最速!2017年のJ1で降格候補のクラブを過去のデータから大予想!

サッカーサッカー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレーオフで昇格したクラブも決まり、2017年のJ1の陣容が決まりました。

そこで、どこよりも早く、2017年のJ1でどのクラブが降格するのかを、データから予想したいと思います。

降格候補になってしまったクラブのサポーターの方には、大変申し訳ありませんが、あくまでも過去のデータから予想しただけなので、どうかお許しください。

ちなみに、使うデータは、J2の3位から6位までのプレーオフが始まった2012年からが対象で、調べるのは2013年から2016年の4年間です。

過去にJ2へ降格したクラブ

データの対象となるのは、2013年から2016年の年間順位で、下記に表にしてまとめました。

J2へ降格したのは、有名なビッククラブからJ2から昇格してすぐのクラブまでいますが、すぐに昇格したクラブもあれば、今でもJ2にいるクラブもあります。

ちなみに、過去4年間で昇格した年に、再びJ2へ逆戻りしたのは、全部で湘南ベルマーレ、大分トリニータ、徳島ヴォルティス、松本山雅、モンテディオ山形、アビスパ福岡の6クラブ。

最低でも、1年に1クラブがJ2→J1→J2を経験しているので、J1の舞台がどれだけ厳しいのかが、よく分かる数字ではないでしょうか。

2013年

順位クラブ名
16位湘南ベルマーレ
17位ジュビロ磐田
18位大分トリニータ

2014年

順位クラブ名
16位大宮アルディージャ
17位セレッソ大阪
18位徳島ヴォルティス

2015年

順位クラブ名
16位松本山雅
17位清水エスパルス
18位モンテディオ山形

2016年

順位クラブ名
16位名古屋グランパス
17位湘南ベルマーレ
18位アビスパ福岡
キシ
J1に昇格して終わりなのではなく、昇格したあとに、どうやってJ1に定着するのかが問題です。でも、J2のクラブ数が増えたので、昇格するのも大変なんですけどね。

1.一番に確実な降格候補!

以前からプレーオフ制度はありましたが、現行の制度になったのは2012年からで、J2の3位から6位のチームでJ1へ昇格するための最後のイスを争います。

3位と6位、4位と5位のクラブが対戦して、それぞれの勝者が最後に戦い、勝ったクラブが最後のJ1へのイスに座れます(引き分けは順位が上のクラブが勝者)。

毎年、残り1枠のJ1への切符を巡り、熾烈な戦いが盛り上がっていますが、下記の表を見てもらえば分かる通り、プレーオフを勝ち抜いたクラブが、どうなったのかは知っていますよね。

年度クラブ名
2012年大分トリニータ(6位)
2013年徳島ヴォルティス(4位)
2014年モンテディオ山形(6位)
2015年アビスパ福岡(3位)
2016年セレッソ大阪(4位)

カッコの中はJ2での年間順位です。

2012年から2015年のクラブを見れば分かる通り、すべてのクラブがわずか1年でJ2へ逆戻りをしています。

せっかくプレーオフに勝って昇格して来たのに、現実はかなり厳しいことが分かりますが、J2での順位はあまり関係ないみたいです。

このデータを踏まえると、最初に予想する降格候補のクラブは、ファジアーノ岡山を「1対0」で破り昇格を果たしたセレッソ大阪です。

キシ
サポーターの方には大変申し訳ないけど、あくまでも過去のデータからの予想なので、どうかお許しください。そう言えば、現行のプレーオフ制度が、変わるウワサがありますが本当でしょうか?

2.サプライズ枠の降格候補!

2つ目のクラブは、毎年必ず強豪クラブがJ2へ降格しているんです。

一部では、サプライズ候補とかサプライズ枠なんて言われているそうですが、過去のデータを見ると、本当にサプライズなクラブが降格をしています。

下記の表を見れば分かる通り、どのクラブもJリーグのリーグ戦(1st、2st、年間のいずれか)で優勝か準優勝の経験があるクラブです。

年度クラブ名
2013年ジュビロ磐田(1位)
2014年セレッソ大阪(2位)
2015年清水エスパルス(1位)
2016年名古屋グランパス(1位)

カッコ内は最高順位。

ここ2年は、連続してオリジナル10のクラブが降格をしているので、もしかしたら、まだ降格したことのない鹿島アントラーズと横浜F・マリノスの可能性があるかも。

まず過去、1位か2位になったことのあるクラブが降格をしており、仙台(2位)、FC東京(2位)、柏(1位)、広島(1位)、ガンバ大阪(1位)、川崎(2位)、浦和(1位)と前述の2クラブを合わせた9つが該当。

降格する1年前の成績は、セレッソ大阪の4位が最高だったので、2016年に3位以内だって浦和、川崎、鹿島は除外。

また、降格した年の前3年間で、3位以上の経験があるクラブは降格をしておらず、FC東京、広島、ガンバ大阪も除外。

さらに、降格した4クラブの監督は、2年以上の同クラブで監督をしておらず、この条件に当てはまるのは、柏レイソルのみ。

現実的に考えると、降格しそうにないですが、データ上では、2017年のサプライズ枠での降格候補は柏レイソルです。

あと、オリジナル10が2年連続で降格しているので、サプライズ枠の補欠で横浜F・マリノスも入れておきます。

キシ
普通に予想して、まず柏レイソルを、降格候補に入れることはないでしょうね。辛うじてあるなら横浜F・マリノスぐらいです。データじゃなかったら、降格候補にはしないでしょうね。

3.一番に難しい降格候補!

2013年の湘南ベルマーレと2015年の松本山雅は、前年のJ2を2位でJ1に昇格したけど、わずか1年でJ2に逆戻り。

2014年の大宮アルディージャは、2005年からJ1に昇格して丸10年でJ2へ降格、2016年の湘南ベルマーレは、J1に再昇格して丸2年で再びJ2へ降格。

J2に降格した3クラブの状況を調べて、最後の1クラブを見つけたいと思います。

2013年と2016年の湘南ベルマーレは、J1へ昇格とJ2へ降格が激しいエレベータークラブで、2010年からの7年間で、J1に4年、J2に3年、昇格と降格を3回ほど繰り返しています。

2015年の松本山雅は、J2に昇格してわずか3年でJ1に昇格したクラブで、2012年から反町康治氏が監督を務めています。

2014年の大宮アルディージャは、降格した年を含めた過去3年間で、7人もの監督(代行を含む)が指揮を取っています。

データとしては、J2で自動昇格して1年、または2年以内のクラブ(初昇格を含む)、監督が頻繁に変わっているクラブが降格候補の3番目にしたいと思います。

降格した年(2017年)が分からないので、過去2年間から5人ぐらいの監督が指揮をしたと予想をして、探しましたが該当のクラブはなし。

次に、来季、J1に自動昇格するのは、コンサドーレ札幌、清水エスパルス、2016年にJ1に自動昇格したのは、ジュビロ磐田、大宮アルディージャ。

サンプルが少ないので、ちょっと無理やりですが、今季(2016年)と昨季(2015年)に初昇格はなく、湘南ベルマーレのようなエレベータークラブも存在しません。

J1で優勝準優勝のあるクラブが再昇格して、2年で再び降格した例はなく、清水エスパルスとジュビロ磐田は除外。

湘南ベルマーレほどではないですが、昇格と降格を繰り返しているのは、大宮アルディージャよりもコンサドーレ札幌の方。

3番目の降格候補クラブは、ちょっと強引な感じもしますが、データ的に考えるとJ2で優勝して昇格をしたコンサドーレ札幌です。

キシ
最後の3クラブ目は、データがそろっていないので、かなり強引になってしまいました。コンサドーレ札幌のサポーターの方は、気を悪くしないでくださいね。

まとめ

あくまでも過去のデータを調べた結果なので、当るかどうかはかなり怪しいと思いますが、サッカー解説者の降格候補が当たっていないのだから、こんな予想をしてもアリなのでは?

今回、降格候補にしてしまったクラブのサポーターの方が憤慨しているのは分りますが、あくまでデータ上でのことなので、大目に見ていただけると幸いです。

それに、まだ2017年の陣容も分かっていないから、このデータ予想が当たると思っている人はいないでしょうけどね。

結果は、2017年の10月の末頃には分かるはずなので、どのクラブが降格をしているのか、予想が当たったのかをまた記事にしたいと思います。

ちなみに、ハズレても罰ゲームはありませんので、悪しからず。

キシ
あくまでも、過去のデータから降格候補のクラブを探しただけなので、悪意は全くありません。降格候補のクラブのサポーターの方は、気を悪くしないでください。と言っても気を悪くしますよね。本当にすみません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう