ドスポグへようこそ!

競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

G1の予想記事一覧!

2019年の第86回ダービーはこの馬が勝つ!データで見つけた厳選10頭!

2019年のダービー馬G1予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、2018年のダービーは、全くかすりもせず、散々な結果に終わった、馬券師の独身ブロガー・キシです。

ダービーが終わると、すぐに考えることは、来年のダービーで、今年の負けを、取り返したい人は、多いでしょうね。

そこで、過去10年間のダービー馬の血統を調べ、2019年に行われる第86回ダービーの勝ち馬を、探したいと思います。

参考にするサイトは、「netkeiba.com」で、現在登録されている馬を、対象にするので、その点はご了承ください。

2018年の予想では、1頭もダービーにすら、出走がなかったので、最低でも出走させることが、2019年の目標です。

過去10年のダービー馬から来年の傾向を予想!

馬名母父
2018年ワグネリアンディープインパクトキングカメハメハ
2017年レイデオロキングカメハメハシンボリクリスエス
2016年マカヒキディープインパクトフレンチデピュティ
2015年ドゥラメンテキングカメハメハサンデーサイレンス
2014年ワンアンドオンリーハーツクライタイキシャトル
2013年キズナディープインパクトStorm Cat
2012年ディープブリランテディープインパクトLoup Sauvage
2011年オルフェーヴルステイゴールドメジロマックイーン
2010年エイシンフラッシュキングズベストプラティニ
2009年ロジユニヴァースネオユニヴァースCape Cross

過去10年を振り返り、ダービー馬の血統を見ると、かなり偏っているので、参考にすれば、来年のダービー馬が分かるかも。

基本的には、やはりサンデーサイレンス系が、ダービー馬になる確率が高いけど、他の血統にも、チャンスはあります。

父の父がサンデーサイレンス・3頭

ロジユニヴァース、オルフェーヴル、ワンアンドオンリー、この3頭は、父の父がサンデーサイレンス。

この3頭のうち、2頭がNorthern Dancerのクロスを、1頭がノーザンテーストのクロスを、それぞれ入っています。

父がディープインパクト・4頭

ディープブリランテ、キズナ、マカヒキ、ワグネリアン、この4頭は、父がディープインパクト。

この4頭のうち、ワグネリアンを除く、他の馬には、Northern Dancerのクロスが、入っています。

ちなみに、ワグネリアンは、過去10年のダービー馬の中で、1つもクロスがないアウトブリードの馬。

父の父がキングマンボ・3頭

エイシンフラッシュ、ドゥラメンテ、レイデオロには、この3頭は、父の父がキングマンボ。

この3頭のうち、ドゥラメンテ、レイデオロは、母系にヘイルトゥーリズンが、さらに、Northern Dancerのクロスも、入っています。

ちなみに、エイシンフラッシュの母系は、ドイツなので、よく分かりません。

生産者はノーザンファームが5勝

生産者で見ると、ノーザンファームが5勝、社台ファーム(白老も含む)とノースヒルズが2勝、パカパカファームが1勝。

キシ
ノーザンファーム産、父・ディープインパクト、これで決まりかも。

高速馬場を考えたらこの血統で決まり!

今の東京競馬場は、超高速馬場だから、不良馬場で勝った、ロジユニヴァースとオルフェーヴルは除外します。

タイムを見ると、エイシンフラッシュは「2:26.9」で、高速馬場に不向きだから、キングズベスト産駒も除外。

レイデオロも、タイムは「2:26.9」ですが、ドゥラメンテが「2:23.2」なので、キングカメハメハはセーフ。

結果的に、ディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライ、この3頭の産駒から、ダービー馬が出ます。

比率を考えると、以下の頭数にすれば、この中から2019年のダービー馬が、きっと見つかるはずです。

  • ディープインパクト産駒から6頭。
  • キングカメハメハ産駒から2頭。
  • ハーツクライ産駒から1頭。
  • 個人的に好きな産駒から1頭。

上記の産駒で、Northern Dancerのクロスが、入っていることを、基本的な条件にします。

キングカメハメハ産駒の場合は、さらに母系にヘイルトゥーリズンを、条件にして見つけます。

キシ
本音を言うと、ハーツクライ産駒は、0頭でも、良い気がしますけどね。

セントレオナード

ディープインパクトサンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
リリーオブザヴァレーGalileo
Pennegale

1頭目のダービー候補は、セントレオナード(美浦・堀宣行厩舎)で、2016年の青葉賞を勝った、ヴァンキッシュランの全弟。

兄の成績から、2400Mはピッタリの距離だし、馬主は社台レースホースなので、兄よりも期待できると思います。

父・ディーウインパクト、母父・Galileoは、あのサクソンウォリアーと、同じ配合なので、今後のトレンドになるかも。

キシ
画像を見ると、均整のとれた馬体をしており、かなり期待できそうです。

サトノジェネシス

ディープインパクトサンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
マルペンサOrpen
Marsella

2頭目のダービー候補は、サトノダイヤモンドの全弟のサトノジェネシスで、母・マルペンサの最後の産駒らしいです。

馬体の画像がないので、どんな馬か分かりませんが、兄の成績を見る限り、順当ならダービーに、出走して当然の血統。

そろそろサトノの馬が、ダービーを勝っても、良い頃だと思うので、サトノジェネシスに期待しましょう。

キシ
この血統だと、普通にダービーへ、出走してくれないと、困っちゃいますね。

リスト

ディープインパクトサンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
シルヴァースカヤSilver Hawk
Boubskaia

3頭目のダービー候補は、幻のダービー馬と言われた、シルバーテーストの全弟・リストで、兄の雪辱を果たすのでは。

ただし、ちょっと気になるのが、馬主のキーファーズで、良血を揃えながら、重賞勝ちが一度もなく、運のなさが心配。

あとは、シルバーテーストと同じく、足元の心配がつきまとうので、上手にケアしながら、ダービーを目指して欲しいです。

キシ
馬主が、キーファーズじゃなかったら、もっと期待するんだけどなぁ。

プランドラー

ディープインパクトサンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
プラウドスペルProud Citizen
Pacific Spell

4頭目のダービー候補は、ケンタッキーオークス など、G1を2勝した母を持つプランドラーで、去年も全兄を指名してます。

全兄・グレートウォリアーは、ダービーに出走ができなかったけど、かなりの大物感があるので、弟も期待できるでしょう。

グレートウォリアーは、年明けデビューで、クラシックに間に合わなかったから、弟は今年中にデビューして欲しいです。

キシ
管理は、池江泰寿厩舎だから、ルメール騎手が鞍上で、デビューするでしょうね。

ダノンチェイサー

ディープインパクトサンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
サミターロックオブジブラルタル
Aileen’s Gift

5頭目のダービー候補は、2018年の1番人気だったダノン軍団から、今年こその期待を込めて、ダノンチェイサーを指名。

詳しい血統は、よく分からないけど、2017年のセレクトセールで、2億7,000万円もしたから、きっと良い馬なのでしょう。

ただし、少し気掛かりなのは、母系が短距離血統なので、もしかしたら、ダービーじゃなくて、NHKマイルの方かも。

7月8日にデビューするも4着に敗れる。

7月8日の中京5レースで、デビューをしたダノンチェイサーは、勝ち馬から0.7秒の4着に、敗れてしまいました。

勝ち馬と、ほぼ同じ位置取りなのに、0.7秒も離されたから、期待が大きかった分だけ、落胆も大きいですね。

敗因は、懸念していた距離かもしれないので、とりあえず、次走の距離と走りに、もう一度だけ注目します。

キシ
牧場でも、かなり評判が良いらしく、レイデオロ以上なんて、言われいるみたいです。

マイネルミュトス

ディープインパクトサンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
マイネヌーヴェルブライアンズタイム
マイネプリテンダー

6頭目のダービー候補は、個人的にマイネルの馬が、ダービーを勝って欲しいので、マイネルミュトスに期待します。

母は、フラワーCを勝ったマイネヌーヴェル、叔父にはダービーで2番人気だったマイネルチャールズ 、かなりの良血。

ちなみに、ミュトスとは、ギリシャ語で伝説らしいから、ぜひこの馬で、マイネル軍団の伝説を、作って欲しいです。

キシ
岡田総帥が、元気なうちに、マイネルのダービー馬を、出して欲しいです。

ブラヴァス

キングカメハメハKingmambo
マンファス
ヴィルシーナディープインパクト
ハルーワスウィート

7頭目のダービー候補は、ジェンティルドンナとライバルだった、あのヴィルシーナの初仔で、期待している人も多いブラヴァス。

ブラヴァスの血統を見ると、Mr.Prospectorの3×4のクロスを、持っているので、どんな走りをするのか、ちょっと楽しみ。

馬主と調教師は、引き続き佐々木主浩氏と、友道康夫先生で、母を育てているから、上手に調教をしてくれるでしょう。

キシ
キングカメハメハ産駒では、断トツでブラヴァスが、POGの人気馬でしょうね。

ヴァンランディ

キングカメハメハKingmambo
マンファス
ハッピーパスサンデーサイレンス
ハッピートレイルズ

8頭目のダービー候補は、全兄はコディーノ、全姉はチェッキーノ、兄と姉の敵討ちをしてくれそうな、全弟のヴァンランディ。

全兄と全姉は、どちらも重賞ウイナーで、ダービーとオークスに出走しており、順調ならヴァンランディも、期待大です。

藤沢和雄厩舎なので、まず無理だろうけど、再び横山典弘騎手と復縁をして、ダービーに出たら、絶対に感動しますね。

キシ
コディーノの悔しさは、横山典弘騎手にして欲しいけど、絶対に無理だろなぁ。

イニティウム

ハーツクライサンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ゴールデンドックエーUnusual Heat
Penpont

9頭目のダービー候補は、母が米国のG1ウイナー、兄は受賞2勝馬、ハーツクライ産駒で、かなり期待できるイニティウム。

画像を見る限り、スマートな青鹿毛の馬体が、いかにも走りそうに見えるので、このまま順調に育って欲しい1頭。

管理は、須貝尚介厩舎で、兄と同じだから、同じ轍を踏まないように、この馬はダービーへ、間に合わせてくれるはずです。

キシ
青鹿毛の馬体が、とてもカッコいいので、見た目からも期待する1頭です。

アヴァターラ

ロードカナロアキングカメハメハ
レディブラッサム
マトゥラーディープインパクト
オリエンタルアート

10頭目のダービー候補は、もしかしたら、NHKマイルの優勝馬になるかもしれない、ロードカナロア産駒のアヴァターラ。

母系には、オルフェーヴルがいるので、距離は持つと思うし、母父がディープインパクトだから、大丈夫でしょう。

父系のスピード、母系のタフさ、上手にこの2つが、ミックスされていれば、ダービー制覇も、夢ではありませんね。

キシ
気になるのは、オルフェとドリジャー以外、母系から活躍馬が、出てないことですね。

まとめ

2019年のダービー馬候補を、全部で10頭ご紹介しましたが、最低でも1頭は、ダービーに出走してくれるはず。

最も期待しているのは、セントレオナードとサトノジェネシスの2頭で、もしかしたら、ダービーを勝つかも。

特にサトノジェネシスは、兄がサトノダイヤモンドだから、間違いなくクラシック路線に、出てくる馬です。

仮に、全馬がダービーへ出走できなくても、いずれかの馬は、必ずG1へ出走するから、事前に要チェック。

果たして、2019年のダービーは、どんなドラマが待っているのか、ワクワクしながら、そのときを待ちましょう。

キシ
ダービー馬と同じくらい、誰がダービージョッキーになるかも、楽しみですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう