ドスポグへようこそ!

競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

G1の予想記事一覧!

第78回皐月賞のオカルト予想のヒントはサッカー日本代表監督にあり!

競走馬G1予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年に入って、全く更新してなかったけど、皐月賞の週にビッグニュースがあったので、オカルト予想をします。

そのニュースとは、サッカー日本代表のハリルホジッチ監督が、この時期に更迭されたことで、本当にビックリ。

更迭は不謹慎だけど、第78回皐月賞は、このニュースがヒントになり、オカルト予想の本命馬が見つかるはず。

ヒントになるのは、ハリルホジッチ氏に変り、新監督になった西野朗氏なので、いろいろと情報収集しました。

もしかしたら、ビートたけしがヒントになるかもしれないけど、それは当たり前すぎるから、今回はパスです。

第78回皐月賞の有力馬!

枠番馬番馬名性齢斤量騎手
11タイムフライヤー牡357.0kg内田博幸
2ワグネリアン牡357.0kg福永祐一
23ジャンダルム牡357.0kg武豊
4スリーヘリオス牡357.0kg柴田善臣
35キタノコマンドール牡357.0kgM.デムーロ
6アイトーン牡357.0kg国分恭介
47エポカドーロ牡357.0kg戸崎圭太
8ケイティクレバー牡357.0kg浜中俊
59オウケンムーン牡357.0kg北村宏司
10ジェネラーレウーノ牡357.0kg田辺裕信
611マイネルファンロン牡357.0kg柴田大知
12グレイル牡357.0kg岩田康誠
713ダブルシャープ牡357.0kg和田竜二
14サンリヴァル牡357.0kg藤岡佑介
815ステルヴィオ牡357.0kgC.ルメール
16ジュンヴァルロ牡357.0kg大野拓弥

第78回皐月賞は、堅い決着になりそうだったのに、ダノンプレミアムの回避で、一気に混成ムードの様相。

1番人気になりそうなのは、弥生賞が2着だったワグネリアンで、ダノンが不在なら、チャンスは十分にありそう。

ただし、不安があるとすれば、エンジンの掛かりが遅いことかも。

2番人気なりそうなのは、スプリングSを勝ったステルヴィオで、2週連続で、ロードカナロア産駒とルメールかも。

ただし、やはり気になるのは、ロードカナロアの距離適性でしょうね。

3番人気になりそうなのは、すみれSを勝ったキタノコマンドールで、話題性だと、こちらの方がありそうです。

ただし、強い相手と戦っていないので、あっさり負けるかもしれません。

あとは、共同通信杯を勝ったオウケンムーン、弥生賞3着のジャンダルム、ホープフルSを勝ったタイムフライヤーなどがいます。

キシ
ダノンがいなければ、やはりワグネリアンが、1番人気になるでしょうね。

サッカー日本代表監督が更迭された!

4月9日に、ビッグニュースが入って来て、それがサッカー日本代表監督のハリルホジッチ氏が、更迭されたこと。

そして、ハリルホジッチ氏に変り、新監督になったのが、マイアミの奇跡のときの監督だった西野朗氏。

そこで第78回皐月賞は、新監督の西野朗氏が、オカルト予想のヒントになり、本命馬が見つかると予想します。

シンプルに名前から本命馬を探す

あまり難しく考えず、シンプルに新監督の名前から、第78回皐月賞の本命馬を探せば、1頭が見つかるはず。

そこで、西野朗(にしのあきら)から、「にしの」か「あきら」の名前を探し、本命馬を探しました。

見つかったのはオウケンムーンとスリーヘリオス

漢字は違うけど、オウケンムーンの馬主は福井明氏、スリーヘリオスの調教師は村山明氏、該当はこの2頭。

どちらを選ぶかは、こちらもシンプルに、重賞勝ちのあるオウケンムーンにするのが、妥当な予想だと思います。

キシ
さすがに、スリーヘリオスは、戦歴から見る限り、本命馬にはできません。

オウケンムーンが本命馬になるもう1つの理由!

新監督の西野朗氏から、馬主が同じ「あきら」のオウケンムーンが、本命になったけど、実は理由がもう1つあります。

なんと、2011年から2017年までが、同じ条件に該当しており、オウケンムーンが本命馬にピッタリなんです。

なぜ本命馬に、オウケンムーンがピッタリなのかは、以下のデータを見れば明白なので、買うしかありませんよ。

ポイントは前走が1800Mの重賞を勝っている

年度名前レース名着順
2017年アルアイン毎日杯(G3)1着
2016年ディーマジェスティ共同通信杯(G3)1着
2015年ドゥラメンテ共同通信杯(G3)1着
2014年イスラボニータ共同通信杯(G3)1着
2013年ロゴタイプスプリングS(G2)1着
2012年ゴールドシップ共同通信杯(G3)1着
2011年オルフェーヴルスプリングS(G2)1着

なんと、2011年から2017年まで、前走が1800Mの重賞を勝っている馬が、連勝で皐月賞も1着になっています。

今年の該当馬は、ステルヴィオとオウケンムーンしかおらず、血統の面から言えば、オウケンムーンに軍配。

さらに、前走で最も多いのが、7頭中4頭が勝っている共同通信杯で、2つの面でオウケンムーンに決定です。

心配なのは馬体重の増減

オウケンムーンで心配なのは、近3走の馬体重の増減が、「-10」「+12」「-10」と、かなり激しいこと。

当日の馬体重が、2ケタのマイナスやプラスだったら、さすがに体調に問題がありそうなので、注意が必要かも。

皐月賞の場合、枠順は2番枠でも18番枠でも、勝っている馬がおり、あまり気にしなくても、大丈夫みたいです。

キシ
2週連続で、国枝厩舎&ルメール騎手と言う人は、去年のダービーとオークスを思い出そう。

マイアミの奇跡の年と今年は似ている!

西野朗氏と言えば、オリンピックの「マイアミの奇跡」を、思い出す人も多いはずで、それが1996年のこと。

そこで、1996年の皐月賞を振り返ったら、今年の皐月賞に類似しており、これはヒントになりそうです。

今年の皐月賞は、最有力馬のダノンプレミアムが回避、1996年も、最有力馬のバブルガムフェローが回避。

そんな1996年の皐月賞は、4番人気のイシノサンデーが1着で、1番人気のロイヤルタッチが2着。

あくまでも予想ですが、本命馬のオウケンムーンは、4番人気になりそうなので、期待して問題ないでしょう。

※土曜日の段階で、4番人気はジャンダルムだけど、なんとか日曜日には、4番人気になって欲しいなぁ。

キシ
本当に4番人気だったら、オウケンムーンを、買うしかありませんね。

問題なのは相手探し!

本命馬は、オウケンムーンに決まりましたが、問題なのは相手探しで、当日の馬場状態も含めると、かなり難解です。

とりあえず、人気馬から順番に、馬券を買うべきかどうかを、検討したいと思います。

ワグネリアンを一応は抑えます

土曜日の段階で、1番人気のワグネリアンは、出世レースの東スポ杯を勝っているから、抑えるべき1頭です。

ただし、先週と今週の追い切りが、かなり軽くらしく、輸送前の体重も、前走よりプラス8kgだけなので、ちょっと心配。

当日の馬体重と、パドックの様子を良く見てから、最終的な判断をした方が、良いかもしれませんね。

ステルヴィオも抑えます

2番人気のステルヴィオも、やはり抑えるべきで、距離の不安はありますが、1800Mで勝ち鞍があるから、ギリギリ持つはず。

ただし、こちらの場合は、馬場と外枠が不安なので、絶対的な相手候補にするのは、ちょっと不安ですね。

キタノコマンドールは抑えません

3番人気のキタノコマンドールは、初の長距離輸送、初の強豪相手、キャリア2戦、不利な条件がそろっており、抑えません。

ジャンダルムも抑えません

4番人気のジャンダルムは、父の産駒も母の産駒も、2000M以上のレースで、勝っていないから、さすがに厳しいでしょう。

エポカドーロは念のため抑えます

5番人気のエポカドーロは、当日の馬場が渋れば、オルフェ産駒なので、対応できそうだから、念のために抑えます。

距離適性なら、スプリングSを勝ったステルヴィオよりも、エポカドーロに分がありそうですからね。

6番人気以下の馬で抑える馬

6番人気以下だと、馬体が絞れていればサンリヴァルで、ワグネリアンと0.1差だから、展開次第でチャンスありそうです。

当日の馬体重が、マイナス10kg以上だった場合は、念のため抑えた方が、良いと思いますよ。

キシ
三連単を買う人は、3着候補に堅実な走りをする、マイネルファロンがおすすめです。

まとめ

オカルト予想と、前走の1800Mの重賞勝ちを加味すれば、第78回皐月賞の本命馬は、オウケンムーンに決まり。

ただし、血統面を見ると、父・オウケンブルースリ、母父・エリシオなので、本格化するのは、もう少し先かも。

それでも、ダノンプレミアムがいないし、ワグネリアンの他は、弱点が多そうなので、チャンスはありそう。

あとは、相手を探せば良いから、調教と枠順を吟味して、今年初めてのオカルト予想を、的中させたい。

ちなみに、相手として面白そうなのは、人気がベタ落ちしていた場合に限り、タイムフライヤーですね。

キシ
ちなみに、今年のG1は、高松宮記念を、ワイドで当てております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう