ドスポグへようこそ!

競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

G1の予想記事一覧!

ハリルジャパンに物申す!なぜ日本代表にハーフナー・マイクを招集しないんだ!

サッカーサッカー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

別にヴァンフォーレ甲府のファンだから、言っている訳じゃなけど、イラク戦とオーストラリア戦の日本代表に、ハーフナー・マイク選手が入っていませんでした。オランダでは、しっかり活躍をしているのだから、ハーフナー・マイク選手を招集しても良いと思うのですが、なんでハリルホジッチ監督は、招集をしないのでしょうか?確か、以前の代表にはハーフナー・マイク選手を招集していたと思うのだけど・・・。もう遅いけど、次回は絶対にハーフナー・マイク選手を、日本代表に招集して欲しいと思いませんか?

ハーフナー・マイク選手とは?

まず、簡単ではありますが、ハーフナー・マイク選手がどんな選手かをご紹介します。

1987年5月20日に生まれた29歳(2016年現在)、身長は194cm、体重は86kg、お父さんは有名なゴールキーパーのディド・ハーフナー。

横浜Fマリノス時代は、期待されていたが結果を出せずに、サガン鳥栖へレンタルして覚醒。

さらに、わがヴァンフォーレ甲府に入団してから、J2の得点王に輝きついに大ブレイク。

ハーフナー・マイク選手には、できればずっとヴァンフォーレ甲府にいて欲しかったのですが、2011年シーズンをもって退団。

イメージだと3,4年くらい在籍してたような気分だけど、調べるとわずか2010年、2011年の2シーズンしか在籍していなかったんですね。

今では、守るサッカーのヴァンフォーレ甲府ですが、ハーフナー・マイク選手がいた2010年シーズンは、とても攻撃的なチームでした。

できれば、城福監督の下でプレーするハーフナー・マイク選手を見たかったなぁ。

その後は、オランダ・スペイン・フィンランドのチームを渡り歩き、現在はオランダのADOデン・ハーグで活躍中。

身長が194cmもあるので、ヘディングだけかと思いきや左足のシュートも強烈なので、どちらでも得点が期待できる選手です。

キシ
今もヴァンフォーレ甲府に在籍していたら、残留争いなんてしていないのでしょうね。それに日本代表にも、招集されているかもしれませんね。

絶対に高さは必要!

今の日本代表のフォワードには、高さが足りていないと自分は思っています。

それほど、サッカーに詳しくないから、素人だと思われても仕方がないけど、パワープレーになったとき、長身のハーフナー・マイク選手がいると、ロングボールで前線に入れられるはず。

特に、この前の敗戦したアラブ首長国連邦(UAE)戦で、ハーフナー・マイク選手を招集していれば、ロングボールを入れて、同点ができたのかもしれないと思っています。

誰とは言えませんが、7人もフォワードを入れるなら、攻撃のオプションとして長身のハーフナー・マイク選手を招集しても良かったのでは?

それとも、ハリルホジッチ監督は、前線にロングボールを入れるサッカーがキライなのでしょうか?

仮に、キライだったとしても、負けている試合の場合は、手数を掛けずに前線にボールを入れたいので、ハーフナー・マイク選手は重宝するのではありませんかね。

オランダで活躍していないなら、招集しないのも分かりますが、結果を残してるだけに、イラク戦とオーストラリア戦には招集して欲しかったなぁ。

みなさんは、ハーフナー・マイク選手が今の日本代表に、必要だとは思いませんか?

キシ
高さも武器になるので、長身の選手が1人くらい必要な気がします。でも、いろいろ調べると、ハリルジャパンの戦術にハーフナー・マイク選手が合っていないみたいです。それでも、最後の切り札として使えると思うだけどなぁ。

ハーフナー・マイク選手に問題がある?

ハーフナー・マイク選手が代表に選ばれない理由が、戦術面ではないとすると、もしかしたら、素行の悪さが原因かもしれません。

日本代表に、招集されたことのある鹿島アントラーズの金崎夢生選手が、Jリーグの試合中、自分の交代に納得がいかず、監督とトラブルを起こしたことがありました。

それを見ていた、規律を重んじるハリルホジッチ監督は、「この態度は受け入れがたい。(再招集など)先のことは考えていない」と語ったそうです。

プレーだけでなく選手の態度まで、日本代表に求めるのならば、遅刻や監督批判やチーム批判をしたことがあるハーフナー・マイク選手を、ハリルホジッチ監督が嫌っている可能性はあります。

ヴァンフォーレ甲府がJ2に降格したときに「チームをぶっ壊す意味が分からない」とチーム批判をしていましたからね。

ただ、ファンとしては、ハーフナー・マイク選手の考えは、間違っていないと今でも思っていますが。

ハリルホジッチ監督は、2016年の前半に、ハーフナー・マイク選手を招集しているので、完全に嫌っている訳ではないでしょうから、まだ再招集の可能性は残されています。

キシ
ハーフナー・マイク選手は、ちょっとイライラすることがあるから、その点は問題かもしれません。

次の試合が正念場!

10月6日に行われるワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦は、日本にとって正念場の試合になると思います。

もし、この試合で負けるようなことがあれば、監督の進退問題だけでなく、ワールドカップの出場に黄色信号がともってしまう事態になりかねません。

ましてや今度はホームの試合だから、アラブ首長国連邦(UAE)の試合のような負け方は、絶対に許されないでしょう。

今のイラクが、どのくらい強いチームなのか分かりませんが、イラクと言えばドーハの悲劇を思い出すので、侮ってはいけない相手です。

さらにそのイラクは、2016年のリオ・オリンピックに出場した、若手の選手を中心に招集をしているのですが、ちょっと怖いのは、リオ・オリンピックで優勝したブラジルと0-0で引き分けていることです。

完全なアウェーの中で、ブラジルと引き分けたから、日本のホームでも選手たちは、委縮することは考えにくいです。

また、どこの国の人が審判員を務めるのか分かりませんが、中東の人が笛を吹くようでしたら、アラブ首長国連邦(UAE)の二の舞も有り得そうです。

無事にイラク戦に勝っても、次はアウェーでのオーストラリア戦。

アウェーとは言え、オーストラリアにも負けられないので、厳しい2戦になることは間違いなさそうです。

すでに1敗をしているので、絶対に負けられないプレッシャーとの戦いもありますが、ぜひ、ワールドカップに出場できるように、イラク戦もオーストラリア戦も勝って、3連勝を飾って欲しいです。

キシ
ハーフナー・マイク選手がいないからと言って、日本代表を応援しないってことはありません。なんとかワールドカップで日本代表の試合を見たいですからね。

まとめ

今回の代表招集は、イラク戦とオーストラリア戦の2試合なので、最低でも2016年11月15日に日本で行われるサウジアラビア戦までは、ハーフナー・マイク選手が招集されることはないです。

もし、サウジアラビア戦にハーフナー・マイク選手が招集されるならば、今の選手ではダメってことなので、イラク戦とオーストラリア戦のどちらか、もくは2試合に負けている可能性があります。

そのときは、監督が解任されている可能性もあるので、ハーフナー・マイク選手が呼ばれても喜べるかどうか、ちょっと疑問です。

ワールドカップには出て欲しいけど、ハーフナー・マイク選手も見たいので、どちらも実現するのは難しいでしょうが、また日本代表のユニフォームを着るハーフナー・マイク選手を見られることを願っています。

できれば、いつか(いつでも)ヴァンフォーレ甲府にも戻って来てください!

キシ
代表に戻らないなら、ヴァンフォーレ甲府に戻って来てくれないですかね?ハーフナー・マイク選手、お願いなので帰ってきて!

追記.チャンス到来?

つい先日、発表された日本代表の選手の中で、フォワードの武藤嘉紀選手が右膝を負傷して、招集を辞退したことが分かりました。

さらに、一部のニュースでは同じくフォワードの宇佐美貴史選手も、ケガで代表を辞退するのではと言われています。

最近の代表試合で、あまり出場機会がない武藤嘉紀選手よりも、出場試合数が多い宇佐美貴史選手の離脱は日本代表にとってピンチです。

でも、「ピンチのあとにチャンスあり」とも言うので、ここは、ハーフナー・マイク選手を招集して、欲しいこんな選手も必要なんだと言うところを監督に見せつけて欲しい。

まだ、誰を追加招集するのか決まっていませんが、ハリルホジッチ監督!今度こそ、ハーフナー・マイク選手をよろしくお願いします。

キシ
武藤嘉紀選手の代りに、ハーフナー・マイク選手はありそうな気がしますが、宇佐美貴史選手の代りには無理。果して、誰が追加招集されるのでしょうか?

追記.イラク戦を見た結果

イラクと同点になって残り時間が短くなったら、吉田麻也選手を前線に入れて、ロングボールを多用してきたハリルジャパン。

ハリルホジッチ監督は、ロングボールが嫌いだったと思ったら、そうじゃないんですね。

吉田麻也選手を前線に入れるんだったら、ハーフナー・マイク選手を招集した方が良かったんじゃないの?

結果的に、山口蛍選手の決勝ゴールで勝てたけど、ハッキリ言って今のままでは、オーストラリアになんて勝てないと思う。

この勝ちで、ハリルホジッチ監督のクビがつながったけど、オーストラリアに負ければ、解任されることは間違いない。

次のオーストラリア戦にすべてが掛かっているので、絶対に勝ってワールドカップ出場に向けて、頑張って欲しいです。

無事にオーストラリアに勝ったら、次の日本代表には、ハーフナー・マイク選手を絶対に招集してください。

お願いしますよ!ハリルホジッチ監督!

ハーフナー・マイク選手も代表に招集されるように、オランダでアピールしてくれよ!

キシ
この試合を見て、セルジオ越後さんは怒っているだろうね。絶対に「勝って喜んでいる場合じゃない!」と思っているはず。勝てばなんでも良いってことではないからね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう