をもっと積ませてから、監督にするべきだったと思っています。

生え抜きにこだわるのだったら、現在、3軍の監督をしている川相昌弘氏を監督にするべきだったと思いますが、たぶん上層部は、見栄えの点で川相昌弘氏ではなく高橋由伸氏を選んだのではないでしょうか。

今季は仕方がないとしても、来季も同じような成績だった場合には、高橋由伸監督の進退問題が起こることは避けられません。

それを考えると、またFAで選手を取ってチームを強くさせるのでしょうが、そんなことをするなら、外部から監督を招へいすれば良かったんです。

そして、その監督の下で高橋由伸氏がコーチとして、監督の「いろは」を教えてもらうべきだったのです。

もし、外部から監督を招へいできるなら、絶対に実現しないだろうけど、自分としてはこの人に来て欲しいと思っています。

その人とは、年齢的にもう不可能ですが、ずっと前から野村克也氏に、ジャイアンツ(巨人)の監督になって欲しかったです。

野村克也氏の野球理論がジャイアンツ(巨人)に加われば、向かうところ敵なしとは言わないけども、FAで選手を取らなくても十分に強くなるはずです。

年齢的には無理だから、せめて野村克也氏のように理論がしっかりいている監督を外部から招へいして、チームを強くするべきです。

もしくは、ソフトバンクをあれで強くした秋山幸二氏でも、全然問題ないのですが、ジャイアンツ(巨人)が聞いたら、ダメって言われるでしょうね(ソフトバンクファンにも言われそう)。

キシ
仮に、高橋由伸監督を解任するようなことになったら、次は誰にする気なんでしょうね。どうしても、生え抜きにこだわるのなら、自分は前述の川相3軍監督を1軍の監督にして欲しいです。

まとめ

西武ライオンズにしろジャイアンツ(巨人)にしろ、外部から監督を招へいしないと、チームが強くなれないと思います。

歴史や伝統を考えれば、生え抜きにこだわりたい気持ちも分かりますが、歴史や伝統を重んじていれば、チームが強くなるわけではありません。

良い選手を獲得するのも必要だけれども、その選手を育てる力がなければ、せっかく獲得した選手をダメにしてしまいます。

特に、西武ライオンズが強かった頃は、ドラフトの下位や外の選手を育て上げて強くなったから、監督の力はとても重要です。

西武ライオンズに関しては、このままだと辻発彦氏になりそうですが、辻発彦氏になら他のチームのコーチの経験があるので、ジャイアンツ(巨人)よりは良いと思います。

ジャイアンツ(巨人)の場合は、そろそろ生え抜きにこだわるのを止めて、外部から監督を招へいして、血の入れ替えをする時期に来ているのではないでしょうか。

高橋由伸監督は、3年契約らしいですが、2017年シーズンの結果次第では解任も有り得るので、そうなっては困りますが、最悪のケースを考えて、次期監督は外部から監督を招へいして欲しいです。

キシ
辻発彦氏のように、他のチームでコーチの経験がある生え抜きなら、問題なさそうですね。それを考えると中畑清氏でも良さそうです。でも、高橋由伸監督のあとではやりたくないかなぁ。

追記.辻監督誕生!

西武ライオンズは、2年の契約期間で辻発彦氏を監督に就任させると発表しました。

辻監督は、就任会見で「監督の話がくるとは思わなかった。驚きまいした。」と話しています。

一部のニュースでは、中継ぎ監督ではと言っていますが、西武の黄金時代に不動のレギュラーだった辻監督なら、結果を残して長期政権になる可能性もありそうです。

ジャイアンツファンは、辻監督が選手時代に、日本シリーズでクロマティの緩慢なプレーを読み、センター前ヒットでセカンドへ行ったのは、忘れられませんからね。

辻監督だったら、守って走れるチームにして来ると思うので、来シーズンのスタメンがどうなるか楽しみです。

ジャイアンツファンとしては、日本シリーズで西武ライオンズと戦って、クロマティの借りを返したいです。

キシ
コーチ陣も、黄金期の選手たちを呼ぶのでしょうか?辻監督は、他のチームでのコーチの経験があるので、西武ライオンズに新しい風が吹くかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 野球