ドスポグへようこそ!

競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

G1の予想記事一覧!

第77回菊花賞をオカルト予想!ヒントは伊調馨選手にあり!

競馬 競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク

競馬

みなさんは、オカルト予想って知ってますか?

主にニュースなどをヒントにして、競馬の予想をすることなのですが、自分はかなりオカルト予想が好きなんです。

そこで、ちょうど菊花賞の前に、おめでたいニュースがあったので、それをヒントに、菊花賞のオカルト予想を、ご紹介します。

かなりくだらない予想なので、聞き流す程度で大丈夫ですが、もし、共感する部分があったら、同じ馬券を買ってもらえるとうれしいです。

さて、第7回菊花賞馬は、18頭の中でどの馬なのでしょうか?

ヒントは伊調馨さん!

つい先日、リオオリンピックのレスリングで金メダルを取った伊調馨選手が、国民栄誉賞を受賞しました。

国民栄誉賞は与党の人気取りだと、皮肉を言うことがありますが、伊調馨選手の場合だったら、どこからも人気取りとは言われませんね。

日本最強の女子は、吉田沙保里選手だと思ったのですが、これからの最強な女子は伊調馨選手になりそうですね。

そんな国民栄誉賞を、受賞された伊調馨選手に、第77回菊花賞のヒントが隠れていると思うんです。

そのヒントとは、オリンピックで4連覇をしたから国民栄誉賞を受賞をしたので、ヒントはズバリ「4連覇」です。

過去3年の菊花賞から考えられる「3連覇」、または「3連続」しているものを探せば、第77回菊花賞馬が分かるはずです。

とてもくだらない予想ですが、こんな競馬の予想もあると思って、続きを読んでいただけると幸いです。

キシ
菊花賞の前のおめでたいニュースと言えば、伊調馨選手の国民栄誉賞です。勝手に予想に使って申し合訳ありません。伊調馨選手。

あまり役に立たないけど関西馬!

まず、最初のオカルト予想は、キシの予想は全く当たらないと、言われるかもしれないので保険の予想です。

条件に該当する馬が多すぎるので、全く予想の役に立ちませんが、オカルト予想が、ハズレないためのおさえとして使わせてください。

そのオカルト予想とは、過去3年連続で、関西馬が菊花賞を勝っていることです。

  • 第74回菊花賞馬は、関西馬のエピファネイア。
  • 第75回菊花賞馬は、関西馬のトーホウジャッカル。
  • 第76回菊花賞馬は、関西馬のキタサンブラック。

この結果、第77回菊花賞馬は関西馬になるのですが、これではあまり役に立たないと苦情がでそうです。

でも、このオカルト予想で、関東馬のディーマジェスティを消すことができますよ。

とりあえず、このオカルト予想では、関西馬の単勝を買えれば良いと言うことで、カフジプリンス、サトノダイヤモンド、エアスピネル、ジュンヴァルカンあたりでしょうか。

でも、これはオカルト予想を使わなくても、誰でも予想ができそうな馬が多いですね。

キシ
これは保険の予想ですね。でも、これでディーマジェスティに勝たれたら、次からオカルト予想自体ができそうにないです。でも、普通に考えたらディーマジェスティが勝ちそうだなぁ・・・。

2番か2枠の馬を買え!

次のオカルト予想は、過去3年の馬番と枠番から導き出しました。

先ほどのオカルト予想よりは、少しだけまともな予想になっているので、共感してくれる人が少しくらいはいるかも。

そのオカルト予想とは、過去3年の馬番と枠番が、すべて2枠の馬、または馬番が2番の馬が勝っていることです。

  • 第74回菊花賞馬のエピファネイアは、2枠3番。
  • 第75回菊花賞馬のトーホウジャッカルは、1枠2番。
  • 第76回菊花賞馬のキタサンブラックは、2枠4番。

3年連続で枠番が「2」か馬番が「2」が来ているので、第77回菊花賞馬は、1枠2番のジョルジュサンク、2枠3番のサトノダイヤモンド、2枠4番のシュペルミエールではないでしょうか。

ただ、また1番人気と予想されているサトノダイヤモンドが出てしまったので、おもしろ味のないオカルト予想になってしまいました。

キシ
1枠2番のジョルジュサンクは、ちょっと厳しいので、2枠3番のサトノダイヤモンド、2枠4番のシュペルミエールが妥当な予想でしょう。馬券的な妙味は、2枠4番のシュペルミエールですね。

ヒントは騎手にあり!

最後のオカルト予想は、3年連続で菊花賞に勝った騎手に共通点がありました。

これは、今までのオカルト予想よりも自信があるので、この馬の単勝を買いたいと思います。

そのオカルト予想、3人の騎手がその年の初のG1勝ちをしたのが菊花賞だったんです。

  • 第74回菊花賞馬の騎手は、福永祐一騎手(その年の初G1勝ち)。
  • 第75回菊花賞馬の騎手は、酒井学騎手(その年の初G1勝ち)。
  • 第76回菊花賞馬の騎手は、北村宏司騎手(その年の初G1勝ち)。

あとこの3人に共通していることが2つあって、1つ目は、その年の初G1勝ちであるけれど、重賞勝ちを2勝以上していることです。

  • 2013年の福永祐一騎手が菊花賞を勝つ前に勝った重賞
    (CBC賞、神戸新聞杯、毎日王冠)
  • 2014年の酒井学騎手が菊花賞を勝つ前に勝った重賞
    (東海S、中山牝馬S)
  • 2015年の北村宏司騎手が菊花賞を勝つ前に勝った重賞
    (ダイヤモンドS、スプリングS、セントライト記念)

最後の1つの条件は、3人の騎手とも菊花賞を勝ったのが、初めてのG1制覇ではないことです。

  • 2013年の福永祐一騎手が菊花賞を勝つ前に勝ったG1
    (2012年・安田記念・ストロングリターンなど)
  • 2014年の酒井学騎手が菊花賞を勝つ前に勝ったG1
    (2012年・ジャパンカップダート・ニホンピロアワーズ)
  • 2015年の北村宏司騎手が菊花賞を勝つ前に勝ったG1
    (2014年・天皇賞秋・スピルバーグなど)

条件としては、「その年の初G1勝ち」「菊花賞の前に2つ以上の重賞を勝っている」「菊花賞が初G1ではない」この3つです。

これは、まさに3つの条件が3連続しているので、これはオカルト予想としては、かなり信憑性がありそうじゃないですか。

この条件を満たす騎手は、ウムブルフに騎乗する浜中俊騎手です。

浜中俊騎手は、2016年はまだG1勝ちがないけど、過去にはミッキークイーンなどでG1勝ちがある。

2016年は、シンザン記念(ロジクライ)、シルクロードS(ダンスディレクター)、小倉2歳S(レーヌミノル)を勝っているので、すべての条件を満たしてます。

最後のオカルト予想が一番に信憑性があったと思うので、第77回菊花賞は5枠10番のウムブルフの単勝を買いたいと思います。

キシ
ウムブルフは、前走が5馬身勝ちなので、かなり期待をして良いのでは?ただし、前走は、J.モレイラ騎手だったので、あんなに強い勝ち方だったと言えますが、どうなんでしょうか。

まとめ

まだ、探せば3連覇(3連続)していることがありそうですが、これ以上やると訳が分からないくなりそうなので、この辺にしておきます。

オカルト予想は、くだらないけれども、当たるか可能性がゼロではないので、参考までにどうぞ。

自分は、予想をしたので、オッズから考えて、5枠10番のウムブルフを指名したと思います。

みなさんも、もしこの予想に共感をしてくれたら、ぜひ5枠10番のウムブルフを頭にして馬券を買って欲しいと思います。

キシ
今回のオカルト予想がハズレても、なにか大きなニュースがあったときに、G1があれば、またオカルト予想をしたいと思います。くだらないけど、お付き合いしていただけると幸いです。

追記.馬券はもちろん買いましたよ!

馬券エア馬券と言われると困るので、しっかり馬券を購入しました!と言っても、基本的に1点100円しか買わないセコセコ馬券師なので、今回も100円だけです。

100年じゃ痛くもかゆくもないだろ!と言われそうだけど、若い頃は1レースにG1で3000円くらい投資をしていたんですよ。

でも、今は遊びで競馬をするぐらいが一番に楽しいので、1点100円は自分のデフォルトです。

まだ、他にも馬券を買いますが、基本的にはウムブルフから馬単で勝負します。

ウムブルフの他で怖いのは、伊調馨選手のオカルト予想に関係なく、カフジプリンスに注目していて、1枠1番の岩田騎手には要注意です。

キシ
馬券が当たったらなにを買うか考えるのが、一番に楽しい時間です。逆に、馬券がハズレた瞬間が一番に悲しい時間です。競馬はそれの繰り返しですね。

結果発表!

菊花賞の結果は、見事に大ハズレ!

でも、最初の方に書いてあった、枠が2番か馬番が2番の馬が来ると言うオカルト予想は的中ですよ。

もちろん、サトノダイヤモンドの単勝馬券なんて買っていませんけどね(笑)。

予想は全くダメでしたが、天皇賞(秋)もニュースなどがあったら、引き続きオカルト予想をする予定なので、ぜひまた見に来てください。

ちなみに、本命のウムブルフは12着でした(涙)。

道中であれだけ掛かっていたら、3000Mを持つはずがありませんね。

前走で快勝したのは、やっぱりJ.モレイラ騎手のおかげだったみたいです。

キシ
天皇賞(秋)までに、オカルト予想を見つけたいと思います。くだらないけど、いつかきっと当たると信じて頑張りますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう