【日本ダービー 2019】データ予想!無敗のダービー馬は誕生するのか?

日本ダービー 2019年版データ予想 競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年の日本ダービーは、4戦4勝の皐月賞馬・サートゥルナーリアが単勝1倍台になりそうな雰囲気。

データ上は年明け初戦で不利だった皐月賞を難なく勝ち、今度は完璧な状態で出走できそうです。

あえて不利なデータを探すなら、皐月賞から乗り替りの1着はないので、消す理由を探している人はどうぞ。

そんな堅く収まりそうな2019年の日本ダービーを、過去10年間のデータから三連単をバッチリ予想します。

果たして2019年の日本ダービーは、ディープインパクト以来の無敗の2冠馬が誕生するのでしょうか?

【2019年】日本ダービーの出走馬

  • 開催日:2019年5月26日(日)
  • コース:東京競馬場
  • 芝:2400M
枠番馬番馬名
性齢(所属)
騎手(斤量)
前走
11ロジャーバローズ
牡3(栗東)
浜中 俊(57.0)
2019.05.04
京都新聞 G2
2着(2人気)
芝2200(京都)
2ヴィント
牡3(栗東)
竹之下 智昭(57.0)
2019.04.28
500万 条件
1着(3人気)
芝1800M(京都)
23エメラルファイト
牡3(美浦)
石川 裕紀人(57.0)
2019.03.17
スプリング G2
1着(10人気)
芝1800(中山)
4サトノルークス
牡3(栗東)
池添 謙一(57.0)
2019.04.14
皐月賞 G1
14着(8人気)
芝2000(中山)
35マイネルサーパス
牡3(美浦)
丹内 祐次(57.0)
2019.05.12
プリンシ
9着(6人気)
芝2000(東京)
6サートゥルナーリア
牡3(栗東)
D.レーン(57.0)
2019.04.14
皐月賞 G1
1着(1人気)
芝2000(中山)
47ダノンキングリー
牡3(美浦)
戸崎 圭太(57.0)
2019.04.14
皐月賞 G1
3着(3人気)
芝2000(中山)
8メイショウテンゲン
牡3(栗東)
三浦 皇成(57.0)
2019.04.14
皐月賞 G1
15着(9人気)
芝2000(中山)
59ニシノデイジー
牡3(美浦)
勝浦 正樹(57.0)
2019.04.14
皐月賞 G1
17着(6人気)
芝2000(中山)
10クラージュゲリエ
牡3(栗東)
三浦 皇成(57.0)
2019.04.14
皐月賞 G1
5着(14人気)
芝2000(中山)
611レッドジェニアル
牡3(美浦)
酒井 学(57.0)
2019.05.04
京都新聞 G2
1着(11人気)
芝2200(京都)
12アドマイヤジャスタ
牡3(栗東)
M.デムーロ(57.0)
2019.04.14
皐月賞 G1
8着(11人気)
芝2000(中山)
713ヴェロックス
牡3(栗東)
川田 将雅(57.0)
2019.04.14
皐月賞 G1
2着(4人気)
芝2000(中山)
14ランフォザローゼス
牡3(美浦)
福永 祐一(57.0)
2019.04.27
青葉賞 G2
2着(1人気)
芝2400(東京)
15リオンリオン
牡3(栗東)
横山 武史(57.0)
2019.04.27
青葉賞 G2
1着(5人気)
芝2400(東京)
816タガノディアマンテ
牡3(栗東)
田辺 裕信(57.0)
2019.05.04
京都新聞 G2
5着(1人気)
芝2200(京都)
17ナイママ
牡3(美浦)
柴田 大知(57.0)
2019.05.04
京都新聞 G2
4着(10人気)
芝2200(京都)
18シュヴァルツリーゼ
牡3(美浦)
石橋 脩(57.0)
2019.04.14
皐月賞 G1
12着(7人気)
芝2000(中山)

間違いなく1番人気になるのは皐月賞馬のサートゥルナーリアで、予想だと単勝オッズが1倍台になりそうです。

死角らしい死角は1つのデータぐらいしかないので、それを覆せれば無敗の2冠馬の誕生は確実でしょう。

2番人気になるのは皐月賞で僅差の2着だったヴェロックスで、打倒サートゥルナーリアに燃えているはず。

こちらも死角はありませんが、敢えて重箱の隅をつつくなら、左回りの東スポ杯で4着に負けたことです。

3番人気になるのは皐月賞で3着だったダノンキングリーで、東京は2戦2勝と相性が良く巻き返しに期待大。

血統的にもディープ×ストームなので、東京の2400Mは上位人気で最も合うタイプかもしれません。

1番人気から3番人気が飛び抜けており、4番人気以下はどの馬になるかよく分からないので省略します。

サートゥルナーリアを消すデータ①『乗り替り』

1番人気のサートゥルナーリアは、ルメール騎手が騎乗停止中なのでレーン騎手に乗り替わり。

そこで気になったのは、皐月賞馬が日本ダービーで騎手を乗り替えた際の成績です。

基本的に乗り替わるのは、短期免許が切れた外国人騎手パターンで、該当例は少ないでしょう。

過去30年間だと3頭が乗り替り

  • 2013年・ロゴタイプ(M.デムーロ→C.デムーロ)
  • 2002年・ノーリーズン(B.ドイル→蛯名正義)
  • 1990年・ハクタイセイ(南井克己→武豊)

過去30年間では上記の3頭が皐月賞1着から騎手を替えて日本ダービーに挑みました。

ハクタイセイはネットで調べたところ、当初は南井騎手は皐月賞だけのテン乗り。

ダービーは主戦の須貝騎手の予定だったのが、周囲の反対で武豊騎手になったそうです。

話を戻して結果はどうだったかと言うと、上記の3頭は5着までが最高で3着以内は無し。

  • 2013年・ロゴタイプ(5着)
  • 2002年・ノーリーズン(8着)
  • 1990年・ハクタイセイ(5着)

この3頭はすべて2番人気だから、サートゥルナーリアは当てはならないかもしれません。

しかし、過去のデータに例がない以上、データ予想ではサートゥルナーリアを消します。

皐月賞1着から乗り替りのサートゥルナーリアは消しです。

データ予想①「1着馬の条件」

【日本ダービー 2019】過去10年間の1着から3着の必勝データ!
2019年のダービーの過去10年間データは、2009年から2018年が対象。 後ほどご紹介しますが、2009年から2018年の優勝馬は以下の10頭。 2009年 ロジユニヴァース(横山 典

過去10年間の1着馬は以下のデータに当てはまっており1つでも該当しない馬は消し。

①皐月賞組は5着以内が基本で着外の場合は1番人気のみ

皐月賞組は5着以内が基本で、6着以下だったのは1番人気のロジユニヴァースとワグネリアのみ。

  • サートゥルナーリア(皐月賞・1着)
  • ヴェロックス(皐月賞・1着)
  • ダノンキングリー(皐月賞・3着)
  • クラージュゲリエ(皐月賞・5着)

皐月賞で人気もなく掲示板にすら乗らなかった馬は消しましょう。

②皐月賞組以外は1番人気で1着

皐月賞組以外で日本ダービーを勝ったのは、京都新聞杯・1番人気1着だったキズナのみ。

しかし、京都新聞杯も青葉賞も1着馬は2番人気以下だったので該当馬はいませんでした。

③1800M以上の重賞を必ず勝っている

過去10年間のすべてのダービー馬は、必ず1800M以上の重賞を勝っています。

  • サートゥルナーリア(皐月賞など)
  • ダノンキングリー(共同通信杯)
  • クラージュゲリエ(京都2歳S)

ヴェロックスはリステッド競走(若葉S・若駒S)しか勝っておらず消しです。

皐月賞から乗り替りの1着はない

皐月賞から乗り替りでダービーを勝った馬は、皐月賞馬を含めても1着はなく消しです。

  • ダノンキングリー(デビューから戸崎圭太騎手)

この結果を踏まえると2019年のダービー馬はダノンキングリーになりました。

1着馬は⑦ダノンキングリーです。

データ予想②「2着馬の条件」

【日本ダービー 2019】過去10年間の1着から3着の必勝データ!
2019年のダービーの過去10年間データは、2009年から2018年が対象。 後ほどご紹介しますが、2009年から2018年の優勝馬は以下の10頭。 2009年 ロジユニヴァース(横山 典

過去10年間の2着馬は以下のデータに当てはまっており1つでも該当しない馬は消し。

皐月賞組は3着以上が基本で着外は2番人気以内

皐月賞組は3着以上が基本で、着外の場合はリーチザクラウン・ローズキングダム・スワーヴリチャードのように2番人気以内が条件。

  • サートゥルナーリア(皐月賞・1着)
  • ヴェロックス(皐月賞・2着)

別路線組は京都新聞杯か青葉賞で1着のみ

皐月賞組以外は青葉賞か京都新聞杯で1着(フェノーメノ・サトノラーゼン)が条件です。

  • リオンリオン(青葉賞・1着)
  • レッドジェニアル(京都新聞杯・1着)

仮に他路線組(NHKマイルやプリンシパル)の1着馬を探しましたが、今年は出走していませんでした。

1800M以上の重賞で3番人気以内がある

すべての2着馬は1800M以上の重賞で3番人気以内に入った経験があります。

  • サートゥルナーリア(皐月賞・1人気など)
  • ヴェロックス(東スポ杯・2番人気)

1800M以上の重賞で1着がある

すべての2着馬は1800M以上の重賞で1着があります。

  • サートゥルナーリア(皐月賞・ホープフルS)

ちなみに、2着馬の場合は乗り替りでも、サトノラーゼンとローズキングダムの例があるから大丈夫です。

2着馬は⑥サートゥルナーリアです。

データ予想③「3着馬の条件」

【日本ダービー 2019】過去10年間の1着から3着の必勝データ!
2019年のダービーの過去10年間データは、2009年から2018年が対象。 後ほどご紹介しますが、2009年から2018年の優勝馬は以下の10頭。 2009年 ロジユニヴァース(横山 典

1着馬と2着馬はあっさり決まりましたが、問題なのは3着馬でデータ上だと共通項がとても少ないです。

過去10年間の3着馬は以下のデータに当てはまっており1つでも該当しない馬は消し。

皐月賞組は1着か3番人気以内

皐月賞組は、1着(1人気)・11着(3人気)・6着(1人気)・1着(8人気)なので1着か3番人気以内。

1番人気はサートゥルナーリア、2番人気はアドマイヤマーズ、3番人気はダノンキングリーでした。

すでにサートゥルナーリアとダノンキングリーは既出なので、皐月賞組の3着は無いと予想します。

別路線組は2着以内か3番人気以内

別路線組は基本的に2着以内で1ケタ人気が条件で、3着以下の場合は持ち時計がある馬のみ該当。

別路線組で2着以下だったマイネルフロストは、毎日杯を1:46.7で勝っており、持ち時計がありました。

  • リオンリオン(青葉賞・1着)
  • ランフォザローゼス(青葉賞・2着)
  • ロジャーバローズ(京都新聞杯・2着)

OP以上で1勝以上している

2013年のアポロソニックを除くと、すべての馬にOP以上で勝ち星がありました。

ちなみにアポロソニックは500万の勝ちがあるので1勝馬は論外です。

  • リオンリオン(青葉賞・1着)
  • ロジャーバローズ(福寿草特別・1着)

ランフォザローゼスは重賞の連帯が2度あるけど1勝馬なので消し。

最後に残ったのは2頭

最後まで残ったのは以下の2頭で、横山典弘から武史の乗り替りは痛いけど、人気が下がるようなら面白いですね。

3着馬は①ロジャーバローズと⑮リオンリオンです。

オカルト予想①「5月26日に行われる日本ダービー」

グレード制を導入した1984年以降、5月26日に行われた日本ダービーは4回あります。

  • 第52回 日本ダービー(シリウスシンボリ)
  • 第58回 日本ダービー(トウカイテイオー)
  • 第69回 日本ダービー(タニノギムレット)
  • 第80回 日本ダービー(キズナ)

オールドファンならすぐ気づくかと思いますが、上記の4頭の共通点はすべて1番人気だったこと。

乗り替りが不利なデータと相対するデータだけど、これを見る限りサートゥルナーリアは堅いのかも。

ちなみに、上記の4回の日本ダービーの2着馬は、2番人気が2回と3番人気が2回でこちらも堅い決着。

5月26日に行われる日本ダービーは必ず1番人気が勝ちます。

「日本ダービー 2019」まとめ

買い方としては、ダノンキングリー→サートゥルナーリア→リオンリオン・ロジャーバローズの2点が本線です。

日本ダービーの馬券

ただし、乗り替りを除けばサートゥルナーリアが1着になるから、サートゥルナーリア→ダノンキングリーが必要かも。

最後に面白いデータを1つご紹介しますが、今年のG1に特徴があるのをみなさんはご存じでしょうか?

レース名1着2着3着
フェブラリーS432
高松宮記念224
大阪杯342
桜花賞482
皐月賞642
天皇賞・春756
NHKマイル885
ヴィクトリアM252
オークス751

上記は今年行われたG1の1着から3着の枠番で、フェブラリーSから皐月賞まで2枠と4枠が3着以内。

天皇賞・春以降は5枠が必ず3着以内に入っているから、日本ダービーも5枠の馬に注目してください。

競馬予想
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ドスポグ