第154回の天皇賞(秋)のオカルト予想が決定!不謹慎だけど怒らないで!

競馬競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク

競馬

前回の菊花賞は、かろうじてオカルト予想が当たりましたが、あんなのは、オカルト予想じゃなくても当たると、ご批判を受けそうな予想でした。

でも、当たりは当たりですから、第154回の天皇賞(秋)も、しっかりオカルト予想で当てますよ。

では、第154回の天皇賞(秋)に使う時事ネタを、探すことから始めるのですが、不謹慎を承知で、あのニュースをヒントにさせてもらいます。

一部の方は、不愉快な思いをさせるかと思いますが、年齢的に考えても、大往生なので、お許しをいただければ幸いです。

三笠宮さまがご逝去。

まず、最初に三笠宮さまが、ご逝去されたことを、心よりお悔やみ申し上げます。

三笠宮さまは、大正天皇の四男として、大正4年にお生まれ、2016年10月27日に、100歳のご年齢でご逝去されました。

人の死を使って馬券を予想するなど、なんて不謹慎なんだと言われそうですが、オカルト予想をする者として、不謹慎と言われても、大きなニュースだから予想のヒントに使わせてもらいます。

批判はごもっともだと思いますが、天皇賞(秋)が行われる週に、天皇家の方が逝去されていたら、無視をすることはオカルト予想として無理なので、お許しください。

第154回の天皇賞(秋)のヒントは、「三笠宮さま」なので、大正天皇の四男と言うことだから、「四男」からオカルト予想の本命馬を探したいと思います。

キシ
右系の人から怒られそうだけど、オカルト予想をする者としては、有名人が亡くなったとき、予想のヒントに使うのは一般的なので、お許しをいただきたいです。

出走馬からオカルト予想!

まず、出走馬の中で牝馬は、四男にはなり得ないので、ルージュバックはこの時点で消します。

ルージュバックを消した牡馬の中から、四男の馬を探せば良いのですが、奇跡的に1頭だけ見つかりました。

その馬が、2015年の天皇賞(秋)の勝ち馬であるラブリーデイです。

ラブリーデイは、母・ポップコーンジャズの4番目の子どもで、産駒は1番目がポノポノマウイ、2番目がビーチランデブー、3番目がキングジャズで、4番目がラブリーデイ。

ポップコーンジャズは、ラブリーデイを産む前の子どもがすべて牡馬なので、まさに四男に該当するからラブリーデイしかありません。

ラブリーデイは、菊花賞をサトノダイヤモンドで勝った池江泰寿調教師とC.ルメール騎手のコンビだから、調子が良さそうですが、問題なのは、すでに馬がピークを過ぎているのではないかと言うことです。

2015年の成績と比べれば簡単で、去年は鳴尾記念から重賞を5連勝して天皇賞(秋)を制覇。

でも、2016年はまだ勝ち星がなく、最高着順が前走の京都大賞典(G2)の3着止まり。

さらに、ちょっと気になるのが当日の馬場状態で、ラブリーデイはパンパンの良馬場が良いらしいけど、東京競馬場は金曜日、土曜日と雨が降るらしいので、パンパンの良馬場は厳しそうです。

年齢的に考えても、6歳で上積みを期待するのはちょっと酷かもしれませんが、まず最初のオカルト予想ではラブリーデイを本命にします。

キシ
2015年の天皇賞(秋)だったら、本命で異論はなかったけど、今年の場合は、1年前の勢いがないからなぁ・・・。それでもオカルト予想で決まった馬だから、しっかり単勝馬券を買いますよ!

騎手からオカルト予想!

出走馬に続き、ずばり騎手の場合も、四男を探すのがオカルト予想だと考えました。

そこで、四男の騎手を探そうと思ってのですが、これが非常に難儀なんです。

騎手の年齢や出身地は分かっても、四男かどうかまでは情報が掲載されていません。

武豊騎手くらいだと弟も騎手なので、家族構成が分かるのですが、他の騎手の場合は、全くと言って良いほど情報がないので、何番目に生まれたかまでは確認ができませんでした。

ただし、分かっているだけだったら、福永祐一騎手は長男、横山典弘騎手は次男、武豊騎手は三男、確実に四男ではないと分かっているのは、池添謙一騎手、田中勝春騎手などで、さすがに四男はいない気が・・・。

騎手の場合は、完全に調べるのは不可能なので、オカルト予想としては使えそうにありません。

もし、第154回の天皇賞(秋)に出走する騎手の中に、四男の騎手がいることを知っていたら、こっそり買ってみることをオススメします。

キシ
武幸四郎騎手が出ていたら、本命を打てたのですが・・・。騎手が何番目の子どもかまでは、調べても分からないので、オカルト予想として、騎手から探すのは断念です。

他に考えられる予想

三笠宮さまがヒントなので、思い切ってシンプルに3枠または3番を買うのはどうでしょうか?

可能性としては、ゼロではないので、3枠のサトノクラウン、ロゴタイプ、3番のアンビシャスもチャンスがありそうです。

また、三笠宮さまが大正4年生まれの四男なので、枠番の4、または馬番の4も注意が必要です。

4枠の馬は、アドマイヤデウスとサトノノブレス、馬番が4番の馬はサトノクラウン、まさか2週連続でサトノの馬が勝ったりして?

三笠宮さまは、関係なくなってしまいますが、天皇賞(秋)では、過去にレースの回数と馬連が合致することがありました。

それは、第110回天皇賞(秋)で1着が10番のネーハイシーザー、2着が1番のセキテイリューオーで、馬番だとピッタリ「110」になったんです。

今から22年も前の話なので、信憑性が全くありませんが、とりあえず今年の天皇賞(秋)が第154回だから、馬番で「15-4」もしくは三連単で「1-5-4」なんて買うのはどうでしょうか?

「15-4」の場合は、15番・ラブリーデイ、4番・サトノクラウン、またこの2頭が出てしまいました。

「1-5-4」の場合は、1番・エイシンヒカリ、5番・ロゴタイプ、4番・サトノクラウン、さきほどから似たような馬しかでてきませんね。

キシ
3枠、4枠、3番、4番まで予想に組み込めば、どれか1頭くらいは来そうな感じがしますね。でも、この予想では、会心のオカルト予想とは言えそうにありませんね。

まとめ

人が亡くなったことを、オカルト予想に使うのはどうかと思いますが、殺人などの悲惨な事件や事故、たくさんの方が亡くなられる災害でない限り、予想のヒントに使うことを許していただけると幸いです。

第154回の天皇賞(秋)の本命がラブリーデイなんですが、去年の成績だったら、今年もオカルト予想を抜きにして本命を打てますが、今年の成績だと、かなり不安の方が大きいです。

また、過去の天皇賞(秋)を2連覇したのは、シンボリクリスエス(126回、128回)だけなので、これも不安要素です。

ちなみに、今さらですが天皇賞は春と秋があり、春が第1回、秋で第2回と回数を数えるので、秋の場合は必ず偶数回と決まっています。

菊花賞のときは、サトノダイヤモンドをなんとか予想ができたけど、天皇賞(秋)の場合は、モーリスもルージュバックも出て来なかったので、ちょっと厳しいかもしれません。

果たして、第154回の天皇賞(秋)でどの馬が優勝するのか分かりませんが、もしこのオカルト予想に共感ができたら、ラブリーデイからの馬券を買って欲しいと思います。

他にもご紹介したオカルト予想で、気に入ってもらえるのがあったら、ついでに買ってみてください。

最後にもう一度、三笠宮さまが、ご逝去されたことを心よりお悔やみ申し上げます。

キシ
かなりメンバーがそろった天皇賞(秋)ですが、どの馬にも一長一短があるので、難解なレースになりそうです。それを思えば、ラブリーデイにも、チャンスがあるのかな?

結果発表!

第154回の天皇賞(秋)の結果は、すでに知っての通り、1着がモーリスでした。

でも、第154回の天皇賞(秋)の前日に日本シリーズを優勝した日ハムのマスコットキャラが、エゾリスのポリーポラリスだったんです。

これは、リスのつながりで「モーリス」が来るオカルト予想ができましたね。

記事の時間の問題もあるので、かなり早めにオカルト予想をしてしまったのが、失敗だったかもしれないので、今後は注意をしたいと思います。

あと、しっかりラブリーデイを買った証拠の画像を掲載しておきますので、ご覧ください。

ラブリーデイの単勝馬券

たぶん、C.ルメール騎手がどう乗っても、モーリスには勝てそうになかったですね。

次回のオカルト予想は、エリザベス女王杯を予定していますが、次回もお付き合いをいただいけると幸いです。

ついでに、競馬観戦記も書いたので、お暇でしたらどうぞ!

キシ
次回こそは、渾身のオカルト予想をしたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう