競馬と巨人が中心のスポーツ新聞みたいなブログ!

ドスポグ

大阪杯がG1?ホープフルSが最後?2017年のレーシングカレンダーに異変あり!

      2017/01/27

競馬

競馬

今朝の新聞で、産経大阪杯が大阪杯に名前が変わり、G1に昇格することが分かりました。さらに、暮れに行われているホープフルSもいずれはG1に昇格させるそうで、そのホープフルSは、12月28日の木曜日に行われて、有馬記念が12月24日の日曜日に行われるそうです。たぶん、この2017年のレーシングカレンダーは、賛否両論がありそうな雰囲気がしますが、個人的には、変えて欲しいところが何個かありました。みなさんは、2017年のレーシングカレンダーを見てどう思いましたか?

ド定番な記事ベスト5!

大阪杯がG1になるのか・・・。

産経大阪杯が、大阪杯に名前が変わってG1になることが決まりました(阪神、芝2000M)。

これで、春の古馬のG1は、大阪杯→天皇賞(春)→安田記念→宝塚記念の4つ。

大阪杯(産経大阪杯)がG1になると言うことは、大阪杯のステップレースをどのレースにするのかが問題です。

そこで、JRAは、金鯱賞(G2)を3月11日に移行して、大阪杯のステップレースに変更したみたいです。

ちょっと話はずれますが、金鯱賞(G2)は開催時期が頻繁に変わるレースですね(5月末だったのが12月初めになり、今度は3月に変わったので、もうメチャクチャです)。

話を戻して、ステップレースとしては、阪神大賞典(G2)や日経賞(G2)だと、ローテーションが厳しくて無理。

そう考えると、大阪杯に出走する馬は、前述の金鯱賞、中山記念(G2)、京都記念(G2)と、1月、2月の重賞を使った馬が出てくるのでしょうか。

2016年の産経大阪杯の出走馬(11頭)の前走を調べると、中山記念が4頭、京都記念が1頭、休み明けが4頭なので、有馬記念から直行してくる馬がいそうですね。

大阪杯を使った馬で天皇賞(春)に出走したのは、過去3年を振り返ると2014年と2015年のキズナ、2016年のキタサンブラックだけなので、2000Mにこだわる必要がないと思います。

そこで、まだG1のレースが行われていない、1800Mの距離で大阪杯をするのはどうでしょうか?

2200Mの宝塚記念があるのだから、中途半端な距離の1800Mでも、G1があって良いと思うんですよね。

あと気になるのは、2017年の大阪杯に出走する馬のレベルが、どのくらいになるかだけでしょう。

出走馬がフルゲートに満たない場合は、重賞未勝利馬や1600万下を勝ったばかりの馬が出て来そうな雰囲気があるので、G1の価値が下がらないようにお願いしたいです。

キシ
G1のレースを作るのは良いけど、レースのレベルが、下がってしまうのは止めてほしいですね。果たして2017年の大阪杯には、どのくらいの馬が出走して来るのでしょうか。

有馬記念が最後じゃないの?

次に、有馬記念(G1)が最後の重賞ではなく、2017年からはホープフルS(G2)が、最後に行われる重賞に変わることが決まりました。

それも平日の12月28日に決まったのですが、これってどうなんでしょうか?

12月28日だと、まだ公務員ですら仕事納めをしていないので、競馬場に行けるのは学生とか仕事を引退されている人たちだけだと思います。

そんな中途半端な日に、いずれはG1に昇格するホープフルSを入れる意味が、どこにあるのかよく分かりません。

ホープフルSは、2歳の混合戦なので、牡馬も牝馬も出られますが、2歳のG1を3つ(牡馬1、牝馬1、混合1)にする必要もないと自分は思います。

それも、皐月賞と同じ中山の2000Mにするなら、せめて別の距離にするべきだし、ホープフルSが終わってすぐに京成杯があるので必要ないのでは?

去年か一昨年、有馬記念のあとに、阪神カップ(G2)をやったことがありますが、個人的に、1年の最後の重賞はやっぱり有馬記念で締めて欲しいです。

そうじゃないと有馬記念で、最後の大勝負ができませんからね。と言いながら、有馬記念で負けるとハッピーエンドカップで、最後の勝負をしちゃいますが。

たぶん、競馬関係者の人も、年末の休みが減るので、12月28日の開催を嫌がっていると思いますよ。

追記.2017年からG1になりました!

G1になるのは、2018年以降だと思っていたら、2017年からホープフルSがG1になったんですね。

皐月賞と同じ舞台で、同じ距離のG1をやることにどんな意味があるのか分かりませんが、せめてやるなら思い切ってダートにすれば良かったのに。

最近は、競馬場の売上よりもPATの売上が好調なので、開催日が平日でも収益が出るとJRAは予想して、平日にG1を作ったのかもしれませんね。

これでホープフルSの馬券の売り上げが悪かったら、2018年以降どうするのか見ものですが、たぶん平日でもそこそこ馬券が売れちゃうだろうなぁ。

キシ
なんで12月28日に、競馬を行う必要があるのでしょうか?こんな中途半端な日に開催をしても、売り上げは、期待できないと思うんですけどね。

他の距離のG1も作ろうよ!

これが一番に思うのですが、同じ距離のG1を作るなら、まだJRAで作られていない距離のG1を、作るべきだと思います。

まだ、JRAのG1で作られていない距離(芝)が、1400Mと1800Mです。

1400MのG2では、京王杯スプリングカップ(G2)とか阪神カップがあり、1800Mでは中山記念と毎日王冠(G2)があります。

1800Mに関して言えば、中山記念と毎日王冠は日程的に、G1にするのは無理があるので、先ほどの大阪杯の距離を、2000Mから1800Mの変えれば良いと思います。

1400Mの場合、京王杯スプリングCは安田記念のステップレースだから無理なので、暮れの阪神カップをG1に昇格するのはどうでしょうか。

短距離馬が、スプリンターズSの次に出られる大きな重賞は、阪神カップぐらいなので、有馬記念の前日にG1を入れると、盛り上がるのではありませんかね。

それとも思い切って、同日の両メインレースを、G1の有馬記念と阪神カップにするのもおもしろそうです。

G1を増やすなら、まだ作ったことのない距離で作った方が良いと思うのですが、みなさんは作って欲しい距離のG1がありますか?

キシ
阪神カップをG1に昇格できたら、サンカルロに出走させてG1を勝たせてやりたかった。1400Mだけしか走らない馬もいると思うで、ぜひ、阪神カップをG1にして欲しいです。

まとめ

あとは、ダートのG1をもう1レースくらい新設するべきだと思ったのですが、ダートの場合は、地方のレースとの兼ね合いがあるので、作らなかったのかもしれません。

でも、そうなると地方のレースの賞金を、中央の馬が取ってしまうことになるのでちょっと複雑です。

それとファン投票で選ばれるレースは、宝塚記念と有馬記念があるけど、ダート馬だけのグランプリを作っても良かったのではないでしょうか。

2017年のレーシングカレンダーを見ると、いろいろと言いたいことが多そうですが、とりあえずは2017年をこれで開催して、もし評判が悪かったら改変をすれば良いと思います。

もし、2018年に改変することがあったら、ぜひ阪神カップをG1にすること、大阪杯を1800Mにすること、ダート馬のグランプリを作ること、3つのうちの1つくらいは叶えて欲しいです。

あと、やっぱり競馬の最後は、有馬記念で終わらせてください。

キシ
まだ、重賞の他のレースがどうなるか分からないのですが、ホープフルSの12月28日が最後なら、ハッピーエンドカップも、その日の最終レースになるのでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 競馬