ドスポグへようこそ!

競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

G1の予想記事一覧!

いろいろありました!2016年の競馬を5つのニュースで振り返ります!

競走馬競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016年の競馬界も、いろいろなニュースを振りまいて終わりました。

具体的にはこれからご紹介しますが、基本的には良いニュースが多かったので、良かったのではないでしょうか。

馬券の方は、当たり前だけど当たったり外れたりで、JRAの馬券だけだとギリギリ収支はマイナスですが、海外競馬を含めるとプラスになるので、良い1年だったと思います。

自分の独断と偏見でありますが、2016年の競馬界のニュースを簡単に振り返ります。

みなさんは、2016年の競馬界のニュースで、なにが一番に驚きましたか?

あと最後に、自分が勝手に選んだ番外編のニュースもありますよ。

1.久しぶりの女性騎手誕生!

やはり最初に挙げる2016年の競馬界のニュースは、16年ぶりに誕生した藤田七菜子騎手のデビューでしょうね。

デビュー前からテレビで取り上げられていたので、スゴい人気だったから本人も驚いたはずですが、まさかここまで人気になるとは自分も思いませんでした。

東京競馬場へ行ったときに、ちょうど藤田七菜子騎手が勝ったのですが、場内は拍手喝采で馬券が外れて怒っているはずのおじさま方も、喜んでいましたからね。

でも、騎手としての腕は未熟だし、追い方を見ても他の新人騎手よりも危なっかしいので、もっと技術を学ぶ必要はありそうです。

まぁそんなことを言われなくても、本人が一番に分かっているでしょうから、2017年は今年以上に勝ち星を増やせるのでは?

2016年は、落馬を何回かしているので、ケガのないよう安全な騎乗を心掛けて、ファンを喜ばせるような騎乗をして欲しいです。

ただし、馬券を買う側からすると、過剰人気になってしまうのが困るので、連軸にするのはちょっと難しい騎手なんですけどね。

キシ
藤田七菜子騎手フィーバーは、来年も続きそうですね。でも、人気先行ではなく、しっかり実力が伴わないと、ファンから信用されないので、2017年はさらなる成長を期待していますよ。

2.海外競馬の馬券を発売!

馬券を買う側としては、海外の競馬が買えてうれしかったのですが、それと同時に出費も増えてしまうので、良し悪しなニュースでした。

海外のレースによっては、平日に開催をするので、A-PATでは買えないことがあり、不自由を感じた人がいたかもしれません。

日本のレースなら、前走や調教などを調べて勝ち馬を見つけますが、海外のレースは情報が少ないので予想をするのはかなり難しかった気がします。

さらに、パドックも全部の馬を見せてくれる訳ではないので、2017年以降も過去のレースだけで判断をする必要がありそうです。

馬券を買う側としては、レースを見るからには馬券を買いたくなるので、JRAはかなり海外競馬で利益が出たらしいのでファンに還元してくれないかなぁ。

自分は、すべての海外馬券を買ってはいませんが、とりあえず香港国際競走の香港マイルが当たったことが良かったです。

2017年は、今年以上に強い馬が海外へ遠征して、さらに買えるレースが増えるかもしれませんね。

キシ
海外競馬の馬券が買えるのはうれしいけど、情報が少ないは予想をする上で困ります。海外の人は、どんなファクターで予想をしているのか、ぜひ教えて欲しいですね。

3.今年も凱旋門賞を勝てなかった!

毎年のように、今年こそは勝てる!今年こそは勝てる!と言っているような気がする凱旋門賞。

2016年も同じように、マカヒキが前哨戦のニエル賞を勝って、今年こそは勝てる!と思ったファンも多かったでしょう。

でも、結果はみなさん知っての通り、マカヒキが14着の大惨敗で、2016年も長年の悲願達成はなりませんでした。

有馬記念の結果を見た人は、もしかしてらマカヒキじゃなくて、サトノダイヤモンドが行ってたら勝ったのでは?と思ったかもしれません。

確かに、可能性としてゼロではありませんが、マカヒキにダービーの疲れがあったと言われているから、サトノダイヤモンドが出ても同じような結果の可能性の方が高そうです。

2017年は、サトノダイヤモンドが凱旋門賞に向けてローテーションを組むらしいので、もしかしたら悲願が達成されるかも。

さらに確定してはいないけど、キタサンブラックも凱旋門賞に出るなんて言われているから、2016年よりも期待ができそうです。

キシ
毎年のように、今年こそは凱旋門賞を勝てる!なんて言ってますが、やはり2016年もダメでした。2017年は有馬記念のような、タッグを組んで挑むのはどうでしょうか?

4.モーリスの強さに脱帽!

競走馬では、やはり2016年の年度代表馬になるであろう、モーリスの強さがスゴかったです。

デビューから注目されていた1頭だったけど、精神的な面でなかなか勝ち上れないままでしたが、堀厩舎に転厩してからは素質が開花しました。

安田記念、マイルチャンピオンシップ、香港マイル、チャンピオンズマイル、天皇賞(秋)、香港カップのG1を勝つなんて、調教師も想像できなかったのでは。

特に、天皇賞(秋)、香港カップは本当に強かったので、できればもう1年だけ走って欲しいと思っちゃいましたね。

モーリスは買ったときのセリ値が1,050万円で、獲得賞金額が10億円だから、100倍になったなんて馬主の吉田和美さんの相馬眼はスゴい。

初めから、堀厩舎にいればクラシックで活躍できたかもしれないので、そこがちょっと残念ですが、久しぶりに強いなぁと思える1頭を見らえて良かったです。

モーリスの母系には、2011年に解散してしまったメジロの血が流れているので、ぜひ後世に伝え続けて欲しいです。

キシ
モーリスは、本当に強い馬になりましたね。若くて元気な頃に種牡馬になると良い馬が出ると言われているので、まだまだ現役で走れそうなモーリスの子どもは、かなり期待ができそうです。

5.戸崎圭太騎手が3年連続のリーディング!

2014年、2015年に続き、2016年の リーディングジョッキーに輝いたのが、187勝をした戸崎圭太騎手。

3年連続で、リーディングジョッキーになるのは、スゴいことなのですが、2016年は勝率や獲得所金額で言うと、2位のルメール騎手の方が上なんですよね。

G1は、戸崎圭太騎手がヴィクトリアマイルのストレイトガールだけだったのに対して、ルメール騎手は4勝(NHKマイルカップ、菊花賞、阪神ジュベナイルフィリーズ、有馬記念)。

勝ち星だけ見れば、戸崎圭太騎手ですが、2位のルメール騎手との差は1勝だったので、ちょっと微妙な感じになっちゃいました。

特に後半のG1戦線では、人気の馬に乗っても全く馬券に絡めなかったので、2017年はもう少しG1を勝てるように頑張ってください。

それでも、リーディングジョッキーには間違いないので、ぜひ4年連続でリーディングジョッキーになるように、2017年も頑張って欲しいです。

馬券としては、戸崎圭太騎手のG1での成績が悪かったのを知っていたので、自分は買っていなかったのは大正解でした。

キシ
2016年の戸崎圭太騎手は、G3を10勝もしているので、この馬たちが成長してくれれば、2017年は大きなレースも勝てそうです。自分が注目しているのは、スマートオーディンですね。

番外編.武幸四郎騎手と三浦皇成騎手。

他にも、いろいろなニュースがあったので、自分が勝手に選んだ2つをピックアップします。

まずは、武邦彦元騎手が亡くなり、息子の武幸四郎騎手が調教師試験に合格したことです。

残念なニュースとおめでたいニュースだったのですが、できればご存命中に父の武邦彦元騎手は、武幸四郎騎手の合格を知りたかったでしょうね。

調教師デビューが、いつになるか分かりませんが、ぜひ武幸四郎調教師の馬で、武豊騎手が勝つシーンを見せて欲しいです。

あと、もう一つは、札幌競馬場で落馬負傷した、三浦皇成騎手の大ケガがニュースとして気になっています。

現在進行形なのは、まだ三浦皇成騎手が復帰していないからで、最近になりやっと集中治療室から出られたそうで、復帰にはまだ時間が掛かりそうだからです。

大きいレースでは、まだ勝ち星がないものの、2016年の函館2歳Sをレヴァンテライオンで勝っていただけに、1日でも早く復帰できるようにリハビリを頑張って欲しいです。

キシ
武幸四郎騎手が調教師の勉強をしているのは知っていたけど、まさかこんなに早く合格して引退するとは思いませんでした。あと、三浦皇成騎手が早く復帰できることを願っています。

まとめ

2016年も、無事に競馬が終わってホッとしていますが、あっと言う間にすぐ金杯が行われるので、競馬ファンの年末年始はあまり長くありません。

短い休みを挟んで、すぐに2017年が始まるから、しっかり馬券の反省をして、楽しい2017年を迎えましょう。

2017年は、クラシックでは、ソウルスターリング、サトノアレス、レイデオロなどに期待が掛かり、古馬では、サトノダイヤモンド、マカヒキなどに注目です。

ちなみに、馬券の方では、2016年に1度も万馬券を取れなかったので、2017年は最低でも1度くらいは、万馬券が取れるようにしたい。

2017年の競馬は、1月5日の金杯から始まりますので、当ブログも金杯のオカルト予想を皮切りに、たくさん予想をして行きますので、よろしくお願いします。

キシ
2017年こそは、凱旋門賞を勝って長年の悲願を達成して欲しいです。できれば、武豊騎手とキタサンブラックにお願いしたいですが、その前に本当に出走する気があるのでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう