競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

ドスポグ

第79回オークスのオカルト予想のヒントは英国王子の奥さんにあり!

      2018/05/19

競走馬

先週のヴィクトリアマイルは、アドマイヤリードが、全くかすりもせず、かなりショックな、馬券師の独身ブロガーのキシです。

ヴィクトリアマイルの負けは、オークスで取り戻せば良いので、少し堅そうだけど、今週こそ当てて、ダービーを迎えたい。

そんな第79回オークスは、競馬と縁のある英国のヘンリー王子が、5月19日に結婚するので、奥さんがヒントでしょう。

さらに、2018年のG1の傾向からも、第79回オークスの予想を、2つもするので、最低でも1つは、当ってくれるはず。

第79回オークスは、ヘンリー王子の結婚、2018年のG1の傾向(2つ)、毛利元就のような三本の矢で、予想しますよ。

ド定番な記事ベスト5!

第79回優駿牝馬の有力馬!

枠番馬番馬名性齢斤量騎手
11リリーノーブル牝355.0kg川田 将雅
2ラッキーライラック牝355.0kg石橋 脩
23マウレア牝355.0kg武 豊
4トーセンブレス牝355.0kg柴田 善臣
35カンタービレ牝355.0kg田辺 裕信
6オールフォーラヴ牝355.0kg和田 竜二
47トーホウアルテミス牝355.0kg松若 風馬
8サトノワルキューレ牝355.0kgM.デムーロ
59シスターフラッグ牝355.0kg岩田 康誠
10レッドサクヤ牝355.0kg福永 祐一
611パイオニアバイオ牝355.0kg北村 宏司
12サヤカチャン牝355.0kg松岡 正海
713アーモンドアイ牝355.0kgC.ルメール
14ランドネ牝355.0kg内田 博幸
15ウスベニノキミ牝355.0kg三浦 皇成
816ウインラナキラ牝355.0kg大野 拓弥
17ウインラナキラ牝355.0kg戸崎 圭太
18オハナ牝355.0kg藤岡 康太

1番人気になるのは、桜花賞馬のアーモンドアイで、最後の3ハロンが、ただ1頭だけ33秒台を出し、本当に強い走りでした。

アーモンドアイの場合、やはり2400Mの距離が心配だけど、母の戦歴を見る限り、普通に持ちそうですね。

2番人気になるのは、桜花賞で2着だったラッキーライラックで、父と母の血統を見る限り、2400Mは全く問題ないでしょう。

ラッキーライラックの場合、パンパンの馬場よりも、渋った方が良さそうなので、週末の天気に注目ですね。

3番人気になるのは、フローラSを勝ったサトノワルキューレで、内容の濃いレースだったから、桜花賞組に対抗できるかも。

サトノワルキューレの場合、最後方から追い込んだので、疲れが取れているのかが、ポイントになりそうですね。

他には、桜花賞で3着のリリーノーブル、桜花賞で5着のマウレア、忘れな草賞で1着のオールフォーラヴなどが、出走します。

キシ
上位人気馬は、かなり骨っぽいので、堅いレースになるかもしれませんね。

今年のG1の傾向は同じ騎手が勝ってない!

優勝馬騎手
フェブラリーSノンコノユメ内田 博幸
高松宮記念ファインニードル川田 将雅
大阪杯スワーヴリチャードM.デムーロ
桜花賞アーモンドアイC.ルメール
皐月賞ノンコノユメ戸崎 圭太
天皇賞(春)レインボーライン岩田 康誠
NHKマイルCケイアイノーテック藤岡 佑介
ヴィクトリアマイルジュールポレール幸 英明

上記の表を見て分かる通り、フェブラリーSから、まだ一度も同じ騎手が、G1を勝っておらず、オークスで使えそうです。

人気馬で言うなら、マウレア(武豊)、ラッキーライラック(石橋脩)、オールフォーラヴ(和田)、この辺りでしょう。

ただし、データは発見した時点で、使えなくなるのが、昔から定説になっており、ちょっと不安な気もしています。

キシ
アーモンドアイは、このデータが当たった場合、2着以下になるのでしょうね。

もう1つの傾向はある厩舎の連帯パターン!

もう1つの傾向は、ある厩舎の連帯パターンで、先に答えを言いますが、買って欲しいのは、レッドサクヤです。

血統面から言うと、全姉にオークスで2着だった、エバーブロッサムがおり、初距離でも全く問題ありません。

しかし、本当の理由は血統じゃなくて、レッドサクヤを管理している、今季絶好調の藤原英厩舎にあります。

NHKマイルCの予想で、以下の文章を書きましたが、この順番だとオークスは、この馬が連帯するでしょう。

ちなみに、藤原英厩舎の今年のG1成績は、「着外→1着→着外」なので、今度は1着の番だと、勝手に思っています。

引用:第23回NHKマイルCのオカルト予想のヒントはイチロー選手にあり!
URL:https://dospog.net/23nhk-occult-forecast/

第23回NHKマイルCは、ギベオンが2着に入り連帯、第13回ヴィクトリアマイルは、メイズオブオナーが着外。

これを踏まえると、藤原英厩舎の馬が、第79回オークスで連帯するから、レッドサクヤを買ってください。

  • 着外(桜花賞・レッドサクヤ)
  • 1着(皐月賞・エポカドーロ)
  • 着外(天皇賞(春)・トーセンバジル)
  • 2着(NHKマイルC・ギベオン)
  • 着外(ヴィクトリアM・メイズオブオナー)
  • ?着(オークス・レッドサクヤ)

ただし、この順番だと、3着の可能性あるので、三連複・三連単・ワイドが、良いかもしれませんね。

キシ
ちなみに、鞍上の福永騎手も、今年のG1を勝っていないので、チャンスはありますね。

ヘンリー王子の奥さん・メーガン・マークルで予想!

5月19日に、ヘンリー王子がメーガン・マークルさんと、ご結婚しますが、オークスは英国と、深い関係があります。

「イギリスダービー」創設者の第12代ダービー卿エドワード・スミス・スタンレーは樫の森が茂る「オークス」と呼ばれる土地を所有しており、1779年にエリザベス・ハミルトンと結婚した際、記念に競馬を開催することを発案。その中に夫人の希望を入れて3歳牝馬のレースを行い、これが「オークス」と名づけられたのが由来とされている。

引用:ウィキペディア「優駿牝馬」より。
URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%84%AA%E9%A7%BF%E7%89%9D%E9%A6%AC

これで、英国とオークスの関係が分かったので、ここはシンプルに、ロイヤルウエディングを、ヒントにしました。

「結婚→おめでたい→祝福」。このパターンから、「神が祝福する」と言う意味を持つ、トーセンブレスはどうでしょうか。

鞍上は、まだクラシック未勝利の柴田善騎手ですが、もういい加減に、勝たせて上げたいので、善臣にも神が祝福して欲しい。

去年は、ブレスジャーニーで、悲願のクラシック制覇かと期待したので、今年はトーセンブレスの方で、リベンジです。

追記

なんと土曜日の午前10時に、トーセンブレスが左前挫跖で、出走を取消が決定。

キシ
この予想は、使えなくなったので、本当の本命馬から、馬券を買います。

本当の本命馬はラッキーライラックに決定!

今までご紹介した馬は、本命と言うよりも、相手として買うべき馬で、本当の本命馬は、「ラッキーライラック」です。

理由として、桜花賞の1番人気馬は、オークスで連帯する確率が高いからで、以下の表を見れば、分かると思います。

桜花賞1番人気馬のオークスでの成績

桜花賞・1番人気馬オークスでの成績
2017年ソウルスターリング1着
2016年メジャーエンブレム不出走
2015年ルージュバック2着
2014年ハープスター2着
2013年クロフネサプライズ12着
2012年ジョワドヴィーヴル不出走
2011年ホエールキャプチャ3着
2010年アパパネ1着
2009年ブエナビスタ1着
2008年トールポピー1着

なんと、着外だったのは、クロフネサプライズだけで、あとの馬は、すべて3着以内に入っており、ほぼ鉄板状態。

さらに、阪神JFを勝った馬に限定すると、ソウルスターリング、ブエナビスタ、アパパネ、トールポピーの4頭。

この4頭は、すべてオークスを買っており、ラッキーライラックを本命にすれば、間違いなく馬券が当たるでしょう。

キシ
馬単で、ラッキーライラックを買うなら、アーモンドアイを、相手できるかもしれませんね。

第79回オークスは本当に3強で決まるのか?

第79回オークスは、アーモンドアイ、ラッキーライラック、サトノワルキューレ、この3強で決まりそうな雰囲気。

しかし、実際に3強で決まりそうなレースほど、意外な1頭が挟んだりするので、最低でも1頭は4着以下になると思います。

実際に、3強対決を調べたサイトがあり、3頭がすべて3着以内に入る確率は、約7%と結果が出ているから、これは確かかも。

その代わり、第79回オークスが、その7%の確率に入る可能性もあるから、絶対とは言えないので、それはご了承ください。

ちなみに、3強対決の際、約90%の確率で3頭のうち1頭が、3着以内に入るらしいから、1頭は絶対に買いましょうね。

キシ
自分が、記憶してる3強決着のG1は、第60回東京優駿ですね。

まとめ

本命党の人は、アーモンドアイ、ラッキーライラック、サトノワルキューレ、この3頭の三連複を買うでしょうね。

しかし、上記の3頭のうち、1頭は4着以下になると思うので、三連複も三連単も、買わない方が良いと思いますよ。

ちなみに、自分が上記の3頭の中で、買う予定がないのは、前走の反動がスゴく気になる、サトノワルキューレです。

サトノワルキューレは、デビューからずっと、馬体重を減らしており、オークスでも減っていたら、間違いなく危険。

アーモンドアイも、デビューから馬体重が減っているので、最も信頼度が高いのは、ラッキーライラックかもしれません。

キシ
2頭の馬体重が、減っていたら、対応はラッキーライラックで、ほぼ決まりですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 競馬