競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

ドスポグ

第24回函館スプリントSと第22回ユニコーンSのオカルト予想はパンダ!

   

競走馬

先週のエプソムカップのオカルト予想の本命だったベルーフは、全く見せ場のないまま終わったのですが、こっそり買ったマーメイドSは的中。

マーメイドSはオカルト予想で予想をしなかったけど、重賞が2つある場合、どちらにオカルト予想が来るか分かりません。

そこで今回は、第24回函館スプリントステークスと第22回ユニコーンステークスの2つの重賞で、オカルト予想をします。

2つの重賞でオカルト予想をすれば、2つとも当たるのは厳しいでしょうが、どちらかの重賞で当たりそうなのでなんとか的中させたい。

今回のオカルト予想のヒントは、上野動物園で生まれたパンダをヒントにしたので、おめでたいことにあやかりたいと思います。

ド定番な記事ベスト5!

第24回函館スプリントステークスの出走馬!

枠番 馬番 馬名 騎手
1 1 ラインハート 丸山 元気
2 2 ノボバカラ 浜中 俊
3 3 キングハート 中谷 雄太
4 4 エポワス 柴山 雄一
5 イッテツ 石橋 脩
5 6 クリスマス 松岡 正海
7 エイシンブルズアイ 吉田 隼人
6 8 ジューヌエコール 北村 友一
9 レヴァンテライオン 蛯名 正義
7 10 シュウジ 武 豊
11 ホッコーサラスター 池添 謙一
8 12 セイウンコウセイ 幸 英明
13 ブランボヌール 岩田 康誠

第24回函館スプリントステークスで1番人気になりそうなのは、G1高松宮記念を勝ったセイウンコウセイで、G1馬なのに斤量が56kg。

重賞勝ちが高松宮記念だけなので56kgで済んだらしく、同世代のシュウジと同斤量で出られるのは、かなりセイウンコウセイに有利でしょう。

芝の1200Mの実績は、(2.1.0.0)で連帯を外していないから、セイウンコウセイを連軸にするのが良さそうです。

2番人気はシュウジになりそうで、芝1200Mは小倉2歳Sしか勝っていないけど、去年の函館スプリントステークスとキーンランドカップで2着があります。

さらに、スプリンターズステークスでは、勝ち馬から0.1秒差の4着だったことから、高松宮記念はセイウンコウセイに負けたけどまだ見限るには早そうです。

3番人気以下は、去年のキーンランドカップの勝ち馬・ブランボヌール、3歳馬のジューヌエコール、11戦連続で芝1200Mを使っているクリスマスがいます。

キシ
斤量の軽い牝馬や3歳馬にも注目ですね。2016年は、3歳牝馬のソルヴェイグが1着で、前述の3歳牡馬のシュウジが2着になっていますからね。

第22回ユニコーンステークスの出走馬!

枠番 馬番 馬名 騎手
1 1 シゲルコング 木幡 巧也
2 ハルクンノテソーロ 田辺 裕信
2 3 ブルベアバブーン 酒井 学
4 リエノテソーロ 大野 拓弥
3 5 サヴィ 藤岡 佑介
6 ラユロット 杉原 誠人
4 7 アンティノウス C.ルメール
8 サンライズノヴァ 戸崎 圭太
5 9 シゲルベンガルトラ 横山 典弘
10 サンオークランド 北村 宏司
6 11 タガノカトレア 菱田 裕二
12 テイエムヒッタマゲ 田中 健
7 13 ウォーターマーズ 高倉 稜
14 トロピカルスパート 丸田 恭介
8 15 サンライズソア 岩崎 翼
16 トラネコ 吉田 豊

1番人気になりそうなのは、NHKマイルカップで2着になったリエノテソーロで、もともとはダートで4連勝していた馬なので、ダート替わりは全く問題ありません。

1600Mのダートに関しても、川崎競馬場で行われた全日本2歳優駿で勝っていることから問題なく、もしかしたら1倍台後半から2倍台前半ぐらいのオッズになりそうです。

2番人気になりそうなのは、前走でオープンの青竜Sを勝ったサンライズソアで、当日の4歳以上500万円下のタイムより0.2秒も早いタイムで勝ちました。

ダートは2戦2勝なので、かなり強そうなイメージがありますが、ちょっと気になるのは2戦とも稍重・重だったから、パサパサのダートが合うかが問題でしょう。

3番人気になりそうなのは、伏竜Sで2着のあるサンライズノヴァで、前走では負けてしまったけどまだ見限りのは早いでしょう。

その証拠に、500万円下を勝ってレースのタイムが、同日の古馬1000万円下よりも0.3秒も早かったことから、上位の2頭を負かす可能性もありそうです。

他には、青竜Sで2着だったハルクンノテソーロ、 端午Sと青竜Sで3着だったシゲルベンガルトラなど、3歳馬限定レースなので伏兵馬も多く注意が必要です。

キシ
3歳馬の場合は、当日の気配にも注目したいですね。ただし、オカルト予想は、すでに本命が決まっているので無理ですけど。

第24回函館スプリントステークスのオカルト予想!

上野動物園のパンダ・シンシンは、6月12日に赤ちゃんを産んだので、誕生日をヒントにしようかと思ったら、6月12日は馬も騎手も調教師も該当なし。

オスのリーリーとメスのシンシンの年齢は、高齢過ぎて該当馬がなかったので、他にヒントを探していたらリーリーとシンシンが日本に来た日だと分かりました。

中国からリーリーとシンシンが上野動物園に来たのが、2011年だったことから、パンダがヒントのオカルト予想は2011年に生まれた馬。

さらに、リーリーがオスでシンシンがメスなので、6歳の牡馬と牝馬がオカルト予想の本命馬です。

第24回函館スプリントステークスの出走馬の中で、6歳の牡馬はエイシンブルズアイだけ、6歳の牝馬はクリスマス、ホッコーサラスター、ラインハートの3頭。

3頭の牝馬の中では、典型的なスプリンターのクリスマスと、函館の芝1200Mで2勝をしているホッコーサラスターに注目。

かなり強引な予想になってしまいましたが、第24回函館スプリントステークスは、エイシンブルズアイを軸に、クリスマスとホッコーサラスターへ流します。

第24回函館スプリントSの予想!

本命は6歳で牡馬のエイシンブルズアイ、対抗は6歳で牝馬のクリスマスとホッコーサラスターに決定です。

キシ
この3頭で決まるのは、ちょっと無理かもしれないので、普通に買う人は本命馬から、エイシンブルズアイ、クリスマス、ホッコーサラスター、この3頭へ流してください。

第22回ユニコーンステークスのオカルト予想!

引き続きパンダをヒントにしますが、誕生日も年齢も3歳馬には使えないので、別の観点からオカルト予想をします。

注目したのは名前で、日本へ来るパンダは必ず「リンリン」とか「カンカン」とか、同じ文字が2つ続きます。

第22回ユニコーンステークスは、同じ文字が連続している馬がいないので、代わりに同じ文字が入っている2頭が1,2着になると予想しました。

今回の出走馬の中で、同じ名前が入っているのは、全部で4組のいることが分かりました。

シゲルコングシゲルベンガルトラ」、「ハルクンノテソーロリエノテソーロ」、「サンライズノヴァサンライズソア」、「シゲルベンガルトラトラネコ」の4組。

最後の「トラ」の組み合わせは、馬主が違うので丸っきり同じとは言えないから、「シゲル」「テソーロ」「サンライズ」が良いでしょう。

テソーロ軍団は、2頭とも内枠に入ってしまったのでその点が気になるけど、NHKマイルCで2着馬と青竜Sで2着馬なら問題なさそうです。

さらに、牝馬と牡馬の組み合わせなので、今回のオカルト予想の最有力候補は、「ハルクンノテソーロリエノテソーロ」です。

次点では牡馬同士の組み合わせですが、サンライズ軍団も伏竜Sで2着と青竜Sで1着と健闘しており、枠も外目に入ったので大丈夫でしょう。

シゲル軍団は、シゲルコングが9戦、シゲルベンガルトラが13戦もしており、前述の2組よりも厳しいと思うので、静観することに決めました。

第22回ユニコーンSのオカルト予想!
  • 同じ名前が入っていて牡馬と牝馬の組み合わせのハルクンノテソーロとリエノテソーロ。
  • 同じ名前の組み合わせのサンライズノヴァ・サンライズソア。
キシ
お金に余裕がある人は、シゲル軍団の組み合わせと、トラの組み合わせを買ってください。さすがに自分は厳しいと思うので、馬券は買いませんけどね。

まとめ

今回ご紹介した第24回函館スプリントSと第22回ユニコーンSのオカルト予想はパンダ!はどうでしたか?

かなり強引な予想なので、函館スプリントステークスの場合は、ご紹介した3頭のうちの1頭でも馬券に絡めば良いと思っています。

ユニコーンステークスの場合は、推奨した2つの組み合わせだったら可能性がありそうなので、おもしろいと思いますよ。

最後に、函館スプリントステークスかユニコーンステークスで、パンダつながりの「白と黒」の枠連「1-2」が出るかもしれません。

特にユニコーンステークスは、前述の同じ名前のテソーロ軍団が1枠と2枠に入っているので、この2頭の馬連「2-4」が大本命ですね。

函館スプリントSの買い目!

エイシンブルズアイからクリスマスとホッコーサラスターへ流す馬連の「6-7」と「7-11」。

ユニコーンSの買い目!

テソーロ軍団同士とサンライズ軍団同士の組み合わせで馬連の「2-4」と「8-15」。

キシ
函館スプリントステークスは、ちょっと自信がないけど、ユニコーンステークスの馬連「2-4」は、ちょっと期待しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 競馬