競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

ドスポグ

23連敗でストップ!1番人気の戸崎圭太騎手がやっと勝ったけど・・・。

   

競走馬

2016年は3年連続リーディングジョッキーになった戸崎圭太騎手だけど、2017年はビックリするくらいの絶不調。今のままだと4年連続のリーディングは難しいかもしれません。特に2017年に入ってから1番人気の成績がヒドすぎるので、戸崎圭太騎手のファンは心配でしょう。自分は、戸崎圭太騎手を頭で買うことは少ないので、あまりヒドい目に遭ってはいませんが、馬券の際の取捨がちょっと難しいですね。とりあえず連敗は止まりましたが、これから戸崎圭太騎手を頭に、馬券を買って大丈夫なのでしょうか?

ド定番な記事ベスト5!

実は1番人気で23連敗中だった!

人気 レース名 馬名 着順
1 3歳未勝利 トワードポラリス 7
1 4歳上500万下 ゼロカラノキセキ 4
1 3歳未勝利 ポールヴァンドル 2
1 4歳上500万下 レジェ 4
1 4歳上1000万下 アースコレクション 16
1 3歳未勝利 エポックメーカー 11
1 3歳新馬 レッドラトナ 4
1 4歳上1000万下 サウンドジャンゴ 4
1 ポルックスS ピットボス 6
1 3歳未勝利 スターライトブルー 2
1 成田特別 カフェブリッツ 11
1 3歳新馬 アズレージョ 12
1 4歳上1000万下 アイムユアドリーム 2
1 菜の花賞 シンボリバーグ 2
1 初富士S ギモーヴ 5
1 ジャニュアリーS ペイシャモンシェリ 5
1 4歳上1000万下 ナイトフォックス 3
1 3歳未勝利 ジェイケイオジョウ 4
1 4歳上500万下 ヒカリトップメモリ 4
1 4歳上1000万下 ネイビーブルー 5
1 初春S チュラカーギー 12
1 ニューイヤーS グランシルク 2
1 3歳未勝利 エルドールサージュ 3

1月21日終了時、1番人気に23回騎乗、1着0回、2着5回、3着2回、着外16回。

上記は、戸崎圭太騎手が1番人気で連敗していたときの記録ですが、普通に考えるとこれだけ人気の馬に乗せてもらえるってスゴいです。

1月21日までに戸崎圭太騎手は、66鞍に騎乗して1番人気の馬だったのが23回、率にして騎乗した馬の約35%が1番人気です。

3頭に1頭は1番人気乗るってスゴいことだけど、その馬に23回も乗って、0勝とは馬券を買っていた人や馬主さんはツラいでしょう。

騎乗馬の35%がどれだけスゴいかを、自分がファンと公言している田中勝春騎手と比較した場合、2017年に入って田中勝春騎手が1番人気に乗ったのは0回。

参考情報(1月 22日 現在)

戸崎圭太騎手が4勝、1番人気が0回の田中勝春騎手が2勝なので、数字だけ見ると戸崎圭太騎手はかなり頼りない。

比較した騎手に問題があるのは承知ですが、逆にどれだけ戸崎圭太騎手の騎乗馬に、人気が集まっているのかがよく分かるはずです。

キシ
1番人気の馬が必ずしも強い訳ではないけど、これだけの馬に連敗をしていても、乗せてもらえるのはスゴい。もちろん、戸崎圭太騎手の力もあるけど、エージェントの力もあるでしょうね。

なんとか連敗を脱出した!

戸崎圭太騎手の1番人気の連敗が23で止まったのが、1月22日の中山2レースで騎乗したポールヴァンドル。

前走も、1番人気でコケてしまった馬ですが、今回はしっかり勝って1番人気の連敗を止めてくれました。

デビュー戦が勝ち馬から0.2秒差の3着、2戦目が0.1秒差の3着、3戦目がタイム差なしの2着だったので、普通に考えればここで勝つのは順当。

でも、1番人気で23連敗中と知っている人は、ポールヴァンドルが来ると分かっていても、戸崎圭太騎手が心配で大勝負をできなかったのでは?

なんとか勝つには勝ったけど、レースを見ると2017年になって絶好調の田辺裕信騎手の馬にかなり迫られたから、戸崎圭太騎手を頭で買っていた人はヒヤヒヤしたでしょうね。

1番人気の連敗を23でストップできたから、これから安心して1番人気の戸崎圭太騎手を買えるかと思ったら、そうではありませんでした。

7レースので、再び1番人気のポルトドレーヴに乗ったのですが、掲示板にも載れない12着に大敗してしまい、元に戻ってしまったのかも。

そして中山のメインレース・AJCC杯に、1番人気のゼーヴィントに騎乗した戸崎圭太騎手の結果は・・・。

キシ
戸崎圭太騎手から頭で買っている人は、やっとポールヴァンドルで勝ってくれて、ホッとしているでしょう。まぁ一番にホッとしているのは、戸崎圭太騎手でしょうけどね。

これから1番人気で買って大丈夫?

問題なのは、これから1番人気に乗った戸崎圭太騎手を、頭で買って大丈夫なのかどうかです。

1番人気の呪いから解けたと思って、AJCC杯は1番人気のゼーヴィントを頭で買った人もいるでしょうが、やはり勝つことはできませんでした。

勝ったタンタアレグリアは内々を回り、鞍上の蛯名正義騎手がうまく乗ったとも言えますが、最後の直線ではゼーヴィントが突き抜ける雰囲気だったのですが・・・。

もしかして、また1番人気の呪いが戸崎圭太騎手に、掛かってしまったのかもしれません。

着順は2着だったので、1番人気としての最低限の使命は果たせたと思いますが、頭で買っていた人たちは悔しい結果だったと思います。

さらに最終12レースでは、単勝2.0倍の1番人気・クィーンズベストに乗り、勝ったかと思ったらAJCCと同じように内の馬に差されて2着。

ちなみに、1月22日現在で1番人気に乗った戸崎圭太騎手の勝率は27戦1勝で勝率が約3%、ちなみに絶好調の田辺裕信騎手の1番人気の成績は9戦4勝で勝率が約57%。

参考情報(1月22日 現在)
  • 戸崎圭太騎手の1番人気の成績は、27戦して1着1回、2着5回、3着2回、着外16回。連帯率は約22%、複勝率は約30%。
  • 田裕信騎手の1番人気の成績は、9戦して1着4回、2着1回、3着0回、着外4回。連帯率と複勝率は約56%。

これを見てしまうと、戸崎圭太騎手を1番人気は引き続き、頭で買うのは控えた方が良いのかもしれません。

東京開催になり気分も変わって、1番人気で勝ち続ける可能性があるので、とりあえずは東京開催の初日の戸崎圭太騎手の結果を見てからでしょう。

でも、個人的に言えば頭で買うことはせずに、相手候補として抑えるぐらいがちょうど良い気がします。

キシ
自分の場合、1番人気を買うときは、配当を考えると馬単の頭で買うことが多いです。それを考えると、戸崎騎手が1番人気を買う場合は、馬単ではなく馬連に変えるでしょうね。

まとめ

戸崎圭太騎手は、3年連続でリーディングジョッキーになったから、実力のある馬の騎乗依頼が来るのは当たり前で、1番人気が多いのは当然と言えば当然。

ただし、戸崎圭太騎手が乗ると言うことで過剰に人気になってしまう場合もあるだろうから、しっかり馬の実力と状態を見極めてから予想を組み立てたいですね。

2017年の競馬は始まったばかりなので、戸崎圭太騎手はこれから調子を取り戻してくるでしょうから、やはり注意は必要でしょう。

自分は基本的に穴党なので、できればこれからも戸崎圭太騎手が1番人気に乗ってコケてもらえると、馬券的には助かるんですけどね。

果たして、2017年が終わったときに、戸崎圭太騎手は4年連続のリーディングになっているのでしょうか?

キシ
1月のスタートダッシュに失敗したことが、4年連続リーディングの足かせにならないと良いですね。でも、これでリーディング騎手になってたらスゴいなぁ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 競馬