競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

ドスポグ

巨人のドラ1位は内野手だけどセカンドのレギュラー候補が多すぎませんか!?

   

左打者

左打者

2016年のドラフト1位は、まさかの大学生の内野手・吉川尚輝選手を指名した巨人。本来は、即戦力の投手を取るはずだったけど、2度も抽選でハズレだったから、内野手に変更したのかもしれません。久しぶりの大学生でドラフト1位の内野手で、調べると大森剛選手以来らしいのです。でも、大森剛選手は、あまり活躍できなかったので、同じようにならないことを願います。でも、ちょっと気になったのが、吉川尚輝選手のポジションです。このままだと飽和状態になってしまうので、早く高橋由伸監督には決断をして欲しいと思います。

ド定番な記事ベスト5!

まさかの2度のハズレで野手を指名!

巨人のドラフト1位指名は、創価大の田中正義選手に決まっていましたが、5球団が競合してソフトバンクが指名権を獲得。

次に指名したのが、桜美林大の佐々木千隼選手でしたが、こちらも5球団が競合した結果、ロッテが指名権を獲得しました。

巨人にとっては、2度とも自分たちがクジを引く前に、アタリを引かれているので、指名ができなかったのは仕方がありませんね。

3回目の指名でも、即戦力になりそうな投手を選ぶのかと思ったら、指名したのは中京学院大の内野手・吉川尚輝選手。

自分は、全く知らない選手だったので、ちょっと驚きましたが、まだ指名を受けていない選手の中に、ドラフト1位で獲得するだけの投手が残っていなかったから、内野手に指名を変更したのでしょう。

ちなみに、ここ数年のドラフトで大卒の内野手は、自由枠を入れても、1989年の慶応大・大森剛選手以来なのがちょっと驚きです。

すでに分かっていると思いますが、ドラフト1位の吉川尚輝選手の他は、すべて投手を指名しました。

順位 名前 所属 守備 投・打
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手 右投・左打ち
2位 畠 世周 近大 投手 右投げ
3位 谷岡 竜平 東芝 投手 右投げ
4位 池田 駿 ヤマハ 投手 左投げ
5位 高田 萌生 創志学園高 投手 右投げ
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手 左投げ
7位 リャオ・レンレイ 岡山共生高卒 投手 右投げ

大学生が2人、社会人が2人、高校生が2人、その他が1人と言う内訳で、投手に関しては、右投げが3人、左投げが3人でキレイにバランスが取れています。

1位から4位までが大学・社会人なので、即戦力、5位から6位が高校生または高卒なので、じっくり育てる予定なのでしょう。

キシ
身長201cm、体重125kgのドラフト7位、リャオ・レンレイ選手が、隠し玉として注目されているらしいです。でも、見た感じだとノーコンっぽいですね。

吉川尚輝選手はどこを守るのか?

吉川尚輝選手は、身長が177cm、体重が76kg、右投げ左打ち、50m5秒7の俊足と、某球団のスカウトが「自分のチームのショートよりもうまい」と言われる守備が持ち味の内野手。

中京学院大のOBには、広島で大活躍をしている菊池涼介選手がいますが、菊池を育てた近藤正監督が「菊池に勝るとも劣らない」と評しているので、かなり期待できそうです。

まだ粗削りな部分もあるが、かなりの素質を持った選手であることは、間違いないみたいです。

吉川尚輝選手は、ショートがポジションらしいのですが、巨人には坂本選手がいるので、現状ではショートでレギュラーを取るのは無理。

でも、大学日本代表の際には、セカンドを守っていたらしく、ショートにこだわる必要もなさそうです。

巨人の方も、ショートで吉川尚輝選手を取ったのではなく、セカンドで起用する予定で、指名したのかもしれません。

吉川尚輝選手は、守備に関しては、かなりの自信があるらしいので、セカンドでも問題なく起用ができそうです。

キシ
「菊池に勝るとも劣らない」と言うのは魅力的です。菊池選手くらい活躍してくれたら、大成功のドラフトだったと、あとから評価されるでしょうね。

セカンドが多すぎる!

ただし、ちょっと問題なのが、巨人でセカンドのポジションを争う選手が多すぎることです。

現状では、クルーズ選手、片岡選手、山本選手ぐらいが有力なセカンド候補だったのが、最近のニュースで立岡選手、重信選手にもセカンドを挑戦させると言っていました。

まだ他にも、中井選手、藤村選手、脇谷選手なども、巨人の内野でまだレギュラーが固定されていないセカンドを狙っていると思います。

近年の巨人はセカンドが固定できなかったので、FAで片岡選手を獲得したのにもかかわらず、さらにクルーズ選手を獲得しました。

でも、2016年シーズンの終盤は、ケガや怠慢プレーが原因で、新人の山本選手が守ることになり、セカンドのレギュラーは完全に迷走状態。

こんなに、セカンドのレギュラー候補がいるチームは、巨人だけではないでしょうか。

そこに、吉川尚輝選手が加わると、どう考えても候補が多すぎなので、クルーズ選手、山本選手、片岡選手の中から一人と吉川尚輝選手にしぼるのはどうでしょうか。

レギュラー候補の3人はすべて右打者なので、左打者の吉川尚輝選手はとても貴重な存在になるし、「菊池に勝るとも劣らない」なら、ぜひ1軍の試合で見てみたい。

将来的には、山本選手と吉川尚輝選手が、セカンドのレギュラーを争うライバルになりそうです。

それとも、高橋監督は吉川尚輝選手の守備力に期待して、外野へのコンバートも考えていたりして?

まさか外野へのコンバートはないだろうけど、坂本選手がケガをしたときのバックアッパーとしても、吉川尚輝選手は期待ができるので、守備だけなら開幕1軍も夢じゃなさそうです。

キシ
吉川尚輝選手と指名したことで、セカンドのレギュラー争いは白熱しそうです。紅白戦やオープン戦を見てからですが、開幕でスタメン起用があるかもしれませんね。

まとめ

こんなに、セカンドの選手が増えてしまってどうするつもりなのか、首脳陣に聞きたいくらいですが、なにか考えがあってのことでしょうから、2017年の開幕戦のオーダーに期待しましょう。

ドラフトでの補強はこれで終わりなので、あとは指名した選手たちが、無事に入団してくれることを願うだけです。

あとは、トレードとFAと外国人選手が決まれば、2017年シーズンの巨人の戦力が整います。

ドラフト1位で投手を取り損ねて、野手に転向したと言うことは、首脳陣の中では、FAであの投手を取ればなんとかなると、考えたからではないでしょうか。

そうなると、ドラフトが終わったこれからが、トレードやFAがにぎやかになるので、まだまだプロ野球から目が離せません。

最後に、候補選手がたくさんいますが、2017年の開幕戦は、吉川尚輝選手がセカンドのスタメンであって欲しいと思います。

キシ
今後は、FAとトレードが話題の中心になりそうです。巨人はドラ1位で投手を取れなかったので、必ずFAで投手を獲得するでしょうね。

追記.2位以下の選手で注目は?

ちょっと話がズレるので追記にしますが、ドラフトの2位以下で注目したい選手は、TBSの番組で取り上げられていたドラフト6位・二松学舎高校の大江竜聖選手です。

大江竜聖選手は、左投げ左打ちの投手で、身長が170cm、体重が73kg、まだ高校生なので即戦力ではないが、2016年にブレイクした田口投手に似ているので、数年後に活躍するかもしれません。

大江竜聖選手は、早くに両親が離婚をして、男手ひとつで育てた話をテレビ見ていたから、どこかの球団がドラフトで指名してくれることを願ってました。

でも、まさか巨人がドラフト6位で指名するとは、大江竜聖選手だけじゃなく、お父さんも喜んでいたみたいで本当に良かったです。

大江竜聖選手が活躍をしてくれれば、プロを目指している同じような境遇の選手たちの励みになるので、数年後には1軍で活躍する選手になって欲しいです。

入団しいてすぐに活躍するのは厳しいでしょうが、じっくりと育てて、将来は巨人の1軍で投げられるような投手に成長できることを願っています。

みなさんも、大江竜聖選手に注目して欲してくださいね。

キシ
投手としての実力はまだまだですが、根性ありそうな選手なので、即戦力ではないけど、長い目で見守りたい選手です。あと、巨人からたっぷり契約金と年俸をもらって、お父さんに楽をさせて上げてください。

合わせて読んでください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 野球