競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

ドスポグ

日本人は若乃花が最後!あと一歩なのにどうして稀勢の里は横綱になれないのか?

      2018/05/26

相撲

まだ、大相撲秋場所が始まって5日目だが、このままの状態だったら大関・稀勢の里が横綱に昇進するのは、かなり厳しいと思う。5日目で2敗だとこれから大関、横綱と対戦しても絶対に負けることはできない。大相撲秋場所は稀勢の里にとって、運が回って来て横綱になれるチャンスだと思っていただけに、もったいないし悔しい。まだ、取組は残っているから、なんとか状態を上向きにして優勝を目指して欲しい。ただ、いつも稀勢の里を見ると思うのだが、どうしていつもあと一歩のところまで来るのに、最後のあと一歩が出ないのだろうか?

ド定番な記事ベスト5!

立ち合いが悪い

大相撲秋場所の稀勢の里の取組を見ていると、少し立ち合いが悪い気がする。

相撲の素人が見ての感想だが、稀勢の里の立ち合いは、腰が立っていて相手を押し出す力が弱くなっているように見える。

この状態だと、踏ん張れないと思ってしまうのだが、相撲が大好きな人にはどう見えるのだろうか。

それと栃ノ心戦では、立ち合いで足が付いて行っておらず、状態だけが前に出てしまい変化に付いていけなかった。

綱取りの緊張で、稀勢の里が硬くなっているだけだろうけど、たぶんその緊張が取れるのは綱取りがダメになったときか、横綱になれたときだろう。

今日の貴ノ岩戦は安心して見られたが、ハッキリ言って貴ノ岩に負けてしまうようでは、横綱になるなんて絶対に無理だから買って当然。

今日の勝ちで勢いに乗れたら、稀勢の里が横綱に前進できるのだろうけど、まだまだ上位陣と対戦していないので、引き続き気を引き締めて頑張って欲しい。

キシ
このまま調子が上向きになってくれたら、綱取りに前進できそう。でも、初日から貴ノ岩戦くらいの取組ができていればなぁと思ったのは、稀勢の里を応援している人の全員が思ったはず。

やはり気持ちの問題

稀勢の里が土俵の下で、取組を待っている映像を見たことがある人なら知ってるだろうけど、稀勢の里はいつも顔がニコニコしている。

これは、緊張を取るためにニコニコした顔にしているだろう(稀勢の里は否定している)。

稀勢の里はもともと、スゴく緊張するタイプの力士だから、緊張を取るために顔をニコニコとさせているのだろうけど、そんなことをしないと緊張が取れないのなら、横綱は厳しいのではないかと思っていしまう。

自分は、以前から稀勢の里の取組を見ているが、優勝が掛かったり、大一番になればなるほど緊張して、立ち合いで「待った」をすることが多い。

そして、「待った」をした取組の大半は見事に負けているはずだ。

稀勢の里は、体格にも恵まれているし、王道の押し相撲が強いタイプだから、今の大関陣で横綱になるなら稀勢の里がピッタリだと思っていた。

ただ、いかんせんノミの心臓なので、チャンスをモノにできないのが困っちゃうだなよなぁ。

ノミの心臓を鍛えることができる稽古があったら、すぐに稀勢の里に教えてやりたい。

気持ちの問題が解消されたら、絶対に稀勢の里は横綱になれると思うんだけど、今場所中に解消されるだろうか?

キシ
たぶん稀勢の里がノミの心臓じゃなかったら、ずっと前に横綱になっていたのかもしれないね。今までの横綱を見ても、みんな勝負所でとても強いから。

千載一遇のチャンスが来たのに・・・

実は、大相撲秋場所の稀勢の里には横綱になれる運が回って来たと思っていた。

それは、稀勢の里には天敵の横綱の白鵬が休場していないからだ。

ここぞと言う一番にめっぽう強い白鵬と、ここぞと言うときにめっぽう弱い稀勢の里にとって、横綱の白鵬が不在と言うのはチャンスでしかない。

それに、横綱の鶴竜や大関の照ノ富士は、まだ万全の状態ではないので、大相撲秋場所は稀勢の里にとって、横綱になる千載一遇のチャンスだと思っていた。

本来なら、横綱、大関陣が万全の状態で、綱取りを目指さなければいけないところを、ケガ人が続出の状態で綱取りを目指せるのは、運としか言いようがない。

それなのに、稀勢の里は初日から負けてしまうなんて、せっかくのチャンスをドブに捨ててしまったようなものだ。

まだ5日目だから、どうなるの分からないけど、もう1敗も許されない状況で、ここぞと言うときにめっぽう弱い稀勢の里が勝ち続けることができるだろうか?

最後に日本人の横綱が誕生したのが1998年の若乃花だから、2016年現在で18年間も日本人の横綱が誕生していないことになる。

なんとか稀勢の里には頑張って欲しいけど、果たして千秋楽にはどのような結果が待っているのだろうか?

キシ
白鵬が休場なだけでもラッキーなのに、その千載一遇のチャンスを逃してしまうなんて、もったいないとしか言えない。まだ、取組は残っているから全くチャンスがない訳じゃないけどさ。

まとめ

人生にチャンスなんて何回もあるものじゃないから、なんとか稀勢の里にはこのチャンスをつかんで横綱になって欲しい。

ただちょっと考えてしまうのは、仮に稀勢の里が横綱になったとして、白鵬、日馬富士、鶴竜のように安定した成績を残せるかってこと。

ここ数場所は、安定した成績を残せているけど、それがずっと続きそうな気がしないのは自分だけだろうか?

ちょっと前だったら、琴奨菊が横綱候補として騒がれたけど、今ではそんな雰囲気が全くなくて優勝する前のL琴奨菊に戻ってしまった感じ。

まさか、稀勢の里もそんなことにはならないと思うけど、早く横綱にならないと元に戻ってしまったら、今度は豪栄道に期待するしかない?

千秋楽になって、稀勢の里の勝ち星がどうなっているか、そして、優勝をして悲願の横綱になれるのか、ワクワクしながら9月25日まで大相撲秋場所を楽しみたいと思います。

キシ
これで稀勢の里がダメだと、次は豪栄道に期待するしかない?それとも隠岐の海が調子が良いから大関になってもらってから横綱に期待?どっちにしろ、また時間が掛かりそうだなぁ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 格闘技