競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

ドスポグ

シンハライトが豪脚で完勝!本番の秋華賞は本命にした方が良いのでしょうか?

      2016/10/15

競馬

競馬

秋華賞のトライアルレース・ロースSで、逃げるクロコスミアを最後に差し切り、シンハライトが見事に勝利。どう考えても、差し切れるとは思えなかった展開で、スゴい脚を使いましたね。このまま順調に行けば、秋華賞でも一番人気になることは間違いなさそう。でも、あの豪脚を秋華賞でも、同じようにシンハライトが使えるのでしょうか?本命党は、シンハライトが差し切ると言いそうだし、穴党は、脚を余して2着以下に敗れると言いそうです。まだ、出走馬は決まっていませんが、シンハライトを本命に打ちますか?それとも違う馬に本命を打ちますか?

ド定番な記事ベスト5!

ローズSの結果

ローズSは、クロコスミアが短気で逃げ、直線でも先頭のまま、もしかして、シンハライトは届かないのでは?と思ったときに大外から鼻差だけ差し切っての勝利。

シンハライトの単勝を買っていた人は、差し切ってくれてホッとしたでしょうが、クロコスミアの単勝を持っていたい人は、最後の最後で差されてショックから立ち直れないでしょうね。

着差が着差だっただけに、どこかでクロコスミアに息が入れば、残ったのかもしれませんが、勝ったシンハライトの豪脚を褒めるしかないでしょうね。

あとは、馬体重を減らして、ほぼ仕上げたカイザーバルが直線に入り、差し切りるかと思ったのですが、馬場のせいだったのか3着止まり。

でも、カイザーバルは秋華賞の優先出走権を手に入れたので、あとは本番までに、上がり目があるのかどうかでしょうね。

ジュエラーに関しては、珍しく前目で位置でレースを進めたのは、もしかして、馬場が重いから前残りの展開と呼んでだったのかもしれませんが、直線で弾けることはなく、掲示板にすら載りませんでした。

4着のアットザシーサイドは、まだ完全に仕上げ切っていないのでしょうけど、本番の秋華賞の2000Mが持つのかどうかこのレースを見て疑問です。

このローズSで分かったのは、シンハライトが強い競馬をしたってことくらいですね。

自分は、ジュエラーは厳しいとは思ったので、シンハイライトとカイザーバルの馬連を予想していたけど、買わなくて正解でした。

キシ
どう見ても、シンハライトが届かないと思ったのに、キッチリ差し切っちゃうところがスゴイ。勝った池添騎手は気持ち良かったでしょうね。逆に、岩田騎手は、してやったりと思った瞬間に差されて、悔しかったでしょうね。

秋華賞でのシンハイライトは?

まだ出走馬が決まってはおりませんが、秋華賞でのシンハイライトを、本命にするかどうかが問題です。

ローズSの豪脚を見て、本命にしようと思った人と、本命にはしないと思った人とに、分かれたのではないでしょうか?

本命にしないと思った人の理由は、オークスやローズSのように位置取りが後ろすぎるので、秋華賞では届かないと思っているからでしょう。

秋華賞は、京都競馬場の芝内回り・2000Mで、桜花賞、オークス、ローズSのように直線が長くありません。

さらに、直線に坂がないから、前が止らないのも特徴的なコースなので、追込み馬には不利と言われています。

シンハイライトの豪脚でも、前が止らない京都の短い直線では届かないと思って、本命にしないでしょうね。

もう一つは、同世代の牝馬でシンハイライトほどの豪脚を使える馬がいないし、あの豪脚は2015年のミッキークイーンをこえていると言う人もいるので、秋華賞でも絶対に差し切れると思っているでしょう。

2015年のミッキークイーンは、大外の18番でかなり不利だと言われていたのに、きっちり勝ち切りましたからね(ただし、1000Mの通過は、57.4のかなりのハイペースだった)。

確かにあの重馬場であの位置で、クロコスミアが逃げ切れる展開を刺し切ってしまったシンハライトの強さは、同世代では負けるはずがないと、自分も思ってしまいます。

自分は基本的に穴党なので、シンハライトに本命を打ちたくありませんが、現状ではシンハライトを打ち負かせるような馬はいないような気が・・・。

キシ
シンラハライトが大外に入って、展開がスゴいスローペースだったら、脚を余すかもしれませんが、あの脚があれば、全馬をぶっこ抜きそうな感じがしちゃいますね。

では秋華賞でどの馬に期待する?

ローズSでは負けてしまいましたが、ジュエラーが次走で人気が下がるようだったら、買いたくなる一頭です。

ただし、勝ち馬からの差が1.6秒が負けすぎのような気もするので、人気次第でと条件が付きますけど。

骨折休み明け、重馬場などジュエラーにとっては、不利な条件が多かったと言われいますが、一部では入念な乗り込みをしていたし、血統から重馬場は得意だったのではとも言われています。

ちなみに、ジュエラーを応援している人は、以下のような発言をしているみたいです。

「次のレースでは、今まで通りに脚をためて直線で弾ける競馬をして欲しい」
「本番では、今日のような位置取りではないはずだ」
「もしかしてマイラーなのかもしれないから2000Mは長いかも」

確かに、ジュエラーらしい走りを期待するなら、後方で脚をためた方が良いのかもしれませんが、秋華賞を狙っているなら、今日の位置取りでレースをしたいはず。

位置取りを覚えさせるためだったとのかもしれないけど、見事に失敗している訳で、お金を掛けている人には、たまったもんではない話ではありますけどね。

オークス2着のチェッキーノは屈腱炎、5着のペプチドサプルも屈腱炎、この2頭は放牧中のために秋華賞には出られません。

オークス3着のジェラシーは現在も放牧中で、このまま秋華賞には出走しないのか、それともぶっつけ本番で出走するのかのどちらか。

シンハライトの他で順調にきているオークスの上位馬は、オークス3着で紫苑Sの勝ち馬のビッシュくらい。

そんなビッシュには、こんな意見があるみたいです。

「ビッシュの方が、器用な分だけ秋華賞では、シンハライトに勝てる」
「馬体重が、輸送で減らなければ、本番でも勝ち負けできる」
「ビッシュの脚を持っても、シンハライトには勝てそうにない」

紫苑Sの勝ちっぷりを見ると、ビッシュにも期待してしまいますが、シンハライトを打ち負かせるまで期待するのは厳しいかなぁ。

この状況だと、どう考えても、ビッシュぐらいしか、シンハライトに対抗できる馬がいそうにありませんね。

このままだと、秋華賞はかなりガチガチのレースで、決まってしまいそうです。

キシ
自分の予想は、2番人気がビッシュで、3番人気にジュエラーでしょうか。もしこの人気順だったら、ジュエラーは買いにくいですね。秋華賞はシンラハイトの一強になりそうです。

まとめ

今の状況だと、穴の党の自分としては、秋華賞の馬券を買おうと思わないですね。

夏の上がり馬がいればいいのですが、それでもシンハライトを打ち負かすのには無理な気がします。

もしあるとすれば、他の馬がシンハライト包囲網を作っている間に、漁夫の利で逃げ切るってパターンぐらい。

でも、今回のクロコスミアが漁夫の利を狙ってしまったので、同じパターンが通用するかどうか・・・。

最後は、スゴいスローペースになって、前残りを期待するぐらいしか考えられません。

どう考えても、秋華賞はシンハライトで決まりってことかな?

キシ
まだ、出生馬が確定していないので、なんとも言えませんが、穴党には厳しそうなレースになりそうです。でも、なんとか穴馬を探すのが穴党の使命なので、秋華賞までには見つけたいと思います。

追記!まさかの出走回避!

なんとシンハライトが左前浅屈腱炎を発症して、秋華賞に出走ができなくなったそうです。

症状はかなり重く、全治は9ヶ月以上と診断されたので、最悪の場合、このまま引退もあるかもしれません。

あれだけのスゴい脚を使う馬なので、脚に掛かる負担が大きかったのが、左前浅屈腱炎につながってしまった可能性をありそうです。

競馬ファンとしては、かなり残念なニュースですが、馬券師としては、秋華賞が混沌としてきたので、かなり難解なレースになるかもしれないですね。

キシ
秋華賞のあとは、ジャパンカップに行くのではと期待していたので、かなり残念です。全治は9ヶ月以上だと、繁殖牝馬になって、良い子を産んだ方が良いのではないでしょうか。

追記.とりあえず予想

シンハライトが不在で、混戦ムードの秋華賞。

1番人気はビッシュで、2番人気はジュエラーのまま、当日を迎えるでしょう。

自分は、本命党ではないので、まず1番人気と2番人気のどちらかを、切らなければなりません。

そこで、初めての完成遠征と馬体重が気になるビッシュを、切ることにしました。

今日のBS11競馬中継で須田鷹雄氏が、秋華賞は馬体重が軽い馬は来ないと言っていたので、420kgぐらいで出走しそうなビッシュは、かなり厳しいと見ました。

馬体重で言えば、人気のヴィブロスとローズS・2着のクロコスミアも410kgぐらいで出走しそうなので、こちらも切ります。

データでは、良馬場の前走を大敗している馬も、良くないので片っ端から切ります。

そこで、自分が買うのは、2番・ジュエラー、3番・パールコード、15番・カイザーバル、16番・ダイワドレッサーの4頭。

2番・ジュエラーは、1番人気だったら買わなかったでしょうが、2番人気なら抑える必要があります。調教もしっかり動いているので、本命ではないですが、馬券には入れた方が良いと思います。

3番・パールコードは、前走は人気を裏切りましたが、馬体重がプラス16kgが影響していると思うので、叩き2戦目で調子も上向きだから買います。あと、新馬戦が加速ラップで勝っているのも良いですね。

15番・カイザーバルは、ローズS組から1頭を選ぶなら、カイザーバルだけだったので選んだだけです。この中では4番手の評価です。カイザーバルは前走で馬体重を減らしているのが気になるので、当日の馬体をチェック。

16番・ダイワドレッサーは、ラジオNIKKEI賞で牡馬相手に2着だったのと、オークスで勝ったシンラハライトから0.4差で、上りは上から4番目の33.7。上がりだけならビッシュを上回っているので、人気薄手も一発を警戒です。ただし、関東馬のダイワドレッサーは、輸送があるので当日の馬体重次第ですが、買う予定です。

基本的には、馬連で買うので、4頭のBOXを予定していますが、最後はパドックを見てからに決める予定です。

ちなみに、最近全く当たっていないので、この4頭を外して買うことをオススメします(笑)。

キシ
ダイワドレッサーは、ブラックエンブレムのようなイメージを持っていますが、みなさんはどうでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 競馬