ドスポグへようこそ!

競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

G1の予想記事一覧!

2019年の巨人軍監督は引き続き高橋由伸になる決定的な7つの理由!

ピッチャー巨人
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも。生まれてからずっと、熱狂的な巨人ファンですが、なぜか高橋由伸監督は、あまり好きではありません。

できれば、2019年の来季は、違う監督に変えて欲しいけど、現状を選手を鑑みた結果、来季も高橋由伸監督にほぼ決定。

なぜ、来季も高橋由伸監督が、指揮を取るのかと言うと、決定的な理由が7つもあり、これだけあれば、間違いないでしょう。

アンチ高橋由伸としては、残念な結果に終わりそうだけど、7つの理由を見ると、仕方がない部分も、実際にはありますね。

来季も高橋由伸監督で、我慢はするけれど、最低でもヘッドコーチだけは、変えてもらわないと、さすがにヤバいですよ。

4番で期待したゲレーロ選手の誤算!

巨人アレックス・ゲレーロ外野手(31)が15日、コンディション不良で今季初めて出場選手登録を抹消された。

引用:巨人ゲレーロ1軍登録抹消「不安があった」高橋監督
URL:https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806150000729.html

中日から移籍したゲレーロ選手は、2017年のホームラン王だから、一応は期待をしたけど、見事に裏切られた。

月に、二軍落ちをしてから、全く一軍に上がる気配はなく、念のため打率を調べると、2割前半のヒドい数字。

8月26日に、ゲレーロ選手は、1軍に復帰したけど、阿部選手と交互で使いそうだから、また腐ってしまうかも。

期待した助っ人外国人が、見事にコケてしまったので、仮に優勝ができなくても、ナベツネは許すと思います。

キシ
中日ファンは、「ざまあ見ろ!」と、思っているでしょうね。

先発で期待した野上投手の誤算!

巨人野上が30日、出場選手登録を抹消された。今季9試合に登板し4勝4敗、防御率5・07。前回登板の27日阪神戦では5回4失点で自身2連敗を喫した。

引用:巨人野上が登録抹消 2軍調整中の内海が先発へ
URL:https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805310000075.html

西武から獲得した野上投手は、先発投手として、かなり期待したけど、いつの間にか、中継ぎに降格。

本来なら、先発の柱として、頑張って欲しかったから、不甲斐ない結果で、これも誤算と、言えるでしょう。

ただし、西武時代の成績を見ると、勝ちと負けの数が、ほぼ同じ投手なので、期待し過ぎたのかもしれません。

FAで獲得した野上投手が、まさかの大誤算だったので、仮に優勝ができなくても、ナベツネは許すと思います。

キシ
ちなみに、人的補償の高木勇人投手は、もっと活躍してないけどね。

中継ぎで期待した上原投手の誤算!

巨人の上原が27日、不振のため開幕してから初めて出場選手登録を外れた。米大リーグから10年ぶりに古巣に復帰した今季は28試合に登板し、0勝5敗で防御率4・33。

引用:巨人・上原、不振で2軍落ち「結果出てないから仕方ない部分あるし、悔しい思いある」
URL:https://www.sanspo.com/baseball/news/20180727/gia18072718520007-n1.html

開幕当初は中継ぎとして、大活躍した上原投手も、シーズンが進むと、被本塁打が増えた結果、二軍に降格。

本人も言ってたけど、開幕当初から調子が、良かった訳ではないので、本人もある程度は、納得しているはず。

でも、かなり期待していただけに、シーズンの後半から、上原投手がいないのは、やはり誤算と言えるでしょう。

上原投手は、中継ぎで大活躍をすると、思っていたから、仮に優勝ができなくても、ナベツネは許すと思います。

キシ
被本塁打が多いので、ピンチのときに投げるのは、厳しいですね。

中継ぎで期待したマシソン投手の誤算!

巨人は27日、左膝痛で戦列を離れているスコット・マシソン投手が治療を行うために渡米したと発表した。

引用:巨人マシソン左膝手術で渡米「目標は春のキャンプ」
URL:https://www.nikkansports.com/baseball/news/201808270000638.html

マシソン投手が、残留してくれたので、8回以降は安定すると思ったら、まさかのケガで長期の離脱が決定。

おまけに、左ひざの手術が、決まったらしいので、今季の復帰はないから、8回以降は、これからも不安定。

来季は、100%の状態で、春のキャンプに戻って来ると、言っているから、それが唯一の救いかもしれません。

マシソン投手がいれば、8回以降が安定したので、仮に優勝ができなくても、ナベツネは許すと思います。

キシ
マシソン投手が、今季絶望になるとは、全く想像できませんでした。

抑えで期待したカミネロ投手の誤算!

カミネロは上半身のコンディション不良を訴え、川崎市のジャイアンツ球場でリハビリ中。現地では病院で精密検査を受けるもようで、結果次第では手術を受ける可能性がある。

引用:マシソン&カミネロが渡米へ 精密検査後、結果次第で手術も
URL:https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/08/26/kiji/20180826s00001173097000c.html

マシソン投手がダメなら、カミネロ投手がいると、安心していたら、こちらは成績不振で、2軍へ行ったまま。

カミネロ投手の場合、去年の成績からすると、ある程度は活躍すると、予想をしていただけに、かなりの誤算。

おまけに、コンディションの不良で、精密検査を受けるらしく、手術をした場合、今季絶望は、確実でしょう。

今年の巨人は、抑えが不安定で、逆転負けが多いから、仮に優勝ができなくても、ナベツネは許すと思います。

キシ
上原投手、マシソン投手、カミネロ投手、7回以降の投手が、みんなダメでした。

キャプテンとして期待した坂本選手の誤算!

プロ野球・巨人の坂本勇人内野手(29)が、17日付で出場選手登録を抹消された。球団によると、16日の阪神戦(甲子園)で左脇腹を痛めたという。

引用:巨人の坂本勇人が登録抹消 左脇腹を痛める
URL:https://www.asahi.com/articles/ASL7K5JB4L7KUTQP03R.html

すでに、坂本選手は、1軍に復帰していますが、夏場の1カ月以上もの間、戦線離脱したのは、本当に大打撃。

今年は、岡本の選手の活躍があるけど、坂本選手がいなければ、大幅な戦力のダウンは、免れませんからね。

さらに、キャプテンがいるだけで、チームは引き締まるから、1カ月以上の離脱が、今となっては、本当に痛い。

坂本選手が、1カ月以上も離脱していたのだから、仮に優勝ができなくても、ナベツネは許すと思います。

キシ
坂本選手のケガは、わき腹なので、再発が少し心配ですね。

2番として期待した吉川尚選手の誤算!

巨人・吉川尚輝内野手(23)が1日、DeNA16回戦(横浜)の六回、一塁への打球で一塁にヘッドスライディングした際、左手を痛めて途中交代。試合中に病院で検査を受け、左手の骨折が判明した。

引用:巨人・吉川尚、左手骨折…一塁にヘッドスライディングした際に
URL:https://www.sanspo.com/baseball/news/20180802/gia18080205010002-n1.html

坂本選手が、ケガで離脱した際、守備の面では、吉川尚選手がいるから、大丈夫だと、安心していました。

しかし、ヘッドスライディングで左手を骨折、安定していた二遊間が、二人とも離脱とは、本当にツイてない。

守備だけで言うと、吉川尚選手の存在は、かなり大きかったので、二遊間の長期離脱は、こちらも大きな痛手。

吉川尚選手の離脱で、守備が不安定になったから、仮に優勝ができなくても、ナベツネは許すと思います。

キシ
吉川尚選手は、スゴく期待している選手なので、本当に残念です。

これだけ誤算があればナベツネがきっと許すはず!

今季は、岡本選手、田中俊太選手、重信選手、メルセデス投手、アダメス投手など、予想外の活躍もありました。

特に、岡本選手の場合、去年までの数字からは、全く想像できない活躍で、嬉しい誤算があったのも事実。

しかし、嬉しい誤算より、悲しい誤算の方が、圧倒的に多いから、今季の成績は、仕方がない部分が大きい。

これだけ誤算があると、今季で契約が切れても、再契約することは、ぼほ既定路線だと、自分は思います。

逆に言えば、これだけ誤算があっても、踏み止まっている点に、ナベツネは、評価しているでしょうね。

キシ
せめて、ヘッドコーチだけは、変えてください。お願いします。

まとめ

一部の巨人ファンは、「澤村投手の誤算は?」と、思うでしょうが、澤村投手の場合は、誤算ではありません。

澤村投手の場合、予想通りの不安定さなので、誤算ではないから、今の成績は、すでに織り込み済みです。

今季の巨人は、中継ぎと抑えが、あまりにも不安定だから、優勝ができないのは、仕方がないのでしょうね。

それを踏まえると、引き続き高橋由伸監督が、2019年もやりそうだから、アンチ由伸としては、かなりツラい。

ただし、アンチとしても、今の成績は、評価しているので、来季は、優勝してくれないと、本気で怒りますよ。

キシ
何度も言いますが、せめてヘッドコーチだけは、変えてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう