ドスポグへようこそ!

競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

G1の予想記事一覧!

第24回チューリップ賞と第54回弥生賞のオカルト予想のヒントはあの芸能人!

競走馬 競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近、全く当たっていない競馬の予想ですが、今回はオカルト予想のヒントになるニュースが飛び込んで来たので、今度こそ当てられるかもしれません。今週の重賞はクラシックへのステップレースのチューリップ賞と弥生賞。どちらも有力馬が参戦するので、普通にどんな結果になるかワクワクします。でも、競馬は当ててなんぼのギャンブルだから、しっかりオカルト予想をしますよ。3月なり2月の不調を払しょくして、このレースからバシバシ当てて行きたいと思います!

チューリップ賞の出走馬!

桜花賞トライアルであるチューリップ賞は、強力な2頭が出走して来たので、他の馬は3着狙いが限界かもしれません。

まず1番人気になるのは、阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったソウルスターリング。

阪神ジュベナイルフィリーズの勝ち方を見れば、こんなところで負ける訳がないと思うので、逆らうのは危険かもしれません。

2番人気になるのは、阪神ジュベナイルフィリーズで2着だったリスグラシューで、負けたとは言え大外枠からだったので、勝ったソウルスターリングも強かったのでは?

3番人気は、シンハライトを姉に持つミリッサになると思いますが、展開が向かなかったエルフィンステークスでの3着が気にあるところ。

普通に考えれば、ソウルスターリングとリスグラシューが1,2着になると予想しますが、果たして馬券としてあまり面白味のない決着になるでしょうか?

キシ
ソウルスターリングとリスグラシューが出て来たので、チューリップ賞は馬券を買うレースではなく見るレースかもしれません。

弥生賞の出走馬!

弥生賞は、チューリップ賞とは違い、3つ巴の戦いになると予想しています。

まず、ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスを勝ったカデナが1番人気になるでしょう。

カデナは中山遠征が初めてではありますが、東京遠征の経験があるので、輸送に関しては問題ないと思います。

個人的に注目しているのは、未勝利でのラップタイムで、阪神の稍重で上り3ハロンが「12.0 – 11.8 – 11.8」は立派でしょう。

もしかしたら、こちらが1番人気になるかもしれないのが、京成杯を勝ったコマノインパルス。

前走は2着馬のガンサリュートに迫られましたが、かなり強い内容だったので、同じ距離の弥生賞でも大丈夫でしょう。

3番人気になるのは、オークス馬のシーザリオを母に持ち、兄には菊花賞、ジャパンカップを勝ったエピファネイヤがいるグローブシアターだと思います。

前走のホープフルステークスは3着に敗れてしまったけど、初めての関東遠征でイレ込んでしまった感じもするので、2度目の今回は大丈夫ではないでしょうか。

他には、朝日杯フューチュリティステークスで2番人気になったダンビュライト、デビューから2連勝中のダイワキャグニーなどに注目が集まりそうです。

キシ
普通に考えたら、カデナ・コマノインパルス・グローブシアターの中から勝ち馬が出るのではないでしょうか?

チューリップ賞のオカルト予想!

チューリップ賞のオカルト予想のヒントは、今週、芸能界を引退した堀北真希さんだと思います

堀北真希さんと言えば、NHKの朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」で大ブレイクした女優さんだったので、ヒントは「梅ちゃん先生」にありそう。

そこで「梅ちゃん先生」をヒントに探すと、梅の文字が入っている紅梅ステークスを勝ったアロンザモナだと予想します。

アロンザモナは、デビュー戦での上がり3ハロンのラップが「11.8 – 11.4 – 11.2」と11秒台で加速をしているので、かなり強いかもしれません。

さらに、デビュー2戦目の「こうやまき賞」は負けてしまったけど、アーリントンカップを勝ったペルシアンナイトが1番人気でアロンザモナは2番人気でした。

あくまでも人気の話ではありますが、ペルシアンナイトの次の人気だったことから、アロンザモナにかなりの期待をして良いと思います。

チューリップ賞のオカルト予想

堀北真希さんが主役だった「梅ちゃん先生」をヒントに、紅梅ステークスを勝ったアロンザモナを本命にします。馬券的には、アロンザモナからソウルスターリングとリスグラシューへ流すのが良いでしょう。

キシ
強敵であるソウルスターリングとリスグラシューがいるので、アロンザモナは相手候補でしょうね。さすがに単勝は厳しいかな。

弥生賞のオカルト予想!

弥生賞のオカルト予想のヒントは、今週に亡くなったムッシュかまやつさんから拝借したいと思いまうす。

ここはシンプルに考えて、ムッシュかまやつさんの「ムッシュ」は、フランス語なのでそのままフランス語を使ってい名前の馬を指名するのが妥当でしょう。

出走馬の中で、フランス語の名前を使っているのは、福永祐一騎手が鞍上のカデナ(フランス語で南京錠)しかいません。

さらに、カデナの母の名前はフレンチリヴィエラ、母父はフレンチデピュティ、どちらもフランスを連想させるので、これはオカルト予想にピッタリ。

あと考えられるのは、フランスの血統の馬ぐらいしかいないので、父がフランス産で凱旋門賞を勝ったことがあるバゴ産駒のコマノインパルス。

この2頭はムッシュかまやつさんの「ムッシュ」と縁があるフランス関連の馬なので、この2頭を指名すれば大丈夫でしょう。

弥生賞のオカルト予想!

馬名がフランス語のカデナと父がフランス産・バゴのコマノインパルス。この2頭がオカルト予想の本命・対抗です。

キシ
ムッシュつながりで、フランス関係の馬をオカルト予想にしました。ただし、どちらの馬も上位人気なので、普通に予想しても来そうですがね(笑)。

まとめ

チューリップ賞も弥生賞も強力な馬が出走しているので、あまり荒れないと予想していますが、先週の阪急杯と中山記念が荒れたので、今週も荒れたりして?

オカルト予想的には、チューリップ賞の方を当てたいと思っているので、こちらの方に若干で良いから荒れてくれるとうれしいです。

逆に、弥生賞はかなりガチガチのオカルト予想になってしまったので、こちらは荒れないで欲しいですが、最近、予想が裏目に出ているので、真逆になったりして・・・。

どちらにしても、チューリップ賞はアロンザモナ、弥生賞はカデナとコマノインパルスに期待します!

キシ
ガチガチの予想をした先週の阪急杯と中山記念。その2レースともに荒れてしまったので、ガチガチ予想になった弥生賞も、荒れてしまうかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう