ドスポグへようこそ!

競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

G1の予想記事一覧!

20年前のジャパンカップと比べて2016年の外国招待馬のレベルが低い!

競馬競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク

競馬

ジャパンカップは、日本で初めて国際指定された記念すべきレースなのに、最近の外国馬のレベルはちょっとヒド過ぎる。20年前に比べたら、こんなのジャパンカップなんて言えません。以前は、凱旋門賞馬やブリーダズカップターフの勝ち馬が来ていたのに、ここ数年はビッグタイトルを勝った馬って、ジャパンカップに来ていたのでしょうか?今からでも遅くないので、有力な外国馬がたくさん来てくれるような国際レースにするために、日程の変更をした方が良いのではないですか?

20年前の第16回ジャパンカップに来た外国招待馬!

枠番馬番馬名騎手
11ストラテジックチョイスR.クィン
2ゴーゴーゼット村本 善之
23タイキフォーチュン柴田 善臣
4ファビラスラフイン松永 幹夫
35セイントリーD.ビードマン
6バブルガムフェロー岡部 幸雄
47ペンタイアM.ヒルズ
8サクラケイザンオー横山 典弘
59エリシオO.ペリエ
10アワッドC.マッキャロン
611フラッグダウンJ.A.サントス
12ダンスパートナー四位 洋文
713カネツクロス的場 均
14シングスピールL.デットーリ
815ユウセンショウ河内 洋
16ヒシナタリー角田 晃一

今から20年前のジャパンカップは、国際G1レースの名に恥じない、華やかなメンバーがそろいました。

そんな1996年の第16回を勝ったのは、L.デットーリ騎手が鞍上のシングスピール。

シングスピールは、G1勝ちがカナディアンインターナショナルだけでしたが、パリ大賞、エクリプスS、コロネーションC、ブリーダーズCターフのG1がすべて2着。

連帯を外したのはわずか2回だけで、ジャパンカップを勝ったあとは、ドバイワールドカップ、コロネーションC、インターナショナルステークスに勝ちました。

種牡馬としても、日本の場合は、アサクサデンエンやローエングリンの父として知られています。

自分はシングスピールよりも、1番人気(結果は3着)だった凱旋門賞馬のエリシオ(鞍上はO.ペリエ)の方に、注目をしていたと思います。

他には、愛チャンピオンS、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬のペンタイアなど、有力が外国馬が出走していました。

個人的な意見ですが、ジャパンカップでは1番人気になるような外国招待馬が来て欲しくて、その馬を日本の馬が打ち負かすシーンが見たいと思っています。

キシ
今よりも、外国招待馬の頭数が多いのが良いですね。個人的には最低でも5頭くらい出走をしていないと、ジャパンカップとして盛り上がりに欠けると思います。

第36回ジャパンカップの外国招待馬!

2016年の第36回ジャパンカップに出走する外国招待馬はアイルランド産が2頭(調教はフランスとドイツ)、ドイツ産(調教もドイツ)が1頭。

3頭は、すべて4歳で牡馬が2頭に牝馬が1頭、すべての馬がG1を勝っています。

昔は、もっと多くの外国招待馬が来ていたけど、今年は3頭なのでかなり寂しいですが、予備登録の段階ではもっといたんですけどね。

個人的に来て欲しかったのは、ファウンド、ハイランドリール、マインディング、セブンスヘブン、ハーザンド、フリントシャーが来てくれたら面白かったのになぁ。

すでに知っているでしょうが、第36回ジャパンカップに出走する3頭を簡単にご紹介します。

イラプト

イラプト(4歳・牡馬・アイルランド産・フランス調教)は、2015年のジャパンカップにも出走して、勝ち馬から0.3秒差の6着。

2016年の主な戦績は、カナディアンインターナショナル(G1・芝2400M・左回り)で1着、サンクルー大賞(G1・芝2400M・左回り)で2着。

今シーズンは、2400Mに限定すると3回出走しており、1着1回、2着1回、5着が1回ですが、5着のキングジョージ6世&(G1)は右回りなので、左回りだけだったら(1.1.0.0)の成績。

さらに、5着に負けたキングジョージ6世&(G1・芝2400M・右回り)は、凱旋門賞2着馬のハイラドリールに続く2番人気だったことから、左回りだったら侮れない1頭になりそう。

ナイトフラワー

ナイトフラワー(4歳・牝馬・アイルランド産・ドイツ調教)も、2015年のジャパンカップに出走しており、勝ち馬から0.5秒差の11着。

2016年の主な戦績は、オイロパ賞(G1・芝2400M・右回り)で1着、バーデン大賞(G1・芝2400M・左回り)で2着、ベルリン大賞(G1・芝2400M・左回り)で2着。

今シーズンは、(1.2.0.2)の成績ですが、すべて2番人気以上で出走をしているから、注目されている馬ではあるみたいです。

さらに、2400Mだけだったら(1.2.0.0)で、斤量はすべて58.5kgだったから、斤量が55kgのジャパンカップは、かなり軽く感じるはずなので注意が必要かも。

イキートス

イキートス(4歳・牡馬・ドイツ産・ドイツ調教)は、初めてジャパンカップに出走する馬。

2016年の主な戦績は、バーデン大賞(G1・芝2400M・左回り)で1着、バーデン経済大賞(G2)で1着。

バーデン大賞では、上記のナイトフラワーに0.5秒差で勝っていますが、今シーズンは(2.1.0.4)なので、上記の2頭に比べれば厳しいと言わざるを得ません。

イキートスは、馬場が渋ると成績が比較的良いので、天気が悪くなったら注意が必要かも。

キシ
今年も、わずか3頭しか、外国招待馬が来てくれませんでした。おまけに、3頭のうちの2頭が去年と一緒。有名な外国馬が出て来るから、ジャパンカップなのに、これだとかなり寂しいですね。

馬券は買う?買わない?

上記の3頭の外国馬の中で、まず消して良いのがドイツのイキートス。

ジャパンカップ当日の天気が雨(11月22日現在)なので、馬場が渋ればチャンスがあるのかもしれないけど、前日が晴れなので、イキートスが望む馬場ではない気がします。

ナイトフラワーは、58.5kgの斤量で出走した2400Mで(1.2.0.0)だから、ジャパンカップでも注意が必要です。

ただし、前述のイキートス(バーデン大賞)に負けており、当時がイキートスの得意な重馬場だったとしても、重い印を打てるほど期待ができません。

外国招待馬の3頭の中で、印が一番に重くできそうなのはイラプトで、左回りも2400Mもこの馬にはベストな条件です。

東京競馬場の馬場にも、2015年に経験しており、馬場適性があると思って、2016年も挑戦し来たのでしょうから、評価は一番に高いです。

自分の場合は、オカルト予想をメインとしているので、馬券に組み入れるかはまだ分かりませんが、外国招待馬だったらイラプトに注目です。

キシ
オカルト予想に関係ない場合は、イラプトに注目ですが、基本的には、日本馬の方が有力なので、外国馬はヒモちゃんで抑える程度です。

まとめ

もっと有力な外国招待馬が来てくれると、国際G1レースとして華やかになるのですが、2016年は去年に出走した馬が2頭もいるので、かなり盛り上がりには欠けそうです。

昔のように、凱旋門賞馬やブリーダーズCターフのような、競馬ファンが知っているG1を勝った馬に来て欲しいです。

ここ最近の出走馬を見ていると、国際G1レースから除外されてしまうのでは?と思ってしまいます。

日本で初めて、国際G1レースとして指定されたジャパンカップなので、もっと華やかなレースになって欲しいから、JRAは日程の変更を考慮した方が良いのでは?

競馬ファンとしては、強い外国招待馬を日本場が打ち負かすシーンを見たいので、ぜひ、2017年こそは有力が外国馬に来てもらえるように、JRAには頑張って欲しいと思います。

最後に、予定では11月24日に第36回・ジャパンカップのオカルト予想を掲載する予定なので、よろしくお願いします。

キシ
「あの外国馬が出ているから、ジャパンカップを見に行きたい!」と思わせるような馬を招待しないと、ジャパンカップの価値が薄くなると思います。頼むぞ!JRA!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう